色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

トリップ前半スタート

湘南はやっぱり釣れない(笑)
by yasutakak2 | 2009-12-27 02:01

内房あっちこっちでゴッツンこ

今年は東京湾、しかも湾奥のシーバス好調がまだまだ続いています。
去年の今頃は とっくにヒラ狙いに移行していたのですが、なんとなくまだ東京湾を離れられないでいます。
いや、ほら、釣れる時に釣らないと(笑)

と言うことですが、さすがに外のほうも気にはなっています。
湾奥のシャローが終わる頃(例年なら12月上旬?)に、内房の数箇所で始まるアレです。
去年初めて村岡さんに連れて行ってもらったときは、その特殊な状況に手も足も出ませんでした(泣)
で、今年は1本は釣りたいなと思っていました。

そんな12月ですが、もう一つやりたい釣りもありました。
それは晩秋の富津ウェーディングです。
実は10年ほど前に一人で何回か行ってます。
その頃はウェーディングの意味もよく解っていなかった事もあり、思い出としては「アナゴ丼食べて胸焼けし、車の中で半日寝込んだ」ことぐらいです。
帰りに木更津の奥地で80cm釣ってしまい、奥地のストラクチャーのほうが良い!となった気もします。

で、富津に行きました。
カラスさんに会う為に(笑)
一年ほど前にカラスさんからメールを戴き、そこから時々ですが連絡を取り合っていました。
フィールドは違いますが、ウェーディングやヒラスズキと、やっていることがほとんど同じと言うこともあり、「いつか一緒に釣りしましょう」となっていたのです。
で、1年掛かりました(爆)
先日、湾奥開拓か富津に行くかで悩んだ記事(結局湾奥に行きましたが)を見た氏が、富津の案内をかって出てくれたのです。
ありがたい話しです。
で、そこから1ヶ月掛かりました(爆)
なんせ私の予定が・・・
そんなことで、初対面で会話が続かないとお化けが出るので、お互いに1名ほど連れて行こうとなり、モリさんと一緒に行きました。
カラスさんはオザワさんとくると言うことで、全員が初対面となりました。
ただ、直前情報で「暴風で釣りにならない」「最近は全然釣れない」という懸念がありました。
でも、せっかくなので釣果は二の次にして、顔合わせと言うことで決行しましょうと。

首都高大渋滞で 約束の時間に15分ほど遅れ到着。
途中、アクアの風速計は10mをきっていたので、ナントカなりそうです。
駐車場でお互いに自己紹介をして、早速ポイントへ直行しました。

エントリーポイントで簡単に状況説明をしてもらい、後は適当に行きましょうということでスタート。
気になる場所をやったら、沖のポイントでいったん集合しましょうと。
しかし、普段湾奥のシャローをやっていると富津はとても暗く感じます。
カラスさんが「帰り道に迷ったら、あの明かりを目指せばナントカなりますよ」と言ってくれました。
これ大事(笑)

一投目に、ピース100を付けました。
風はどんどん強くなり、左から猛烈に吹いてます。
とりあえずアマモってどれぐらいかな?と言うこともあり、まだ浅い場所でちょこっとキャスト。
で、着水直後にアマモヒット。
なるほど・・・
その時になんとな~くスプールを見たら、PEにコブが出来てました。
ゆっくり引っ張ったら、ギュッと絞まりました(泣)
こりゃぁダメかと思い、ラインを切ってFG組み直します。

みんなが沖にどんどん進む中、暴風に悩みながらFGをやっと組みなおし、気を取り直してフルキャスト。
そしたら、着水直前に手元でPEが切れました・・・
まさかここで切れるとは。
買ったばかりのピースとメインラインのほとんどを消失(泣)
なぜか昔から「仕事中に買ったルアー」はすぐ無くなりますね・・・
FG組むのが嫌になったので、フィッシャーマンノット改で応急処置。

顔を上げると、すでに誰も居ません(爆)
富津はほんと暗いです。
コレじゃぁ下手にキャストしたら、アングラーに引っ掛けそうです。
途方にくれながらも、よ~く見ると100m沖にモリさんが居たのでホッとしました。
合流して沖を目指します。
アマモがかなり引っかかるので、グースに交換して風下へキャストしながら進みました。
ちなみにフルキャストするとラインが足りません・・・

しばらく行くと、若干深いスリットがあったので、そこで数キャストしたら待望のシーバスがヒットしました。
c0025471_1115732.jpg

サイズは小さいのですが、とても嬉しい1本でした。
風が強くて流れもへったクレもない中の超マグレですが(笑)

