色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今後の予定

今週末は働いたぁ~!
コレも平日釣行の為と思えば、何てこと無いね♪

そんなある仕事中の穏やかな日、TSSTの年間ランキングがリリースされました。
結果12位でした。
心の中で目標にしていた10位以内は、残念ながら来年に持ち越し。
この結果をきちんと受け止めようと思います。
コレが今の私の実力(+様々な人のお力)です。
タラレバ言っててもキリないしね。
また頑張ります!!

さて今後の予定。
11/5深夜~8朝まで伊豆に引きこもります。
恒例のフィッシングトリップIN伊豆ヒラスズキです。
伊豆高原ベースにして、東伊豆~南伊豆を徘徊予定。
ダレにお知らせしたか解らなくなってしまったので、ココで改めて。
参加ご希望でしたら、ご遠慮なくお申し付け下さい。
今のとこたぶん3人ぐらいです。

そういえば、Kebuちゃんが「神子元に・・・」と言ってました。
コレ、確かに魅力。
つうか、その前に君の骨折治るのかいな?
ちゃんと直さないと、後がつらいですよ・・・
今は私の膝を笑っていますが、明日はわが身になることでしょうwww
c0025471_17371567.jpg

その他にも、来週からヒラの予定をポツポツと入れてます。
それ以外の週末は、ちょっと本気で湾奥の魚を狙ってみようかと。
まぁ怪我しない程度に。

秋は楽しすぎて眠れませんね。。。
by yasutakak2 | 2009-09-29 17:38 | シーバス

秋の味覚

秋の味覚で楽しみといえば、松茸・銀杏・栗・イナダです(笑)
しかし、今年は例年に無いほど磯でイナダが釣れません(ヒラもあんまり釣ってないですが)。

う~ん、どうしたものか・・・と思っていたら、絶妙なタイミングでTSNボートクラブに「サバ・イナダ」の文字が!
すぐにクミちゃんへ連絡して、許可を得て参加1番乗り。
定員3名募集でしたが、さすがにあっという間に満員。
告知後3時間の出来事でした。

さて、1週間前に決定したのですが、気になるのは台風14号の動きでした。
小笠原の沖合いに迫る「久しぶりの大型台風」でしたが、最初の予報より速度が落ちた事と、高気圧の位置から本土上陸は無いと思っていました。
ただ、この台風に吹き込む風がかなり強くなり、東京湾内はぐちゃぐちゃになるような気もしていました。
個人的には「サバは東京湾が一番美味い」と思っていますので、塩と酢も準備していましたが、最悪出船中止も在りえるかなぁ・・・と。

そして当日朝、4時出船なのでその前に湾奥に行って風の確認をしました。
心配した風ですが、まぁ少し強いかな?程度です。
c0025471_212354.jpg

スーサン2投でシーバスを釣り、「今日は良い事が在りそうな気がする」と、意気揚々とマリーナへ行きました。

定刻4時に出船。
最初は、マリーナ近くのシーバスをちょこっとやりながら風を確認して、アクア方面へ向かいました。
背中から波風を受ける形なので、行きはかなり快適でした。
快適すぎて不安になりますw

しばらく走り、アクアの近くでシーバスを狙います。
馬の背シャローを何回か流すと、みんな順当にシーバスをヒット。
c0025471_213554.jpg

c0025471_2134078.jpg

私はワンテン(鉛付き)でやりましたが、1バイト→根掛かり(泣)
サバとイナダ狙いなので、まぁ別に良いんですが・・・

魚探をみると、イマイチベイトも無く、鳥もお休みしています。
開始して1時間もする頃には風も強くなり、第二海保まで出るのは厳しいと判断。
この時点でサバは諦めました(泣)
一方、浦安沖でイナダが釣れている噂もありますので、どうしますか?と話していると、ちょっと沖目に鳥がチラホラと・・・
「あれ打ってダメなら戻りましょう」ということになり、船を進めました。

魚探の反応はポツポツ。
イワシは居ますが、まとまる感じではなく広範囲に点在している状況。
船を風に流すと、数分に一度は中層に反応が出ます。
とりあえずやって見ましょうという事になり、それぞれ方々へキャストしました。

すると、すぐに反応が。
ポツポツとみんなにイナダがヒット。
c0025471_214329.jpg

鳥もイマイチ見きれて無い様で、何箇所かに山を作りますが、刺し込むのは一部だけでした。
この海域全体に魚はいるようです。
ということで、スキルジグにトレブルフックを付けて広範囲をジャカジャカ巻いてると、私にも待望のヒット。
元気なイナダでした。
元気すぎて船べりでバラしちゃいましたが・・・(笑)
それを3回も繰り返す頃には、他の人が釣ったイナダをもらう事にしました(爆)
村岡さんが掛けたイナダは、片っ端から首を折りバケツへ入れていきます。
今日は食べるのが目的なので、コレのほうが効率がいいですね。
ん?
プライドなんてありませんよ。。。

