色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マグロ狂の歌(←私ではありません)

23日(日)は「今年最後のマグロ漁」ということで、沖の瀬目指して三吉丸(村岡さんの船ね)に乗船する。
クミちゃんは日曜に藤沢へ行った時のままなので、久しぶりに埼玉から出発。
月曜に仕事を終え、外環新倉PAでツバッキー君と待ち合わせた。
18:00待ち合わせだったが、渋滞で遅れるとメールが入る。
返信をしてからシートを倒し、ゆっくりと体の疲れを抜く。
よく考えたら今週末は結構ハードだった。
その割には釣果も恵まれない。
そんな事をぼんやりと考えていたら、クミちゃんからメールが入る。
 :今日ね、19時からカジキマグロのTVでやるよ

しばらくしてツバッキー君が到着。
横浜から渋滞回避をしながら来たら、けっきょく三郷まで行ってしまったらしい。
普通に環八で来たほうが早かったね(笑)
久米島のお土産を戴き、貸していたステラを返してもらう。
ラインはマグロ用のものを巻いてあるので、そのまま使っても良いとか。
すでに知っているが、しつこくロッドがロケットのように吹き飛ぶ話を聞きだす。
この手の話は、やはり体験した本人から聞くのが一番だね。
何って言うか、悲壮感がまるで違います(笑)
君達が逃した(というか、出船してないしw)マグロ、私が東京湾で釣っておきますね♪

で、心の底から満足したので、さようなら。
その後、PAでカジキTVを見ながら、今日のプランを考える。
なんか久しぶりに週末ホームレスだなぁ。
気がつけば21時を回っていた。
まさか2時間番組とは・・・
楽しかったけど、この内容なら30分で良いね。
若い2人の100本越えだけで十分です。

とりあえず千倉にナビをセットして、予定到着時間を割り出す。
なんだか微妙な道を案内され、到着が25時と。。。
馬鹿か?このナビ。
案内を削除して、自分の道で出発。
やっぱり23時に千倉近辺へ到着した。

で、コンビニを探す。
ほんとうは近くの港なんかで寝ても良いんだけど、マイミクさんの日記でお化けネタ大盛り上がり中という事もあり、明るい場所が良いと言う事からコンビニにした。
まぁお腹の調子もあまり良くないから、トイレがきれいという事もプラス方向だね。

現金持ち忘れにつき、カップ焼きそばと発泡酒で空腹をしのぐ。
隣に旅館があるので、エンジンを切って寝た。
30過ぎのおっさんがコンビニの駐車場で一人で寝てる。。。
懐かしいにおいがするね。
このわびしさがたまらなく楽しい。

ぐっすり寝て、アラームで起きたのが4時。
ここからポイントまで10分なので、ちょうどいい時間。
まだ寝ぼけてるので、ゆっくりと真っ暗な港町の商店街を抜ける。
白浜の看板がある交差点を左折し、海沿いの道に出ると、もうすぐにポイントである。
この一帯はどこもヒラの実績があるらしいが、外房は初心者なので、唯一知っている安全に楽しめる場所を選んだ。

駐車場に車を止め、準備をして磯に向かう。
ほかにも数台の車が居たが、まだ寝てるようだった。

真っ暗な磯は、未だに怖い。
これがえさ釣りなら、一箇所にとどまっていられるから良いけど、ヒラはそうはいかない。
前回来た時より潮位が低いため、思ったよりも釣りがしにくい。
手前のブレイクが完全に干上がってしまい、もっと前に出ないとダメっぽい。
でも行けない。

明るくなるにつれ、明確にポイントへルアーをアプローチができるようになってきた。
波が無いのも確認できたので、1段下に下りてキャストをする。
数分後、隣の漁港から膨大な数の船が出てきて囲まれた。
c0025471_2111539.jpg

たぶん海老かな?
これにて終了(泣)
さぁマグロまぐろ!!