その数分後にカラスさん達と無事に合流。
というか、プチ迷子の私達を見つけてくれました(笑)
協議の結果、あまりにも風が強いので本日は撤収。
戻りながら、色んな話しをしました。
半分以上がヒラの話しでしたが。。。

富津のシーバス、とても楽しかったです。
で、終わらない。

その後、せっかくココまで来たし、干潮潮どまりだし、良い塩梅に風も出てきたし、と言うことで内房ランガンの旅へ(笑)
ナビで確認し、数箇所の港と磯をピックアップ。
コンビニで体を温めてから出発。

最初の港は鰯が全然居ない。
と、そこで骨ツナギさんと遭遇。
情報交換し、南へと向かいました。

次の港は、チョットだけ鰯が入ってました。
先端の強烈な明かりを確認しに行ったら、鉄柱を風除けにしてルアーをキャストしてるアングラーを発見。
声をかけると、なんか知り合いらしい。
「モリさんと工藤さんですよね?」と。
「僕ですよ、解りませんか?」と言われたが、解ったふりして会話を続行。
全然誰か解らん。。。
どおやら80cm釣れちゃったとか。
う~ん。。。
で、別れてからモリさんに「あれ、ひょっとしてタツロー君?」と聞いたら、そうでしたと。。。
なんか偉いやせちゃって男前で解らなかったです。
私の知ってるタツロー君は「夏のオフショアの漁師系アングラー」だったのですが、ちょっとイメージが変わりました。
ココ見てると思うから、今言っておくね。
「ごめん、カッコよすぎて解らなかった」

で、貴重な情報ゲットでさらに南下。
風はやや北西に変え、もはや立ってるのがやっと。
本命の港に着くと、鰯がどっさり居ました。
よ~く見るとスズキも居ます。
が、ほんとに風が強すぎて、まったく釣りになりません。
この場所のために用意したルアーもありますが、ラインが風に押されてすごいスピードで水面を走ってしまいます。
立ち居地を何回か変えましたが、結局ノーバイトで終了。
最後はビーストブロウルが振れないほどの風速でした(泣)
たぶんあのままやってたら、風に飛ばされて堤防から落ちていたのではないかと。

ココでKebuちゃんが登場。
かわいそうに、ワニっこ君が捕まってました。
Kebuちゃんがしきりに「もっと南に行こう」とオーラを出してましたが、この感じでは釣りが成立しないと思い、止めておきました。

コレにて、本日はほんとに終了。
しかしあれね、なんで内房でこんなに知り合いに合うのかね・・・
しかもみんな、ワラワラしてるし(笑)

お会いしました皆様、お疲れ様でした。
カラスさん、ありがとうございました。
モリさん、付き合ってくれてありがとうございました。
by yasutakak2 | 2009-12-19 10:55 | 2009年TSST

目標設定

師走と言うことで、皆さん右往左往してますね(爆)

弊社の年度〆は1月末なので、今月は会社方針の設定がありました。
ココだけの話し、毎年ろくなもんではありません。
ごくごく、当たり前のことを文章にするだけです。

でも、この「ろくなものではない」事で、良い事もあるのです。
それは、部門目標設定で、幅を持つことが出来るのです。
経営陣が方針を決め、それに合った目標を各部門が作ることになっているのですが、方針であまりにも具体的な文言を入れると、その下の階層でやれること(目標)が狭まってしまいます。
これで過去に何度か痛い目を見ています(笑)
明らかに来年度で必要なものが経営陣に見えている時は、方針を狭くして社の方向性を統一するのも良いのですが。

難しいところですが、あまりに経営陣(特に経営トップ)中心に事を進めると、スタッフが積極的な仕事をしなくなります。
トップが会社全てをコントロールできていれば良いのですが、経営者は忙しいのでナカナカそうも行きませんよね。
そのほころびで隠れてサボる人が、必ず出てきます。
言い訳は決まって「現場を理解していないトップが悪い」と。。。(笑)
そんな人に限って、忙しいふりをしてますね・・・
サラリーマンが「自分の思った通りに行かない」と言って、それを腐る理由にしちゃぁダメですよね。
その環境を変えるのは自分の力だし、本当にダメだと思うなら辞めればいいだけのことです。
怖くて辞められないのに、いつまでも腐って居られたら、周りに悪影響が出るので「辞めてください」となります。