その後はますます風も強くなりましたので、終了となりました。
向かい風と波を突っ切ってアクアを超えた頃には、約2名はすでにビショビショ。
今日はこうなるのを予想していたので、上下カッパを着てきて良かったです。

新木場すき屋でお昼を食べてから解散。。。
13時半には家に戻り、晩飯で美味しくイナダを戴きました。
氷から一切離さずに全ての処理をした甲斐もあり、刺身は抜群の美味さです。
日本酒かウィスキーの水割りかで悩みましたが、福島産の純米で戴く事にしました。
家族みんなで秋の味覚を堪能し、進み行く冬への気配も楽しめます。
あ、ちゃんと言いましたよ。
「俺が釣った魚は一匹も居ネェよ・・・」と(爆)

半日の釣りでしたが、十分に楽しめました。
足早にですが、何気にいろんな事をやりました。
何時来ても東京湾ってすごい。
皆様お疲れ様でした&ありがとうございました!

はぁ・・・お父さんやっちゃったよ(泣)
c0025471_216899.jpg

by yasutakak2 | 2009-09-19 21:01 |

ブログ動向

昨晩は久しぶりに会社のスタッフと、ゆっくり酒を飲みに行きました。
我が部は部門長の都合で『金・土・日曜日』の飲ミュニケーションは禁止されています(爆)
お店はいつもお世話になっているカツミさんの『新所沢・高山商店』です。

いや~、食った食ったw
飲み屋でこんなに食ったの初めてです。
酒は2杯しか飲まなかったです。。。
深夜お昼まで、延々と4人で食いまくりました。

さて、ブログをやってると、やっぱり気になるのがアクセス数。
このブログに変えたとき、「基本的に会った事が無い人とはリンクしない」と決めてここまでやってきました。
なんかヒッソリとやりたかったのです。
ほら、ネタがけっこう???な事が多いじゃないですかw
あんまり我慢したくないし。
昔のホームページではあっちこっちに張っていただいて、それなりにアクセスも多く、たくさんの仕込みやウケも狙っていました。
でも、やっぱりそれじゃぁ「自分が面白いと思う事」が上手く表現出来なくなってしまい、いつしか今の形に落ち着いたのです。
今思っているのは、「自分にウソはつかない文章でのブログを続けよう」ということです。

先ほどカウンターを見たら、このブログになってからの最高閲覧数を記録していました。
意図的に閲覧者を増やす事をしていないにも係らず、こんなにたくさんの人が見てくれているのはとても嬉しい事です。
相変わらず文章もアレですがw
また、コレもはっきりしたデータが出ているのですが、「土・日のアクセスが極端に少ない」のです。
逆に平日のアクセスはかなり安定しており、一時期なんかは毎週の誤差が±5%でした。
コレで思ったのが、「一見さんが少ない」「土日は釣りをやってる人が多い」と言うことでした。
ひょっとしたら間違っているかもしれませんが、かなり私の更新意欲に影響しています。

だってさ、釣りは行っってナンボでしょ(笑)
頭でっかちで雑誌ばっかり読んで釣れた気になっていても、フィールドに足を運ばないと意味無いと思うのです。
足を運んで釣れないのは、まぁ仕方なし(爆)

休みは釣りに行って、平日は仕事中にコッソリと情報収集!
そんなアングラーの心の隅に、ちょこっとだけ引っかかってくれれば幸いです。
これからもよろしくお願いいたします。

あ、今後もコメントはお気兼ねなくどうぞ。
※身元を隠しての、私以外に対する個人批判・ポイントの場所出し・釣り以外の勧誘・著しい法律法規違反wはNGです。
by yasutakak2 | 2009-09-17 14:41 | ニュース

秋入り口のヒラ

風が冷たくなり、秋の気配を感じたある夜・・・
クミちゃんが凪ちんに意地悪をしていました。
c0025471_21184733.jpg

↑クミちゃんにアイスをネダる図
c0025471_21192914.jpg

↑諦めて父ちゃんに八つ当たりの図

で、凪ちんが寝静まった頃、クミちゃんと話し合いをしました。
テーマは「夏休みどうするか」です。
8月のお盆休みをフルに仕事したので、その代休使ってどこかに行きたいと思っていました。
候補で上がっていたのは
・久米島(オカッパリGT)
・沖縄本島(オフショアGT)
・八丈島(イソンボ)
・伊豆大島(ヒラ)
等など。
それぞれに魅力のある場所です。
しかし、なかなか時間も取れず、何も決まらないで困っていたのです。
ところが、休みの予定だった金曜日に仕事が入ったこともあり、月曜が若干余裕が出来たので急遽「2泊3日で旅に出よう!」となりました。

金曜深夜に「明日から2泊出来る宿」を探しました。
意外と無いですw
今回は時間も少ないから飛行機はやめようという事で、近場でゆっくりしたいね~という事になりました。
候補は2箇所
・那珂湊で牡蠣食べて涸沼でボートシーバス!
・良く行くけど泊まった事がない下田でオカッパリブリ!