館山に抜ける道中、妙にペースのいいカローラが前に入った。
明らかに地元民の走りなので、安心してペースUPができる。
これ大事。
地元民は、そのスピードでも曲がれる事を知っているので、ブラインドコーナーにノーブレーキで入る。
そして立ち上がりでラインに余裕を持っている。
だから安心して後ろに着けるのである。
これが、進入で必ずブレーキランプがつくような速い車だとそうは行かない。
道を知らないからブレーキを掛ける。たまに信じて入った先が、思ったより曲がりがきつかったり、逆にブレーキ踏む必要がなかったり・・・
ちなみに凄いスピードで入っていって、立ち上がりでランプが着くような車は、一切信用しちゃダメ。
最低でも50mはあけておかないと、ほしくも無いお土産をもらう可能性が大きい。

快適に山道を抜け、館山道IC手前の2車線になったところで、カローラは右折レーンに入った。
「運転手はどんなんだ?」と思い横を見ると、ごく普通~のおばちゃんだった(笑)
おばちゃんもこっちを見てる。
きっと振り切れなくて「どんなやつだ?」と思ったに違いない(←大きな勘違いですが)。
おばちゃんさようなら。
楽しい道のりをありがとう。
それぐらい速く上手かった。
館山道に入ると、今度は後ろから昭和の匂いがする低い車が来た。
バックミラーに写るライトのゆれ方が懐かしい(爆)
前に遅い1BOXがいたので、2車線になった瞬間に右から抜き、すぐに左車線に戻る(譲る)と右から86が抜いていき、ハザードをくれた。
そこから2台で高速クルーズ。
高速出口で私が左ウィンカーを出すと、気がついたらしくまたハザード(笑)
パッシングで返す。
マナーと技術を理解している人と走ると、ホントに気持ちが良いね♪

2台のおかげで予定より早く待ち合わせの港へ到着。
手前のコンビニで村岡さんやMakoさんと偶然合流し、港へ行く。

さぁさぁマグロまぐろ!
と言いつつ、私の本命はアジなんだけどね(笑)
c0025471_2114797.jpg

天気は快晴!
朝の内の雲は、この風向きなら取れる。
c0025471_2185139.jpg

雲の隙間から挿す朝日が、房総の低い山並みをスポットライトのように照らす。
ロッド片手にこの景色を見ただけで、今日一日がなんだか幸せになれる。

まずは城ヶ崎沖のパヤオでシイラを何本か。
c0025471_2121787.jpg

次に本命のマグロを探しに沖の瀬へ向かう。
しかしここでもシイラ(笑)
6月にチャリ君とのった稲荷丸も来ている。
タックルを見ると、やはりマグロ狙いのようだ。
が、しかし、シイラ(翌日ホームページを見たら、マグロの跳ねが2回ほどあったようです)。
散水器をつけている船の回りもシイラ。
カツオ一本釣りの竿で、シイラが飛び交う。
c0025471_2124089.jpg

シイラもたくさん釣った事だし、館山方面のカツオを見に行きますか!と言う事で移動。
途中、小さいナブラがあったが、そこもシイラ。
もう、沖はどこ行ってもシイラ。
いやぁ~、今年は何回かシイラに来たけど、いちばん楽しめました。
もうシーズン終わりなのにね(笑)

際に寄せてから、次は大本命のアジを狙う。
ショットガンアジと言っているやり方で、コマセやエサは使わずに魚探とにらめっこしながらタイトに根へサビキを落とす。
反応が出てればかなり高確率で何かが釣れるこの釣りかたが、何気に楽しくてハマリました(笑)
今回はトラウトロッドにPE1号。
オモリは15号。
かなり期待!

ところが・・・
抜群の反応は出ているのにぜんぜんアジが食ってこない。
帰港ルートでそれらしい場所を何箇所かやるが、まったく釣れない。
たまにかかるのはネンブツ鯛(だれかこれの、おいしい食べ方を教えてください)ぐらい。
結局港についてしまい、その前の反応を流して、何種類かの魚を釣った。

その釣った魚がまた、いい魚なんだけどね。
c0025471_2131655.jpg

お土産確保最高である♪

15時に沖上がり。
ちゃっちゃか片づけをして向かうのは、前回もお世話になった食堂。
みんなより先に行ったらお店は満員。
おばちゃんが忙しいので、Makoさんと店の片づけをしました。

釣りたての魚が凄いスピードで運ばれてくる。
いや~幸せですな。
カマスの塩焼きを3本も食べちゃった。
おばちゃん曰く「次は氷〆で持って来い」と言う事でした。
了解です!