でもね、大切なのは、「なぜそうなる前に、誰も救ってあげられなかったのか」だと思います。
たった一言で良かったかもしれないのです。
本当の罪は、腐る前に処理をしなかった事ではないかと。

腐った人は犠牲者でもあるし、別の視点から見れば加害者でもあります。
本人の責任もあれば、会社の責任でもあると言うことです。
今後、会社が生き残っていく為には、ビジネスの速度を上げていかなくてはなりません。
しかし、速度が上がれば必ず取り残される人が出てきます。

「世の中が悪い」といって、石にしがみつく人。
わけも解らずに、気が付くと取り残される人。
無理やり連れて行こうとする人。
出来ることなら、誰一人取り残さず、先に進みたいものです。
そんな意味もこめて、部門目標を設定しようと思います。

今決める目標はたった1年の展開ですが、その先にはまだまだ続く道があるのです。
とりあえず、今夜富津の海に浸かりながら、来年の部門目標を決めようかな~(爆)
by yasutakak2 | 2009-12-18 06:37 | ニュース

09フィッシングトリップ 冬 (予定)

急激に冷え込んできましたね。
我が家は室内禁煙なので、タバコをすう時はリビングから直接出れるウッドデッキで一服します。
昨晩、Kebuちゃんから電話があり、湘南情報を話しながらクーラーボックスに腰掛けて、寒空眺めながらプカ~っとやってました。

そしたら鍵を閉められました(爆)
家の周りをうろうろして、どこか開いてないか探したのですが・・・
さっきまでは冬を楽しむ気持ちで、ピーンっと冷えた空気を味わっていたのに、今度はその外気が命を奪おうとします。
風呂上りだったこともあり、トレーナー一枚でこの寒さは、マジでヤバイです。
久しぶりに半べそかきました。

いや~、ほんと、冬は危ないです(笑)

さて、チョット遅れてやってきた冬の刺激を感じたところで、これまたチョット遅れて今年の年末年始フィシングトリップの予定を立てました。
例年ならば、かなり前から緻密な計算をし、けっきょくとらぬ狸のナントカ・・・ってのがパターンですが。。。

さて今年の予定です。

12/26 仕事納め
12/26 夜: 埼玉出発→湘南
  ~  : 湘南マルスズキ狙いつつ、タイミングで伊豆ヒラも
12/28 夜: 湘南出発→埼玉
12/29 :  埼玉で掃除(泣)→凪で忘年会
12/30 朝: 埼玉出発→外房白浜
  ~ :  外房ヒラスズキ狙いつつ、タイミングで内房マルスズキも
1/3  昼: 外房白浜出発→埼玉
1/4  : 仕事初め

数年ぶりに「苦手な外房メイン」のトリップです。
c0025471_8522632.jpg

ちょっと自虐的な方向で行こうかと思っています。
最近は釣果に恵まれてきたので少し体がなまってきて気がしますが、しっかりと本来の自分に戻してこようかと(笑)
その中で、ヒラ1本、マル1本が出せれば嬉しいです。
by yasutakak2 | 2009-12-16 08:53 | シーバス

TSNBC忘年会

TSNボートクラブの忘年会に行ってきました。
初めてお会いした方もちらほら。
といっても、何気に普段からブログチェックしてたりしますので、あんまり初対面と言うきもしませんでした(笑)
今後も、よろしくお願いいたします♪

プレゼント交換で用意したカレンダーは、なんとモリさんに行きました・・・
毎年恒例のプレゼント、みんなレベル高すぎ。
c0025471_1131651.jpg

秩父産の鹿とか、削りだしまな板とか、デコレーションルアーとか・・・ね。
その中でも、もっとも「そりゃぁねぇだろ!」と思えるのは、やっぱりKebuちゃんでした。
中古の100リッターのクーラーBOXもらって、喜んでくれる人はあんまり居ないだろ。
カツミさんが当たったのを見て「いや~、カツミさんで良かった~!」と言ったとか言わなかったとか(笑)
けっきょく、ゴウさんが喜んで持って帰りました(汗)
私はダンプさんから、引っ張り一式セット(潜行板付き)を頂いたので、来年ブリで使いたいと思います。
あ、三吉丸にお邪魔した時に試しても良いかも?