検討の結果、白浜プリンスホテルが安く泊まれるので、たまには下田をゆっくり回ろうという事になりました。
費用はなんと「2名×2泊朝食付きで32000円」です!

すぐにweb限定プランに予約をしました。
この時点ですでに深夜12時でしたので、かなり不安です。
でもメールは帰ってきたので、それのNo,を書き写して「予約ミスが発生してもコレでなんとかなるでしょう」と納得し、眠りに付きました。
もちろん旅の準備はしていませんので、明日起きてから全部やります。

翌朝、メールチェックするふりをしながら、潮位と波向きを確認。
気になるのは某堤防から釣れるワラサと、ボチボチ始まるはずのヒラスズキ。
白浜の宿泊するので、どちらも10分で行ける距離です。
まぁ、あとは現場で確認しますか・・・ということで、10時頃に出発しました。

土曜の午前という事で、東伊豆は大渋滞が予想されますので、東名沼津→天城→川津→下田ルートをチョイス。
念のため、チェックインも遅めの17時に指定しておきました。
早めに着いたらブラブラすれば良いだけですからね。

凪ちんが眠くなる時間やお腹が減る時間に合わせ、途中で食事したり休憩したりしながら向かったので、ちょうど17時にチェックイン。
さっそく目の前の海に行ってみます。
で、夜は食事を付けなかったので、下田の港に行きました。
c0025471_21201149.jpg

が、残念ながら良いネタは獲れなかったので、諦めて地元の飲み屋に行きました。
初めての店でしたので、ちょっと博打でしたが料理も美味しくしかもリーズナブル。
満足して川をのぞいてホテルへ戻ります。

さて、さすがに疲れたので、温泉から一足先に上がって、ホテルのバーでゆっくりと読書しながらチビチビと。
でも、チビチビやっていたのは最初だけ。
そのうちに、カウンターで隣りあわせだった年配の方と盛り上がりだし、しまいにはマスターとサザエ談義がスタート・・・
気がつけばあっという間に閉店時間で、そのお隣さんから次の店へ・・・なんて話も出てましたが、明日の朝に影響するのでお断りいたしました。

翌朝、4時に起きて堤防へ。
ココは、毎年この時期にワラサがボイルします。
2週間ほど前に始まっているという情報も頂いていたので、意気揚々と向かいました。
が、さすが日曜の朝です。
マスターも言っていましたが、人が多くて釣りにならない状態。
深夜から場所取り合戦をやっているようでした。

さて、こんな事だろうと思っていましたので、あせりもせずにその先の磯に向かいました。
到着して準備を終えると、薄っすらと明るくなってきました。
時間は抜群です。
この磯はアプローチが楽だけど、足場が低くフラットな為に波があるとちょっと危険な場所です。
また、過去の実績では「朝一一発で小さいけど数が出るポイント」と認識しています。
c0025471_21203947.jpg

さっそく磯に入ると、2人組の先行者が居ました。
一箇所だけ足場が高い岩があるのですが、そこに2人で無理やり立ちながら、沖に向かってキャストしていました。
長靴で、しかもロッドも9fほどの物だったので、あまりヒラをやってない人と思われます。
なんと言ってもその岩、セットが入ると全くと言ってよいほど逃げ道が無く、かなり危険な立ち位置なのです。
今日は潮位が低いから、なんとかなるとは思いますが・・・

とりあえず気にかけておきながら、自分の足元を確認。
過去の実績から、あと10分もすれば時合い終了なので、足早に「今日入れる数箇所」をチェックします。
しかし反応なし(泣)
日も昇り、すっかり明るくなったので、今までにあまり入らなかった立ち位置に行きました。
まぁ今後の為の下見の様なものです。
今朝はもう諦めたともいえますがw
で、もう違う磯にでも行こうかな~と思い、さっきの二人組みに視線を移したところ、なんと一人が魚を掛けました。
9フィートが弓なりになり、ラインは一直線に置きに走っていますw
もう一人は岩から降りて、アシスト準備をしているようでしたが、タモも無いようでした。

100m先の格闘を、じっくりと楽しませていただこうかと思いましたが、実はこの磯、そっちのほうから魚が回ってくるのです。
そこで掛けたなら・・・と思い当たる場所がありましたので、急いで20mほど戻ってまたブレイク沿いにキャスト。
2投目にボシャっと出て、すぐにフックアウト。
群れで入ることが多いので、すぐに逆のブレイクに投げると、すぐにヒットしました。
サイズは何時ものまぁまぁのヤツですが、なんせココは「潜られたら100%切られるポイント(足元がエグレている)」なので、ヒットの瞬間に魚を無理やり浮かせます。
ドラグを手でロックし、強引でしたが何とかサラシの上にヒラが出ました!
その瞬間に寄せ波が来たので、上手い具合に滑らせながら磯の上に上げようと思った瞬間に、ポロっとフックが外れてしまいました・・・
水面が上がった時の糸巻き量が少し足りなかったようで、ピークでロッドがまっすぐになりテンションが抜けてしまったようです。
ついでに言うなら、ワラサ狙いの11フィート&ツインパ6000でしたので、強引に行き過ぎました(笑)
やっぱりヒラは、バットがある程度入るロッドが良いですね。
波に対応しやすいです。

