色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雷ピカピカ

今週は、あっちこっちで雷ピカピカ!!
雨が降ろうが、風が吹こうが、釣りにおいては何かしらプラス材料に出来る。
でも雷だけはダメね(泣)
こんな時だけは無理してもメリットが無い。
メリットが無いのに無理をするのはKebuちゃんにお任せしましょう。

ちなみに、今週はやたらと「異常気象」をメディアが乱発していましたね。
ちょっと疑問ですね。
だいたい昨今の環境問題も、何の確証も無いところから、流行(利益を求めて)となってしまったが、本当に大事な環境意問題にはダレも目を向けないのね。
温暖化で水位が上がって何が困るの?
京都議定書で何をすることが決まったの?
でも、それを守るとどうなっちゃうの?

真の追求をするためには、確かなデータとシュミレーションが要です。
頼むから「エコ替え」なんてこと言うのはやめて欲しい。
あれほど無駄なこともあるまい。

それともうひとつ。
車の運転で、「速度を出すのが一番燃費悪い」とか思って、しょっちゅうブレーキ踏んでる人。それもよく考えて欲しい。
燃費=燃料消費/走行距離です。
燃費を良くする(コレ自体に環境上、何の意味があるかとも思うが)為に、もっともマイナスなのは、「ブレーキを踏むこと」ですよ!!
アクセル踏んでエンジンの回転あげて(エネルギー消費)、1トン近い物の物質を移動させたのに、それを制御してブレーキ掛けたら、そのエネルギーは要らなかったと言うことになってしまいます。
その究極は「アイドリング」ですね。
物質の移動(車に乗るという意味)に対し、なんの役目を果たさないと言うことです。
あと、スピード出したからって、エネルギー消費が多いわけではありません。
適切な燃料供給を行い、適切なギアを使っえば、より少ないエネルギーで遠くまで行けるのです。=無理なくスピードを出すことはとても燃費もいいのです。
常識的に高速道路は燃費が良いと思っているのにね。
ちなみに私の車(日産1800cc)でもっとも燃費が良いキープすべき速度は、140~160kmです。
この速度で空気の抵抗を感じながら、慣性の不足分(意味不明?)を補いつつ、アクセル開度を1/4~1/2の範囲に保ち、巡航するのが一番のエコです。
うまくいくとアクセル開度1/4で170km出せます。
よって、以下の3つのことが、車を運転する上でのホントのエコなのではないだろうか。
1 ブレーキ踏まない
2 ハンドル切らない
3 アクセル緩めない
ちなみに下道では・・・
1 コーナー進入でスピード落とさない
2 曲げを大きく行なう
3 アクセルを早い段階から少しずつ開けていく
おお、まさにヨーロピアンスタイルのコーナーリングですな。
アメリカンスタイル(バッキンチョ!)が耐久レースに向かないのが良くわかりましたw

また、エコのためにはトラックのスリップを使うのも有効なのですが、これは距離を維持しないと意味がありません。
スリップから外れる(速度によって距離が変わりますが)と、もう一度そこに戻るために非常にたくさんのエネルギーを使います。
これでは意味がありません。
よって信頼できないドライバーがたくさん居る一般道というフィールドでは、あまり役に立ちません。
まさに日本の環境方針(そんなの聞いたことも無いけど)がコレに近いでしょう。

上記内容、判っていると思うけど、安全については配慮していませんので勘違いしないでくださいね。
エコも自己判断でよろしくお願いいたします(爆)


さて、今週末は、どのタイミングで釣りするかに、とても迷いました。
伊豆方面は明け方の雷リスクが常に付きまとう。
と言うことで、土曜日はお休みして、姪っ子連れて油壺マリンパークに行ってきました。
c0025471_1954985.jpg

c0025471_196648.jpg

油壺と言えばサメです。
c0025471_1963163.jpg

誰がなんと言おうと、ココはサメなのです。
去年はイタチの展示があったのですが、タイミングを逃してしまい行けませんでした。
でも、いつか来てみたいと思っていたので、かなり満足しております。

ぐるりと回って、アシカとイルカのホラーショーを見学。

素晴らしいです。
プールが室内にあり、完全に劇場型のイルカショー。
イルカのレベルも高いです。
水族館としては老舗になるのでしょうが、ココは必見ですね。

~翌日曜日~
アクアラインを使い、夜明け前に外房に入る。
あまり外房は来ないので、いまいちポイントの見極めが付かない事を配慮し、早めに行動。
途中、最近気になってる「白浜渡船」の事務所を発見し、しょうしょう浮かれ気味で磯に入る。
最初は千倉から。
c0025471_19381210.jpg