さてAOYですが、な並み居る強豪(競合)をおさえ、私が頂くことになりました!!
たくさんの好釣果がエントリーされていたので、こりゃぁ無理かな・・・と思っていたのですが、「アカメ」が効いたようです。
アンケート方式でしたので、このクラブの皆さんの関心が高い魚の傾向が、もろに反映されたと言うことでしょうか。
村岡さんの総評でも「希少種を釣ることが、AOYの近道と思われます」と、ありました。
もはやスズキでは、90cmを超えても難しいかもしれません。
TSN(東京・シーバス・ネット)なのにねぇ・・・(爆)
でも、メーター越えたらどうだろうか?

景品は、村岡さんのご好意でTSNボートクラブの乗船券を戴きました!
使用期限が来年末ですが、使用回数が書いていないので、ひょっとして1年間無料ですか?(爆)
副賞で用意していたと言うナイトホーク(ロッド)は、「先日折れちゃったから無しで(笑)」と・・・
あぁ~それ欲しかった!!
まぁふだんから迷惑かけていますから、そんなことを言ってはいけませんね・・・(笑)
名誉在る賞を頂けただけで、とても嬉しく思っています♪
本当にありがとうございます&来年も頑張ります!!

HOY(変グラー)は、かなり激戦となったようですが、モリさんが初代HOYへと輝きました!
「俺のはただの事故だ~!」と、モリさんは必死に不適合をアピールしていました。
が、しかし、「忌み嫌われる」と言うことより、「こうはなりたくない」が決めてとなったようです。
また、やはり現場写真はインパクトがあります。
この辺りが、来年のHOYを得る為に押さえるべきポイントかもしれません。
そういう意味でモリさんの発言は、常に自爆していましたね。
c0025471_1134124.jpg

来年もカメラ片手に皆さんの姿を追いかけまわしますので、絶対に逃げないでくださいね♪
HOYは他薦なので、個人的に「この人の写真を撮りたい」と思う人が何名か居ます。
フフフ、いつもカメラのレンズがあなたを狙っていますよぉ~(爆)
なお、今回の画像は、ブログ「洗心の庵」を運営する洗心さんが撮ってくれました。
今回のHOYモリさん獲得の隠れた功労者ですね。

しかし笑ったなぁ。
1日たっても腹が痛い(笑)
2次会も参加して、帰宅は翌朝7時でした。
来年も皆さんと無事に集まれると良いですね♪
無理をせず、楽しい釣りをやりましょう。

最後になりましたが、このような素晴らしい会の開催とTSNボートクラブイベントを、いつも一人で運営している村岡さんに深く感謝いたします。
私ごときがお手伝いできることもナカナカないので、良い写真(いろんな意味で)を撮れるように頑張りますね(爆)

ありがとうございました&お疲れ様でした。
by yasutakak2 | 2009-12-13 11:04 | ニュース

忘年会

12月中旬と言うことで、まもなく09年も終了となります。
弊社品証部は毎年この時期はなぜか?忙しくなるのですが、今年はわりと平穏にすごしています。
良い事です。
「こういうときに足元固めよう」と部員のみんなががんばっているのを見るていると、みんな偉いなぁ・・・と感心してしまいます(爆)

さて12月は忘年会シーズンです。
今年は12月の品証業務は忙しくなかったのですが、なぜか?忘年会が増えました(笑)
この忘年会、業務上の理由で参加するものと、個人的な用事で遊ぶものと2種類あります。
もちろんそれぞれに意味があるのですが、やっぱり楽しいのは個人的(プライベート)の忘年会です。
先日はajibaka忘年会(忘年会と言って良いか?が付く、ただの飲み会w)では、数年越しの夢でした「秩父産鹿肉」を肴に、美味しいお酒を戴きました。
平日だったので、去年のPipin君酔いつぶれ現場には行けませんでしたが、やっぱり気の合う仲間との飲み会は楽しいばかりの時間でした。

そんな忘年会も残るはあと2つ。
TSNボートクラブと、地元のらーめん凪の忘年会です。
この2件も、とても楽しみにしています。
TSNBCでは恒例のプレゼント交換がありますが、今年は顰蹙を買わないものにしました。
当たった方、期待してください。
私の立場(プラスチック屋)を使った、素敵なプレゼントをご用意しました。

凪での忘年会は、毎年森本が企画してくれます。
独身の頃から「クリスマスは凪」と決めていましたが、今年はマスターもお忙しい(仕事がねw)と言うことで、年末に開催です。
この時にしか会わない人たちが何人も居ますので、こちらも楽しみです。

今年も残りはあとわずか。
体(のみすぎ)に気をつけてがんばりましょう!!
by yasutakak2 | 2009-12-11 04:31 | ニュース

湾奥シーズン終了ですか?