その後は反応無くなったので、磯を変えようと思い移動しました。
ちなみに途中で先ほどの2人組と話しをしたら、ヒラスズキ初めてと言うことでした。
しかも70cm台の魚釣っちゃってるし(笑)
釣った本人は目を真っ赤にして喜んでいました。
この磯でそのサイズ、しかも初ヒラとは、素晴らしいですね。
「おめでとう」と話し、次の磯へ行きました。

ココは、かなりメジャーなポイントです。
またしても平らな磯なので潮位の低い今日はとても入りやすく、今までに「ソコはちょっと危ないねぇ」と思って遠慮していたブレイクに立てました。
たまに入るセットで久しぶりに頭から潮をかぶりんましたが、かなり快適に攻める事ができました。
沖の根を攻めて反応が無いので、足元のブレイクにキャストしたところ、リーダーがティップに入るか入らないかの場所で、ゴッっとヒットしました。
引き波ステイ中でのバイトでしたので、そのまま素直に一回サラシに魚を入れて、次の寄せ波でしっかりと浮かせます。
さっきはコレをいいかげんに1回の寄せ波でやって失敗したので、今度はちゃんとロッドを曲げを確認しながらやりました。

数秒後にはフックに位置も確認できたので、ヨイショ~!とランディング。
大きくないですが、とてもきれいなヒラでした。
食べごろサイズです(笑)
何時もはココですぐに次を狙いますが、今日はコレで満足。
今秋シーズンの記念すべき1本目です。
c0025471_2121245.jpg

良かった良かった♪

駐車場に戻ると、ちょうどクミちゃんから電話がありました。
この場所は実はホテルから見えるので、手を振ってみましたが「はぁ???どこに居るの???」と言われ、ガッカリしながらロッドをたたんでホテルへ戻りました。
まだ生きてる(ナイフ忘れたにで、〆てませんw)ヒラを見て、凪ちん大興奮です(笑)
はぁ~、楽しい。
この朝早い時間に帰れるのは、ホントに気持ちいです。

シャワーを浴びてホテルで朝食を取り、下田観光に行きました。
c0025471_21213555.jpg

決してポイントの下見ではありません(爆)

とりあえず真っ先に向かったのが、田牛の磯の横にあるサンドスキー場です。
c0025471_2122368.jpg

なんか、ソリは有料で借りるらしいですが、親切な人が貸してくれましたw
凪ちんとクミちゃんが一回すべり、私はず~っと下で待ってましたが、クミちゃんはツボにはまったらしく一人で何回もやってました。
さすがです。。。
その後は近所をプラプラ(弓ヶ浜とか)し、凪ちんが眠くなってしまった頃に下田の水族館へ行きました。

私の中ではもっともお気に入りに水族館です。
なんと言ってもイルカがのんびりしていて、いつか一緒に泳ぎたいと思っています(そういうプランが在るのです)。
しっかりと遊びました。
入り江のショーは、ボートからも見れます。
20分1000円ですが、これオススメ。
凪ちんもハンドル握って大興奮!
c0025471_21222792.jpg

さてコレでホテルに戻るかと思いきや、夕方のゆっくりした時間を外で過ごしたかったので、青野の河口に行きました。
c0025471_2124489.jpg

なんせさっき弓ヶ浜行ったときに気になってましたのでw
しかし鮎も居なくてライズも無くて、おまけに水も澄んでて風向きも悪く終了。
南伊豆の山に沈む夕日と、闇の迫る河口を楽しみました。
下げまで居てもムダっぽいので、前から気になっていた魚の看板の掛かってるイタリアンを食べに行きました。

お客さんが居なくてちょっと心配でしたが、美味しかったです。
ただ・・・
カウンターで常連らしき男性と、店の奥さんが話している内容が、耳に入ってくるのがとても気になりました。
たぶん男性は、近所でお店をやっている人らしく、売り上げが悪いのか?店の奥さんに相談に来ているような感じです。
静かな店内で奥様がご高説を説いてるのですが、その内容が思いっきり「店の内情と接客の大切さ」であり、「利益率の話し」まで出ていました。
しまいには「うちはお金持ちのお客さんを相手にしてるから、その意味が解らない人は来なくて良い」云々が声高らかに。
やれ「狙いを絞れ」だとか、「接客だけちゃんとやれば、また来てくれる」とか。
あの~、その接客されるべきお客さんが、隣で食事しているのですが・・・(爆)

グラスワインが出てから、最初の料理が提供されるまでに30分もかかりました。
よっぽど言ってやろうかと思いましたが、「こんな店はつぶれてしまえ」と思い、やめときました。