今回もとても楽しめました。
初めて会う人がいっぱい居たけど、みんな気持ちの良い人ばかり。
普通さぁ、会社の上司と遊んでも、あんまり楽しく無いじゃん?
でも、今回会った人たちは、そういうふうになら無いんだよね。
それって凄い事だと思う。
うちの会社じゃありえない事を沢山見させて頂きました。
カマスとシイラとメバルを持ち帰るが、なんかもっと大きいものを持ち帰った気がします。
ありがとうございました!

週末はKebuちゃんとヒラ
c0025471_2143628.jpg

今までで一番、Kebuちゃん被写体の良い写真が撮れました(笑)
c0025471_2154884.jpg

魚が釣れないと、写真の枚数が増えますな・・・
by yasutakak2 | 2008-09-23 17:37 |

時間の使い方

久米島帰りのKebuちゃんと、先週ホゲッった磯の、おんなじピンに再度チャレンジ。
台風は見送り、すでにべた凪のご様子で、予想していた状態とまったく一緒。

で、釣れませんでした。
今回は考えていた事があり、明るくなってから一投目にBR@STを投入。
2回角度を変えて通し、次にルドラ→ワンテンというローテーション。
無反応でした。
居ないのか?しくじっているのか?
よく解らないけど、次もやってみます。
ゴム使うか・・・
何でもいいけど、厳しい状況であの場所から1本釣れれば、ヒラスズキの何かが解る気がする。

Kebuちゃんは定位置で、なぞの魚を掛けて瞬殺されたらしい。
走り方からヒラではないと言っていた。
それはきっと、夢にまで見たマグロですよ!
近所の定置網には120kgのカジキも入った事だしね♪

藤沢に戻ってクミちゃんと合流し、3人で朝ごはんを食べた。
ヒラから帰ってから食べる朝ごはんって、なぜかすごく美味しい。
デニーズのモーニング納豆定食についてくる、いまいち不要な海苔でキャベツとお新香を巻き、それをつまみに生ビールで乾杯♪
たまりませんナ!

Kebuちゃんと別れた後、お墓参りをして藤沢に戻るときに事件発生。
クミちゃん、家の鍵を持って無い・・・
どうやら、実家の人は全員で「トステムの展示場」に行ってしまったらしい。
久しぶりに味わうこの感覚。
二人で家なき子です。
しかもどしゃ降りの雷雨!
ビールもいい感じで回ってきたので、超眠いんですが・・・

話し合った結果、漫画喫茶へ非難する事になりました(笑)
いやね、ず~ぅっと行きたかったんですよ!
はっきり言って、憧れていました(爆)
好きな漫画に囲まれながら、スゲェだらだらしたかった♪
最近の時間の使い方からは、想像できないほどの贅沢です。

藤沢にあるそのマンキツは、予想していたものとは全然違っていました。
なんか、もっとダメ~な雰囲気の場所かと思っていたら、シダックスのカラオケよりも全然明るい場所でした。
なんかね、寝てる人とか居ないし。
とりあえず、クミちゃん実家の皆様が帰ってくるまで、気合を入れて漫画を読みます。
チョイスしたのは、「岳」という、ボランティアで山岳救助をしている人の話し。
去年、なんかの賞を受賞したので、ちょっと有名になった漫画です。
連載スタート時から気になっていたので、これを機に全巻読破(まだ連載中。現在7巻まで。1~2巻は連載する週刊誌で読んで「これは楽しいから、単行本になってから読もう」と決めていたので、今回は3巻以降から)する体制を作る。
クミちゃんは「イキガミ」をチョイス。
「あ~、その漫画ねぇ、連載当初から読んでたけど、はっきり言って超暗いよ。最近は設定が浅はかになったから読むのやめちゃった」と、嫌がらせをして、自分の漫画に集中しました(←嫌なやつですねw)。