で、ヒラリーマン多すぎ。
今回10人近く見た。
しかもみんなウェット着てるし。
まぁおかげで「そこまでいけるんだ」ってのが分かりました。
これ、外房では非常に大事です(笑)

数箇所叩いて反応無し!
まだちょっと水温が高い感じですね。
ベイトも居ないし。
また今度トライしてみます。

その後、内房に戻って村岡さんの船のメンテをお手伝い。
c0025471_19444115.jpg

魚探付けたり、スパンカー付けたり。
自分のアルミもそうだったけど、こうやって装備が充実していくのがとても楽しいですね。

時間が過ぎるのがとても早く感じます。
あっという間にジジイになりそうで怖い。
by yasutakak2 | 2008-08-31 18:20 | シーバス

今年最後の夏遊び!

渋滞はホント嫌い。
3時間流しながらの運転と、30分の渋滞なら、間違いなく前者をとる。
でも、何箇所かは、そんな渋滞も楽しめる場所がある。
c0025471_2214141.jpg

ここも間違いなくその一箇所。
窓を開け、ゆっくりと潮風を車内に入れるのが気持ちいい。
c0025471_22141985.jpg

ちょっと立ち寄ったのは、江ノ島の堤防。
大勢の釣り人が竿を出しているのだが、中には車椅子の人が2人居て、豆アジを何匹か上げていた。
バリアフリーを特別意識していないこの防波堤、ある視点から見れば危ないけど、車椅子の人から見れば、釣りはしやすいと思う。
その人の立場というものがあるのだと、つくづく思う出来事。

そのあと、デッキに上がり裏磯まで散歩。
c0025471_22144365.jpg

ここってヒラも出る場所。
千葉系の磯に似てるね。
気になるのはスリットに入ってる漁師の仕掛けだが(笑)

翌日は内房から村岡さんの船でシイラ!
まだスロープから降ろしたことがないという事で、みんなで頭を使いながらなんとかやってみる。
「スベリがない」ので、枕木を超えるたびに引っかかるらしく、車載工具の惹起を使いながらちょっとづつ、スロープを降りていく。
途中で枕木の間に斜めに算木をかえば良い事を発見し、そこからはスムーズに行きました。
無事、海に浮いた船を見たときは、自然に万歳!が出ましたね。
漁港の漁師さんから見れば、なんとも頼りないかもしれないが、そんな当たり前なことに感動できる事も、レジャーゆえの楽しみ(笑)
でもなんだかんだ言いながら、漁師さんたちみんな気になって仕方ない様子ですね。
色々とアドバイスを頂けました。
これから少しずつ、沢山のことを覚えて行きたいです。
c0025471_22184530.jpg

さて無事出航し、一路館山湾へ向かう。
途中、数箇所のブイ周りをやるが、単発でチョロチョロ。
まぁミヨシがみなさん素晴らしく上手な人たち(Makoさん・大野君)なので、私は「そのうち釣れればいいや」状態で、皆の様子を楽しむ。
周りが全員釣れたら、楽しませていただこう。
実際、こうやって船の一番後ろから、皆の釣りを見るのは結構楽しいもので、性格というか欲と言うか、いろんな物が見えてくる。
船もスローで進むから、会話もなんとなくつかめるしね。

まもなく館山湾に差し掛かったところで、村岡さんが「ここは鉄板ですよ!」というブイに来た。
正確に言うと沖の定置網周り。
その言葉通り、ここでほぼ全員がヒット!
ペンペン含めて、大小シイラが入り乱れてピョンピョン(笑)
皆が寄せてくれたシイラにマーゲイ改(リヤに#3フックつけて、板鉛チューン)をフルキャストし、8ビートのジャークで巻いてくる。
コレがまた凄く、後ろをV字になって群れが追ってくる。
が、ジャーク幅にシイラが対応し切れないのか、レンジが嫌いなのか・・・
ショートバイトの嵐(笑)
まぁ、シーバスプロの皆様には、「それは無いでしょ~」と(爆)
ちなみに村岡さんは経験済みだとか。
結局あきらめて、ダイワのTDペンシルで1ゲット。

その後、みんなお腹一杯になった辺りで、外海を目指す。
途中沖目のブイに差し掛かったときに村岡さんが、「こういう場所って、ピンでデカイのが居ますよ♪工藤さん投げちゃいなよ」とそそのかす。
という事で頂きました。
c0025471_2215594.jpg

今日の中では大きいほうです。
「まさかマーゲイ!?」と言われましたが、残念ながらトビペンです(笑)