ホテルへ戻り温泉から上がってまたバーへ。
一言目に「今朝の釣果は如何でしたか?」と言われ、雑談の中でさりげなくオーダーを取る。
会話を止めずに、程よくコントロールしています。
3杯目のショットグラスを空けた頃には、口直しにベルギーのビールで乾杯をしてくれました。
〆にオススメのスッキリとしたウォッカを、私の好きな飲み方(ショットグラスに大き目の氷を1個)で一緒に。
たくさんの楽しい話を戴きました。
あぁ、こりゃぁまた来ますね(笑)

翌日はやっぱり満席の堤防をパスし、磯に入りましたが1バイトで終了です。
c0025471_21233072.jpg

帰りにいつもお世話になっている船長さんの所によって、凪ちんの顔見世をしてきました。
お昼もご馳走になってしまい、すっかりくつろいでから帰りました。
凪ちんも寝れたしねw

なんか急に決めた旅だったのに、とても楽しく過ごせました。
翌日(今)は体は疲れているのに、心の疲れがキレイさっぱりと洗い流された気がします。
c0025471_21242985.jpg

良い休日でした♪
by yasutakak2 | 2009-09-15 21:24 |

ゆとり

TSSTが無事に終わり、「はぁ~、コレで少しゆっくり出来るかな?」と思っていたら、お仕事が忙しくなってしまいました。
品証部、特に処理業務が忙しいというのは、会社的にはよい事ではありませんね。
今週は毎日お客様へ12時間ずれた分を取り戻す為に、納品業務をやっています。

そんな事で先ほどお伺いした客先で、コーヒーご馳走になりながら担当者から一言。
「工藤さんが来る必要は無いよ~。原因部署に足を使わせたら?」と。
うん、まぁ、そう言ってくれるのは、ありがたいのですが。
でもね、部署の問題ではないく、コレは弊社の責任なのだから、私が行く(実質的品質保証責任者)のが妥当であり、責務であると思うのです。
弊社の状況をよく知っている人だったのでそう言ってくれたと思いますが、やはり流出を防げなかった責任は品質保証部の責任ですよね。
まぁ今回は経緯が全て手の中だったので、対策もバッチリいけると思います。
ただ、肉体的にツライだけ(爆)

そんなお疲れモードな月曜日に、なんとなく見上げた夜空には、それはそれは美しい月がポカ~ンっと浮いていました。

ハッとした。
TSSTの時はあんなにも忌々しく思った月だったけど、今はこんなにも美しく感じる。
その余裕を大会中に持つのは無理な話(競技であるから持つ気もしないけど)。
でも今見える月は秋の気配を満ち満ちと放ち、釣り人としての私の心境をポジティブなほうへと導いてくれているのである。

人は立場(環境)が代わると、多くの物を失うかもしれないし、それ以上のものを手に入れることもある。
だからこそ、多くの環境に身を起き(あるいは流されて)、選択の幅を増やす必要があるのだと感じた。
出来れば妬みや憎悪の無い姿を目指したい。

そんな事を、ちょっと感じた夜でした。
仙人じゃないからなかなか出来ないですが、ソコに落とすと甘えるからもう少し頑張ろう(笑)
by yasutakak2 | 2009-09-09 20:05 | ニュース

09TSST 最終戦決勝

09年TSST第4戦に参加しました。
前日プラの調子もよく、最終戦にて初めてお立ち台が狙えそうな感じです。
3本そろえるのは当たり前として、どのタイミングでサイズアップが出来るかが入賞ラインへのキーとなります。
ちなみに謙虚に言ってもトータル170cmが、今回の自分のラインとして考えていました。
ただ、周りも釣ってくる事を考えると、この結果では優勝はとてもじゃないけど手が届かず・・・と。

とにかく自分の見つけた釣りをして、最終戦ぐらいは10位以内に入りたいと思います。

プラから戻り、しっかり寝てから(それでも5時間が限界。埼玉は遠いねw)、夕方に出発。
今日は、毎度の首都高渋滞ネタも無し!
なぜかガラガラでした。

途中、高島平辺りで鳥山を発見。
ん?
こんなに川からも離れているのに??

全部カラスでした・・・(笑)

この時間帯では珍しく、新木場出口まで1時間半というタイムを叩き出し、余裕を持ってスキヤで食事。
もちろんネギ玉牛丼並盛り+味噌汁で合計500円セットです。
実は今年から参加しているTSSTの前には、毎回このセットを食べています。
1000円でお釣りが500円だと、マリーナ駐車場の料金を払う時にスッキリすると言う理由もありますが、ホントの理由は「ただネギ玉を食いたい」だけだったりしますw
この「ただ食いたいだけ!」という理由を大切にしたいということです。
意味判らんよね・・・
良いの良いの。