ドリンクはフリーで飲み放題。
結局2時間半経過したころに、「もう耐えれない・・・」とクミちゃんが言い出し、「岳」もちょうど読み終わったので、漫画喫茶を後にしました。
入会金が300円ぐらいで、だいたい2時間半で一人1500円でした。
次回も使うとして入会金を除外すると・・・
30分300円。
で、「岳」を5冊読んだから・・・
30分で1冊=300円。
あれ?
ブックオフで買える微妙なライン・・・
と言うことは、ブックオフで300円以下の漫画は、漫画喫茶ではマイナスって事か?
でも置き場所等のスペースやドリンクを込みにしたら、まぁ安いは安い。
ロビーもあるから、デニーズでミーティングするなら駐車場代もかからない分、こっちのほうが安いね(それは無いと思うが)。
で、クミちゃんに「今からブックオフ行ってもいい?」と言ったら、ダメ!って言われました(笑)
まぁでも楽しかったです。
次回は「カペタ」を全巻制覇(連載中。これも単行本で読みたいからとっておいてある)しましょう。
そんな時間が取れるの、いつになるか解りませんが。。。
by yasutakak2 | 2008-09-22 12:39 | シーバス

あきらめるにも理由があります

今回の台風、あきらめました。
西からタイトに入るコースなので、南~西伊豆は良い(時間を選べる)ですが、東伊豆はちょっと厳しいですね。
潮位と仕事の関係から、今回は見送りにします(泣)

現在南洋にある低気圧が台風になると思います。
そうすれば「真南からのうねりが長く入る」かも知れないので、そちらをを期待します。
c0025471_13125167.jpg


ということで、台風後に確率の上がる釣りを検討中w
by yasutakak2 | 2008-09-18 13:12 | シーバス

やっと自力で釣りました→気が付けば写真無し(泣)

いまさらながら更新。
週末は洗心さんとツバッキー君と私の3人でいつもの磯に。
波がないのも知っているけど、まぁそんなのは関係なく、日帰りで行ってきました。
潮位が上がってからの入水を避けるため、ちょっと早めに瀬を渡る。
夜明けのワンチャンスに向け、磯の中央で休憩がてら夜明けを待つ。

ゆっくりと、準備をしながら夜明けを待つ事1時間。
やっと東の空が白んできた所で、少し高台から海を見下ろす。
ほんとに波がない(泣)
c0025471_1926962.jpg

定位置は2人に譲り、別の岬に入った。
ベイトも薄い感じで良いとこなしなのだが、それでも魚は居るはず。
そう信じて、狭い範囲のポイントを、短時間で回る。

一箇所の滝がある。
小さいが、右から左に波が抜けるポイント。
そこを一番良い時間に撃つ。
しかし反応なし!
次にその裏手に回り、岬先端部のブレイクへと足を向けたとき、後ろから声を掛けられた。

「おはよ~う!どう?出た?」
達人登場(笑)
「いいえ。まったく駄目です(泣)」
挨拶の後、彼はさっき私が散々投げた滝を指差し、「ここやった?入ってもいい?」と。
「あ、もちろんokです。あっちに居るのも仲間なんで、好きにやってくださいw」そう返事をして、また自分の釣りに戻る。
その数秒後。
「釣れたよ~♪」

マジで?!
もうね、飛び込みたい気分(笑)
ヒラは基本的に居れば釣れると、心の底に変なものがあった。
今回より、心を改めます(爆)
またまた色々と教えてもらいました。
わずか3投で彼が出したヒラは、自分の未熟さを明らかにしてくれた。

その後、がんばってみたけど、やはりノーバイト。
洗心さんは1チェイスあったらしく、悔しがっていた。
帰り際、達人と少し話しをした。
最近の傾向(マグロからイナダまでw)や、この場所の注意事項など。
長くこの場所に通う、彼らしい色々な事を教えてくれた。
そんな会話の後、「今年はかなり良いんじゃないの(私のこと)。数も釣ってるよね~」と言ってくれた。
でも、その言葉に私が返せたのは一言。
「う~ん、パッとしません。ホントにパッとしないです・・・」
これホント。
「大丈夫だよ、そのうち大きいのも釣れるよ。今日は状況が厳しいしね♪」と、気遣ってくれたのですが、実はそういう事でなくパッとしていないのです。
なんかうまく言えなくて、その場はごまかしました(笑)
理由は判っている。
それは、レースをやっている時からの悪い癖。
万年2位で終わった自分だから、ここは自分で打破しないとダメなこと。
一言で言うなら、目指すものが在るときにしか力を発揮できない弱さ。
最近、色々な人に「釣りが上手ですね的なこと」を言われ、そのたびに落ち込んでいた(笑ってごまかして来たけど)のもこれが原因。