釣り仲間の中でひそかに行われている、AOY(アングラーオブザイヤー)が在ります。
クラブメンバーの今年一年の釣果で、もっともインパクト(いろんな意味で)のある釣果を、みんなで決めて祝福しようと言うものです。
基本的にスズキ釣りが切欠で集まった仲間であり、主幹いわく「烏合の衆で良いと思う」と言うことで、別に細かい会則があるわけでもなく、個々のスキルを如何なく発揮できる環境です。
このクラブで大切にしているのは、「マナー」です。
簡単なことですが、たとえば「挨拶」「お礼」といった、普通のことを当たり前のようにやれる事。
社会人なのでこれらの事は出来て当たり前ですが、その本質は「思いやり」「感謝」であり、その辺のことがきちんとできるメンバーが集まっています。
そんなこともあり、「人を批判することで成り立つ、自己中心的な関係」がまったく見当たりません。
だから、釣行はいつも笑いが絶えないのです。
未熟な私はメンバーさんにはお世話になりっぱなしで、とてもたくさんの勉強をさせて頂いています。
いつもみんなへ「お礼がしたいな~」と思っているのですが、今のところ私が出来るのは笑える写真とってあげることぐらいです(笑)

さて、話をAOYに戻します。
メンバーがイカレてる(失礼w)事もあり、とてもレベルが高いです。
魚種も様々で、キンメから始まり、青物・南国大物系と、スキがまったくありません。
私はアカメでエントリーさせて頂いていますが、すでに霞んで見えています(笑)
ここでもう一発、AOY獲得の為にネタを仕入れたいと、先月から思っていました。
狙いは、やはり正攻法でデカいスズキでのエントリーです。

が、しかし、現在80cm台を獲っているメンバーはゴロゴロ居ます(泣)
トップはもちろん90cm台。
という事は、90cm後半を狙わなくてはならないのです。
しかも12/12の忘年会までに・・・
ちなみに私が90cmを狙えると思っている(知っている)場所は、湘南2箇所と湾奥シャロー2箇所の合計4箇所だけです。
そんな理由もあり、週末は積極的に湘南へ通い、平日は東京湾へと足を運んでいたのです。
結果、湾奥で80cm台がポツポツ釣れるだけでした。
勝負を掛けた湘南に至ってはノーバイトです(笑)
しかし時間は無常にも過ぎ去っていきます。

年末行事(怒涛の忘年会ラッシュ)等から残り時間を考えると、今回の潮周りがラストチャンスとなった水曜日。
湾奥シャローへ行くことにしました。
狙っていたのは、シーズン終了の鐘が鳴り、PEラインが寂しくピィ~となる中、1バイト1ヒット1ゲットの95cmでした。
魚が減ったこの時期だからこそ、数が釣れるルアー(よく釣れるルアーとも言う)で広く探り、居残りの大きな固体だけを取れるのではないかと。

待ち合わせ場所へ少し早く行くと、赤みのある大きな満月が、東京の街の上にポッカリと浮かんでいました。
この月の美しさを知っている人は、喧騒激しいこの街にどれぐらい居るんだろうか。。。と、思ったら、少し幸せな気分になれました。
まもなくみんなが集まりだし、一縷の望みに掛けて、湾奥シャローへ仲間と足を踏み入れました。

デカいの狙っているけど、みんなで釣りをすることを楽しむのを忘れては本末転倒です。
到着して「どこ(何を)狙っていますか?」と話をしてから、調整して足を下流側へ進めました。
スズキがワンサカ居た時は「片っ端から掛かってしまう」と言う理由で封印していたスーサンを、しょっぱなから暗闇に向かってキャストしました。

二人で並びながら、潮位が下がる速度にあわせて、奥へ進みます。
あと数メーターで狙いのカレントへ届く頃、ドンッ!とバイトが出ました。
深そうなバイトだったので、そのまま大きくロッドを裁いた瞬間に、水面に現れたのは・・・
あれ?60cm無いぐらいか?と言うサイズでした。
直後、すぐに横で掛けていたのも、同じようなサイズです。

その後も60~70cm前後がポツポツとヒット。
どうやらまだまだ、湾奥は魚が落ちてないようでした。
ピースに変えても同じサイズがヒット。
だいぶ潮も引いてきたので、このラインの最後のカレントでちょっと頭をひねりました。
高知で覚えた釣りで、レアフォースのカーブフォールが在るのですが、ここでそれを試します。
スナップからピースを外し、胸ポケットからケースを取り出した瞬間、ピースがポチャン・・・と。
すごい勢いでフォールしてきました(泣)