渋滞予測して時間にゆとりを持っていたので、1時間ほど新木場の某橋の上でゆっくりとフック交換をしました。
プラの結果、今回は「グース」「スーサン」「ワンダー」「ヤルキバ」「X70」で勝負をする事になると思っていました。
X70はプラでは使わなかったのですが、水位が上がった後の港湾で使う可能性が在りましたので、急遽在庫を引っ張り出しての追加です。
フック交換をしながらも、時折顔を上げてある場所へ視点を移します。
ソコはプラで魚を見つけていた場所です。
北東の風で流されたベイトが沿いの場所に溜まり、水位の上昇と上げ潮のカレントが発生すると、僅かな明暗でボイルが起きます。
数時間後に来るであろうそのポイントは、今は静まり返っています。

受付開始の20時に駐車場へ入りました。
TSNボートクラブの面々も集まり、色々な情報交換をしました。
驚いたのは、最新情報では「荒川下流の一部が圧倒的に良い」と言うことを、何人もの人が言っている事でした。
ということは・・・葛西もアリ???
で、ゆなじろうさんへ電話(爆)
実はこの時間に彼は、TSSTは参加しないけど葛西サーフへ入っているのです。
現段階では1バイトと言うことでしたので、最後にサイズアップを狙う際の「満潮ウェーディング岸撃ち」も頭入れておきました。

さて開会式前に、大野くんを捕まえました(笑)
フフフ。
恒例の「どこに行くの?」攻撃です。
彼、ホントに良い人です。
具体的な場所はもちろんマナーの範囲で聞きませんが、「あっちの方」という範囲では教えてくれましたw

そんな事してる間にクリさんが登場。
先週のプラで一緒に動いた事もあり、今日は1日一緒に行動します。
話し合った結果、前半は昨日私が見つけたプランで「60cm3本」を狙い、そろわなかったら先週の港湾でフォローをする作戦に決定しました。

そしていよいよスタート。
急いでいっても水位が高いうちはウェーディングできないので、渋滞がはけるまでダラダラして待ちました。
モリさんは「下げが大事!」と叫びながら、血走った状態で走り抜けていきました・・・

22時に出発。
まずは近場の河川のウェーディングです。
過去の実績から潮位80cm前後でギリギリ入水可能。
昨日のプラでもそれを確認し、下げで60cm前後がコンスタントに釣れました。
潮止まりでぴったりとバイトが止むので、今日は早め(潮位高め)にココでしっかりと3本そろえ、ゆとりを持って港湾でサイズアップを狙うつもりです。
心配なのはクリさんのウェーダーがチェストハイでない事だったので、私のウェーダーを貸すことにしました。
狙うのは2人そろってのお立ち台です!

駐車場へ付くと、昨日はガラガラだったのに、なぜか今日は満車でした。
たまたま1台が出るところだったので私が先に入り、クリさんは少し離れた場所へ車を入れに行きました。
今思えば、ココから雲行きが怪しくなった気もします(笑)

準備をしてたら隣の車が出て行ったので、クリさんを呼び戻しました。
その間に周りを見渡すと、やたらシーバス狙いのアングラーが居ます。
でもよく見ると、ウェーディングをする格好では無いので一安心です。
数分後にクリさんも準備が出来たようなので、テクテクと歩いて土手を越えました。

で、超えてビックリ。
岸際にオカッパリアングラーがビッシリと居ます。
もちろんアプローチポイントにも。
でも、もっとビックリしたのは、「ソコ、まさにヒットポイントですよ!!」って場所に、シーバス船がアンカー打って止まっているのです。
しかも3艇も居ます。
良く見ると「色んな意味で有名な青い船」も居ます。

これ、やばいかも(笑)
つうか、一番手前の船は、「あと30分すると座礁しますねw」ってぐらい近すぎる場所に・・・
まぁ明暗やる気持ちも解りますが、その位置につけたらダメでしょう。
案の定、あんまり釣れてません。
青い船はさすがにそのラインの少し上流でアンカーリングしてますね。
TSSTでみんなが言う事に「先行者が居てポイントに入れない(泣)」というのが在りますが、まさかその先行者がシーバス船とは思いませんでした。

とりあえず、少し上流の位置でオカッパリの人に「ココから入っても良いですか?なるべくすぐに沖へ出ますので」と、声を掛けて快く許可を戴き入水です(見て無いと思いますが、ありがとうございました)。
まだ水位も高いので、若干ドリフト気味にポイントへ行きます。

岸から狙っているポイントよりも沖に出たのを確認し、なおかつシーバス船からも届かないであろう距離を保ちながらファーストキャスト。
昨日は明暗ではなくその外側のちょっと明るい場所のさらに上流(まさにシーバス船のアンカーの位置)でヒットが連続したので、グースをドリフトさせながら少し外したポイントへ流し込みます。
すぐにコッツ!っとバイト。
たぶん小さいかな?と思い、無視してまた流します。
またすぐにバイト。
コレは何もしなくても乗ったので、貴重な1匹目と思い小さくても慎重に寄せました。
ヤッパリ小さいけど、微妙にキーパーサイズ。
とりあえずストリンガーに繋ぎます。