ヒラへの挑戦2年がたつ洗心さんへは「1匹釣れたら、あとは簡単に釣れるようになりますよ♪」とアドバイスしていた。
この言葉に私も何度も救われてきて、そして今がある。
達人が言う言葉に濁りはありませんよ。
洗心さん、がんばってください!

去年、魚釣ったら嫌がらせをされた事をふと思い出した。
今回、逆の立場になったけど、嫌な気持ちが微塵もなく、むしろ気持ちが良いくらい。
そういう釣り人になれた事がちょっとうれしくて、厳しい帰りの瀬渡りも楽しくなれた。
c0025471_19262640.jpg

沖のワラサ船団は非常に気になったけど(笑)

帰り道、ちょっと懐かしのリザーバーのバックウォーターへ寄り道。
c0025471_19265472.jpg

大雨後の虹鱒に群がるカツオサイズを期待したけど、思ったより影響がなかったようです(後に、友人が同日早朝に本湖岬先端部で58をあげた事を知り、答え合わせは完了)。

千葉産のルアーを試してみたかったので、翌日は朝一で外房に入る。
やはり千葉では良い塩梅(笑)
でも釣れなかった。

夜が明けてから村岡さんと合流し、今度は内房のジギングに挑戦。
最近思っている、「今後がんばってみたい釣り」の一つが、オフショアのジギングである。
はっきり言って素人です(笑)
どんな釣りよりも、イメージに頼る事が大きい釣りなので、これほど難しい釣りも無いだろうし、逆にはまったときは楽しいかと思う。
そして運よりも実力が大きく出るのも、この釣りの際立った楽しさかな?と。
アルテミスでブリを釣るまでを一つの目標とし、少ない予算の中から時間を掛けて作り上げていこうかと思ってます。

出港後、ブレイクに絡む根回りを打っていく。
同船者の皆さんも、好きな釣りを楽しむ。
c0025471_19271260.jpg

ジギング初挑戦の人も居るし、カブラに一直線の人も(笑)
こんなスタイルで楽しむ事ができるのは、やはりこの船と村岡さんのおかげかな?
通常の遊漁船じゃありえませんね。
c0025471_19273351.jpg

魚探に群がる釣り人たち。
それほどまでに、ここから得る情報が釣り人の気持ちを左右する。

で、初心者な私は今のところ・・・
c0025471_19274532.jpg

まずはそんなボトムをきちんと取る事を大切に(笑)

数時間粘ったが、残念ながら結果は出ず。
でもこれを1年繰り返せば、いつかきっと答えは出ると思う。

次に向かったのは、太刀魚ポイント。
ちょうど1年前に半べそかいた、懐かしのポイント。
あの時は、同船者がプチ爆釣の中でボウズを喰らいそうになり、最後に村岡さんが貸してくれたジグでやっと一匹釣ったポイント・・・

で、やったりました!
今回は自分のジグで、25mから自力で太刀魚を引っ張り出しましたよ!
カンちゃん、やっぱりフォールは大事です!(笑)
でも画像は無し。
舞い上がってました(爆)
ふぐは撮ったのに・・・
c0025471_19282122.jpg

最後に港の近くでショットガンアジ。
これ非常に楽しく、かなりはまりそう。
生まれて初めてアジを釣りました。
その他にも色々。
c0025471_1928657.jpg

沖上がりした後、近所の食堂で料理してもらい、おいしく頂きました。
c0025471_1928405.jpg

持ち帰ったアジは全て一夜干し!
最強の美味さです。
c0025471_1928537.jpg


釣り、楽しくて仕方ないです。(笑)
見失ったものを手繰り寄せた気がしますね♪
by yasutakak2 | 2008-09-13 19:24 |

エコ?