その後、湾口に向かいマグロ探し。
思いもかけないぐらい、内湾に鳥が立つ。
キメジ交じりのカツオナブラでした。
ここでスキルジグの横引きでソーダをゲット。
しかしナカナカ難しい。
魚はいっぱい居るんだけど、口を使わないと言うか・・・
何回か良いコースに入っているんですがねぇ。
同船者がカツオ1本、私が極小ソーダを1本追加してあきらめる。
とはいっても相当な時間やってたけど(笑)
しかしあんな東京湾のど真ん中で・・・
今年はほんとに凄いんだね。

そして無事に沖上がり。
というか、このメンバー危険。
誰も止めようって言わない。
たぶんみんな、村岡さんが帰ろうか?って言わなければ、永遠に釣りしてるな・・・

スロープに無事に(?)船も上がり、みんなで漁師飯屋(でも高かったね)に行き、解散。
終わってみれば、全員がシイラをゲット!
船中48本?
村岡さん、参加者の皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。
とても楽しく釣りが出来ました。
とても気持ちよい秋の風でしたね。
夏の終わりを感じ、寂しくもありワクワクもしました。
この風を感じると、誰もがホームの釣りを思い出すようです。
c0025471_22152033.jpg

で、アクアラインを使って、藤沢に戻る。

翌日は、Kebuちゃんと伊豆ヒラ秋の陣開幕戦。
c0025471_22154598.jpg

波はない。
しかし雨がある。
だから朝の時合いが長い。
ポツポツとバイトがある。
2~3本バラシて、なんとか1本は獲りました。
c0025471_2216047.jpg

ワラサを期待して青物ロッド使ったのが裏目に出ましたね。
慣れれば掛けれるショートバイト多発。
久しぶりだと、引き波を硬いティップが切り裂いちゃうんだよね。
あの絶妙な「漂い」を演出しきれないから、バイトが浅くて・・・
でも、十分に秋の入り口を堪能しました。

午後は江の水へ。
クミちゃんが退職してから、初めての訪問。

スタッフの皆さんが、快く迎えてくれました。
c0025471_22161842.jpg
c0025471_22163190.jpg

久しぶりの対面ということで、とても嬉しそうでした。

そして、夜のショーも終わり、お客さんのはけた後のイルカたち。
c0025471_22164629.jpg

朝の入場前と、この閉館の時間が、水族館で一番好きです。
イルカたちの息使いが、誰にも邪魔されずにココまで届く。

すっかり秋の気配ですね。
by yasutakak2 | 2008-08-23 22:12 |

休みの日の隙間

お盆休みは休まない。
と、言いました。
コレ、ホント。
普段休みの週末も、土曜にちょこっと休んだだけ。
その時はマス釣りに行きました。
それ以外はフルに仕事♪
で、だからと言って、遊ばないと言うわけではない。
実は仕事前にチョろっと高速ツーリングに行きました。

高速ツーリングをチョろっと?
高速=高速道路ではありません。
高速=高い速度です(爆)

ルートは鎌北湖入り口に、夜明けに集合!→顔振り峠茶屋で一服→R299→川ヒダ線→帰宅→8時までに出社

会社の別工場の同僚と、森本と行ってきました。
c0025471_2262386.jpg

茶屋まで数分でしたね・・・
下り~R299も空いていたので、7時半には出社できました。
新しいパターンの遊び方!!

でも良く考えたら、高校生のときは毎日のように富士○野で朝練してたっけ(爆)
by yasutakak2 | 2008-08-14 21:59 | ニュース

呪い

ここ数日、Kebuちゃんの呪いとしか言いようがない(涙)
と、言うことにしないとやってられません(爆)

たしか7月の下旬からだったけ?
まとめて更新。

08年7月末。
仕事に忙しく、釣りにいけない12日間。
しかし周りでは景気の良い話が飛び交ってます。
20kgのマグロが跳ねただの、シイラ釣れすぎて肩壊して病院に行っただの・・・
そりゃぁ景気の良い話が、あっち(相模湾)こっち(駿河湾)にビュンビュンと。
でも平気。
だって8/3駿河湾の勘七丸に予約してあるから。
Kebuちゃんとマコさんと一緒に、マグロ祭りが待っているのだ。

そんな7月最後の日曜日に、地元の小さな小さなお祭りへ、姪っ子連れて行きました。
c0025471_2014279.jpg

太鼓の音がマグロのボイル音に聞こえますな。
そんなの聞いたこと無いけど。

そしていよいよ待ちに待った週末!
金曜のネット情報では、相模湾にマグロが入った模様。
あっちこっちで始まっています。
と言うことで、急遽2日(土)も庄三郎で出船することに。
え?もちろんKebuちゃんも一緒ですよ。
c0025471_20284648.jpg