その後も、そんな感じでポツポツとバイト→ヒットがありますが、どれもサイズが足りません。
だんだん扱いも雑になり、バラシの山を築きます。

徐々に潮位も下げてきた事もありバイトが無くなったのをきっかけに、少しずつ深いほう(下流)へと足を進め、また同じ事を繰り返します。
30分後には、真横にシーバス船が居る位置まで下がってきました。
しかもグースでは反応すら出なくなってきました。

タックルボックスを見て、まさかと思いながらもX70を付けて見ました。
コレが大当たり。
しかし、掛けても掛けてもノンキーパー(30cm台)ばかりなのです。

そんな事してる間にも下げ止まりがやってきます。
一番手前(岸より)に居たシーバス船は、さすがに潮位が低すぎて慌ててシャローから離脱していきました。
また、流心にいた青い船は、さっきと船の向きが変わっています(下流を向いてる)。
という事は、すでに上げが始まったという事。
シャローの魚は相変わらず小さい魚ばかり。
この時点でたぶんバイトは100を超え、ヒットは4~50で、キャッチは2~30かと思います。
しかしストリンガーの魚はどれも39cmのような気もします(爆)

早めに諦めました。
上げを狙うのも手かもしれませんが、バックアップの港湾の時間を多く取った方が良いと判断したのです。

昨日はほとんどが60cm前後だった魚が、立った一晩で30cmに入替っているのでしょうか?
先に小さいのが食っちゃうのかもしれませんが、今はあきらめるしかありません。

上がって岸でストリンガーにつないだ魚(10匹ほど?)を測定した結果、40cmを超えたのはたったの1匹でした(泣)
数分後、クリさんと合流(いきなり浸水して入水を断念し、橋脚を叩きながら待っていてくれました。ゴメンなさい)して港湾へ向かいます。

最初に行ったのは新木場周辺です。
それも橋の下ではなく、壁を叩ける場所(それ言っちゃうと幾つも場所が無いのでバレバレですね)。
昨日は、工場の僅かな光と、潮・風向きで出来るポイントの、壁際でスーサンをチョコチョコやると下からひったくって行くバイトが出ました。
昔はコレをフローターでリッヂディープを使ってやっていたのですが、オカッパリでできる事を知ったのは昨日の事なのです。

さっそくポイントへ入りました。
が、全然バイトがありません(爆)
ちょっと沖の潮目では、コツっとバイトがありますが、昨日はコレで釣ると40cmでしたので、相手をしませんでした。
しばらくしてクリさんが沖で40cmをキャッチ。
それを見てポイントを変えました。
思ったのは「ココも魚が入替っている」ということでした。
じゃぁ昨日の60cmはドコへ?と思い、ソコからすぐ近くにある「外に面したポイント」の壁際をやりました。
しかし5分で終了。
5分壁叩いて、全く反応が無いなら、昨日のパターンには当てはまらないと。。。
延々とやれば見つかるかもしれませんが、今日はトーナメントなので早めの移動を心がけます。

この時点で、二人とも40cm前半の魚が1本だけ。
こりゃぁヤバイと思い、先週見つけたバックアップポイントへ早めに入り、「小さくても淡々と数を伸ばせば、何匹か60cmが混ざるでしょう作戦」へと切り替えました。

数十分後に到着し、そ~っとポイントをのぞくと「絶対釣れる」と確信。
ベイトがいるとか、潮目がとか、そんなファジーな事ではなく、ちゃんとボイルしているのです。
心配だった上げ潮(先週と潮向き逆)でしたが、さすがにストック量が多いからか?広い範囲で定期的にボイルが出ます。
しまいには、夜中なのにプチ鳥山まで発生。
こりゃぁイタダキデスな!!

ファーストキャストは先週の実績No1のワンダー80。
すぐにバシャっとバイト!
しかしバレてしまいました。
気を取り直してまたキャスト。
しかしバイトがありません。
まぁ心配する事も無いと思い、クリさんへ場所を譲って近くのブレイクを打ちます。
ルアーはスーサン。
先週より潮位が高いからか?ブレイクでヒットしました。
慎重にネットを使って上げたのは、これまた40cmでした。
変な汗が出ました。
嫌な予感です。

そして、その予感は見事に的中。
先週より明らかにバイトも少なく、レンジを下げよう(足場高いから、ワンダー→スーサン→X70の順)かと思いX70へチェンジ。
すぐにバイトが復活するも、やはり小さいのばかりです。
また、たま~に40cmが混ざりましたが、ことごとくバレました。
解っていても、どうにも扱いが雑なのです。
冷や汗でまくって、気が付くと間もなく東の空が明るくなる時間になりました。
他の場所へ行く事も考えましたが、ここで粘ったほうがまだマシかと結論付けて、最後のマズメチャンスに掛けました。

忌々しいのは、強烈に明るい月明かり。
風が当たる面は、月明かりによって全ての闇が打ち消されます。
それに気が付いたのは、東の空が明るくなった頃。
今居る場所も、すでに蒼い時間帯へと変わっていきます

でも、今はその中でやれる事を・・・
レンジ下げてみたり、沖のブレイクにレンジバイブぶち込んだり、手持ちのルアーで「なにかヒントは無いものか!」と必死になっていたその時です。
「工藤さん、食ったよ!!」と、クリさんが叫びました。

ありゃ、それデカ!!