先日のブログ内容が、「環境問題に対し不適切な発言である」というメールを頂きました。
なんでも、世間一般的に良い風潮であるのに、それに反するような事を述べるのがオカシイと。

という事で、整理しておきます。
現在、CO2削減のためEU中心に京都議定書なる物で、CO2排出権を運用するような事になっているが、はたしてそれが正しいのだろうか?という事を私は言っているのです。
もっと言うならば、ホントに地球温暖化は進んでいるのですか?
また、温暖化は本当の事ですか?
と、言っているのです。
だって、20年前は地球寒冷化が危惧されていたんですよ?(しかも温暖化を唱えた、最初の人間は同一人物。この人、原子力エネルギー推進のためには手段を選びませんw)
科学の進歩で「正しいデータが取れるようになった」なんて、嘘っぱちでしょう。
20年前までのデータを破棄して(だってその前のデータは現在の科学では科学的根拠が無いってことでしょ?)、以降の数年から本当の推移なんて解かる訳がないだろうに。
その辺の事を何にも明確にしないで、CO2排出権を運用すると膨大に儲かるであろうEUの示したデータを元に、日本の経済成長及び現在までの努力を無視した、各国の排出権の割り当てなんて、何の意味があるのですか?
「それが疑問です」ということです。

たとえばね、希少種の保護とか、公害問題とか、そういったことは今後もどんどん進めるべきだと思いますよ。
なぜならば科学的根拠があることだしね。
でもさぁ、思い出してよ。
数年前にあったフロンの問題。
フロンガスがたくさん出て、極のシールドが破けちゃう(オゾンホール)とか言って、大騒ぎしてたでしょ?
このままじゃ、みんな皮膚癌で死んじゃうとか言って、さんざんマスコミが脅しまくってたやつ。
最近聞かなくなったけど、あれの結末知ってる?
で、儲かったのは誰?
なんかね、シラケちゃうのよね。
温暖化もさぁ、みんなデメリットの話をして、半分脅迫じみて事を進めてるけど、結局は排出権で利益出したいヨーロッパにだまされてるだけっだって。
ホントにCO2削減するなら、石油の採掘量を規制すれば良いだけでしょ。
そんな事やったら世界経済メチャクチャだけどね。
でも誰も言わない。
普通に考えれば「現在の石油埋蔵量を全部燃やしたら、どれくらいのCO2が排出されます」がベースでしょ。
で、そうした時のメリット・デメリットを並べてさ、現状の数値から今何をすべきを話し合うのが普通。

環境問題って昔からあるんだけど、結局はその時の流行を作る人間がいるんだよね。
だったらそんな事よりも、エネルギー問題の方がよっぽど大事じゃないのかな~と思うの。
特に日本は石油が出ないんだし。
人口問題や食料問題と、大きくシンクロしているのに、なぜかそこを言う人間がいない。
京都議定書から、アメリカやカナダが離脱したのは、正しい判断だよね(どう考えてもバカらしい)。
石油依存(限り在る資源)文明の現状、EU手動になんかされたくも無いだろうし。
あまりにも不平等な議定書、日本もとっとと破棄してしまったほうが良いと思うけどな。
で、アメリカに先を越されている太陽光発電の低コスト技術に、1兆円(←CO2削減のために日本政府が使う金額)の税金を使っていただきたいと。
5年もあれば追い越せるのでは?
その技術を売って儲ければいいじゃんか。
経済ありきの文明構築してるんだから。

石油は有限資源だから、もちろムダ使いをしないのは良い事ですよ。
大事に使いましょうね。
エコは自分の身になることからやりましょう。

という事を思ったので、疑問と意見をブログで表明しただけです。
それに比べ、「みんなが黒と言ってるのに、白と言うのはケシからん!」と言うあなたは、今後どの様にエコ(?)な活動をするのかが知りたいですな。

久しぶりに怒ってます(笑)
by yasutakak2 | 2008-09-03 22:02 | ニュース