流れを横切る位置でキャストし、無駄なラインを回収しながらV字を描いた瞬間に、ゴンッ!!とヒットしました。
少し慎重に寄せるとこのサイズ。
c0025471_16324283.jpg

う~ん、難しい!
どうやってもデカいのを狙うイメージが沸かない。。。

やがて干潮近くなり、みんなが流心に集まりだした頃、一人でシャローへと足を向けました。
が、結果は同じ。
ピースの手持ちが無くなった為、スーサンとレアフォースのローテーションでやりましたが、80cmに届かないサイズ含め、レギュラーがポツポツと釣れ続けました。
c0025471_16342935.jpg

c0025471_16344668.jpg

c0025471_16331079.jpg

流心のメンバーも、楽しい釣りが出来たようです。↓
c0025471_16334931.jpg

特に「今日初めてシーバスやりましたw」という彼は、本当に嬉しそうです♪↓
c0025471_1635628.jpg

彼は普段は渓流のフライマンという事で、キャストの仕方だけみんなで教えたら、あっという間に爆釣モード。
先日のツッチーさんもそうでしたが、フライのエキスパートはさすがにこの釣りに対して順応力が高いです。
「流れで魚を釣る」と言うことに、一片の疑いを持たないことが大きな理由と考えますがコレ如何にw
潮目は所詮、二次的(と言うより結果)なものかもしれません。

やがて、ど干潮の潮が入り終了。
本日は上げはやりません。
水温も下がりエイが居なく(少なく)なったぶん、機動力を上げて今まで行かなかった場所を積極的に歩いた結果、ハイシーズンと変わらないほど釣れました。
しかし今回の最大サイズは、友人が流心側で釣ったものでした。

全てを終え、来年のことも踏まえて友人に「私がデカいのを釣れない理由」のヒントを聞いてみました。
もちろん広義の意味で。
~~の場所に、潮位~~で~~を投げると釣れるってのを聞くと、彼は答えをたくさん持っているので「それ聞いちゃったらカンニングと一緒」になってしまいます(笑)
もちろん自然が相手なので100%の正解なんてものはありませんし、彼もそんなものは無いことを重々承知です。

そんな彼がさして悩んだ様子も無く一言、「理由?日ごろの行いです♪」と・・・
あぁ、なるほど~!!と思うか思わないかは、まさにそこが原因か?(爆)

「(笑)まじめな話を言うと、工藤さんは器用すぎです。それじゃぁ東京湾でメーターは難しいかもしれませんね。」
この意味、解っていたけど、やはりそうなっているのです。
今期はかなり意識して、みんなが釣っている本流を狙わず、積極的にシャロー(水深50cm前後)で魚を釣ってきました。
しかし、そこは当たり前に魚が居て、普通に捕食を繰り返すことから、「シャローを打つから大きいのを狙える」ってのは、もはや「シャローを打つ」は「ずらし」では無いと。。。
確かにシャローは流心よりアベレージは良いけど、それだけじゃぁダメって事かもしれません。

今シーズン、まじめに90cmが釣りたかったけど、結局は80cm台を数本で終えました。
4月の港湾なんかに比べたら、抜群に良い釣りしています。
ハイシーズンとはいえ、他のエリアに比べれば、かなりの数&サイズを釣ってます。
でも、この時期にこの場所で、このサイズしか出せなかったと言うのは、やっぱり悔しいのです。
ゆなじろうさんは「行けば釣れるものではない」と言いますが、私は「誰がやっても釣れる」と思っています。
この違い、ゆなじろうさんは「90cm」のことを言っていて、私は「80cmまで」のことを言っているのです。
コレこそが重要な「狙って90を釣る」に対する、大きなレベルの差として現れていると思います。

このままでは、キャストの数で偶然的に釣れる90cmではなく、狙って釣り上げる90cmはまだまだ遠い存在。
必要なのは、自分の足で探し、開拓し、核心を持ってのファーストキャスト。
きっと、まだまだ東京湾にはハニースポットが在るはずです。

AOY狙いの湾奥釣行はコレにて終了(たぶん)。
アカメと80cm台のスズキでエントリーです。
でも、年内のスズキ釣りは終わりません。
内房・外房・三浦・湘南・伊豆と、まだまだ楽しい釣りが待っています♪
by yasutakak2 | 2009-12-03 16:31 | 2009年TSST