アシストして無事にネットインしたのは、見事な70cmクラスでした。
口元見るとスーサンが。
「ブレイクで食ってきましたよ!」と。。。
けっきょく、「やっぱりスーサンですか」と、最後に笑いを取ってタイムアップでした。
まだ少し時間もありましたが、このまま粘っても明るい時間に魚を出す術も無いし、クリさんが結果を出したところで緊張の糸が切れました。

6時に申請して、車で気絶しました。
疲れました。

結果、21位でした。
入賞どころか、ポイントも取れないという結果。
クリさんは見事5位!
同じ事やっての結果ですから、コレはもうどうしようもありません。
一緒に回って2人でコケなくてよかったです(爆)
さすがでしたね。
おめでとうございます。

しかし、気になるのは、昨日の魚がドコへ行ったのか。
プラが良かっただけに、悔しくてしかたありません。
居ないのか?釣れないだけなのか?と思い、他の人の結果を聞くと、やはりみんな苦戦した様子でした。
上手くシフトした人はちゃんと上位に入ってますね。
でも優勝がトータルで170cmチョイです。
大きなヒントかもしれません。

コレにて09’TSSTシリーズ戦が終了です。
クラシックもありますが、単発勝負なのでそれはまた別の話し。
個人的にこだわったのはシリーズランキングでしたのでw

まだまだ引き出し不足。
最終戦で大失速したのは、単に技術の不足です。
上手い下手という事ではなく、考える技術の不足です。
まだまだでした。
そういう意味では、とても良い経験をしました。
シリーズ最終戦を終え、もっともっと頑張れると感じました。

『スペシャルサンクス』

スタッフの皆様
毎度の運営ご苦労様です。
シリーズを追う事で、ちゃんと遊べた上に、こんなに勉強させて頂きました!
また来年もよろしくお願いいたします。
出来れば冬の潮周りで2回ほどやってください(爆)
あ、スタッフはやりませんよw

村岡さん&大野君
毎度毎度のアドバイスありがとうございます!
とても貴重な経験をさせて頂きました。
でも結果が出せなかったのは、自身の未熟です。
ごめんなさい(笑)

Kebuちゃん&モリさん&クリさん
プラ含め、おかげさまで散々笑えました。
今後も楽しいネタ、よろしくお願いいたします。

makoさん&ベナン君
たぶん、ぜんぶKebuちゃんが悪いんではないかと(爆)
マジで対策を考えましょう!

洗心さん
いつもロッド間に合わせてくれてありがとうございます。
そういえば11フィートのガイド代いくらですか?

カツミさん&ゆなじろうさん&ajibaka方面皆様
いつもたくさんの刺激と、アドバイスありがとうございます。
やっと冬がきますねw

大会参加者&応援をしてくれた皆様
ありがとうございました&お疲れ様でした。
来シーズンもよろしくお願いいたします!

そして最後にクミちゃん&凪ちん
いつも笑顔でありがとう。
おかげでフルシーズン頑張れました。
安心して帰れる場所があるから出来たことです。
これからもよろしくね♪
by yasutakak2 | 2009-09-06 21:52 | 2009年TSST

09TSST最終戦 プラ2

TSSTの直前プラです。
大会前なので、場所の詳細は濁します。
まぁ、私のネタなんて、誰もあてにしてないでしょうが(笑)

さて前日と言うことで、かなり気になっていた要素の絞込みをしました。
前回のプラで、なんとなく魚は見つけられていたのですが、台風だとか大潮だとか、挙句の果てに潮が逆だったりと、なにげに不安が山盛りでした。
で、今回は思いきって「大会と同じスケジュール」で動いてみました。

下げの港湾バックアップは前回の場所で良いとして、台風後に一斉に入ってきたと言われる魚を視野に、ウェーディングでサイズアップを狙います。

で、結果。
c0025471_6483298.jpg

↑このサイズが3本。
で、上げの港湾を押さえたいと思い、昔よく行っていたエリアの細かい場所を丁寧に。
c0025471_6485655.jpg

↑このサイズが2本。

なんか嫌な感じ。
どこにでも魚が居るみたいです・・・
という事は、このサイズを揃えても駄目ってことですよね?
ちなみに今日のトータルスコアは170cm前後。
毎回こんない釣れれば良いのになぁ。

というか、今日が大会だったら良かったのに・・・
昔から、予選が良いと気にかぎって決勝でコケるんですよ(笑)

おやすみなさいzzz
by yasutakak2 | 2009-09-05 06:51 | 2009年TSST