フフフ。
今日マグロ仕留めておけば、明日の駿河湾なんてヘッポコピーです。
まぁ、マグロが出なくても、シイラ5~6本で準備運動は十分でしょう。
だいたいさ、今日釣れても持って帰るのが大変(本日藤沢泊)だしね。
c0025471_20292654.jpg

いや~、あまりにも展望が明るすぎて、二日酔いでも納豆定食が美味く感じますな。

いよいよ出船。
c0025471_20314251.jpg

良いね良いね!
この相模川を出るときが、一番ワクワクしますね♪

ただ・・・
ちょっと気になることもあった。
実は今回、初めての船長。
そして初めて「ミヨシ以外のポジション」でのシイラ。
椙尾君は、後輩さんがたくさん来ていたので別船。

さて出航して10分。
港から真南に来た場所でスローダウン。
というか、ココまでかなりスローで来た。
前を見ると、微妙に潮目がある。
感じ的には「港から2枚目(川水⇔相模湾)の潮目」って感じ。
「ハイ、投げて」と言われたので、投げた。
今思うと、庄三郎で「投げて」って言われたの初めて。
大体その前に目標物にミヨシが気が付いていて、届くか届かないかの距離からフライング気味にキャストする。
それが普通かと思っていた。

c0025471_20415945.jpg

その潮目を流して、10分後にミヨシの人がメーターちょいをキャッチ。

で、またその潮目を流す。
魚はたまに姿を現す。
しかしちょっと深い。
バイトまで持ってく人があまり居ない。
私もかろうじてミニラを1本。

延々と船はスローで、同じ海域にある数本の潮目を往復する。
ミヨシの一人は寝てるし。
つうか、ミヨシで寝たら船長もやる気無くすよなぁ。
どっちが先か?と言うことでもないが。

最後にサバ釣って帰りました。
後日HPで確認したら、ありえない釣果報告が入ってます。
あれ?
椙尾君も「今日は完全に食らいました」って言っていたのに・・・
しばらく庄三郎には乗らなくても良いかな。
釣果が悪いのは仕方ないですが、努力をしてくれない船頭は疑問ですね。
まぁでも、燃料代高騰で仕方ないかなぁ。
尾上君が船長やる時がわかれば良いのにな。

釣れる釣れないとは別の話。

c0025471_20532629.jpg

で、翌日には沼津の勘七丸。
昨日のシイラで少し滅入っているが、気を取り直して今日一日を楽しもう。
もともとは、こっちが本命だしね!
Kebuちゃんも1本掛けてるし、マコさんは釣ってるし!
いや~楽しみだね。
寝不足でも全然平気(笑)

出船は、少人数制のポンポン船。
たぶんここ数日のマグロ祭りで、勘七丸は一杯になってしまい、急遽外注へ委託した模様。
でも全然気にしません。
むしろ、気が楽と言うぐらい。
船長と挨拶をし、一日よろしくお願いしますと言うことで、出航。
やはり渋めのご様子。
まぁでも、「日が上がれば釣れますよ!」と言うことで、魚っ気のあるところを叩きながら進む。
と、いきなりマコさんが大きいの掛けました。
でも、船底にライン引っ掛かり、ウンともスンとも行かなくなってしまう。
諦めの色が出たときに船長が手釣りで回収を提案(笑)
コノヒト、フダンハリョウシデスネ。。。
c0025471_2059426.jpg

いやいや、プロセスが非常に気持ちの良い一匹ですね!

その後、布良沖まで進むも、良い反応が無く、清水方面へ船を進めた。
それでもそこそこにバイトはある。
と言うか、見つけることは出来る。
でも魚が深いため、実際に魚を見つけて指示を出しているのは私とマコさんだけっだった。
Kebuちゃんはコンタクト忘れで偏光無しという条件のため、かなりあてずっぽうでキャスト。
ただ、その後ろに魚が付いてきているのがスゴイね(笑)
でも、サイトでの食わせの技術無しでは、さすがにヒットまでは難しい様子。
「Kebuちゃん、後ろに3匹!」とか言いながら、上から見てるほうが笑えました。
他船の無線情報では、まるっきりダメダメのご様子。
マコさんが着実に釣ってるので、私たちの船はまだまだ良い方です。
c0025471_21165471.jpg

こんな岸よりの潮目で、着実に本数を伸ばしていきます。
c0025471_21144013.jpg

サイズは↑のサイズだけど・・・(釣りながら撮影→ペンチリリース)

ここの船って、無線で全線の情報を聞ける(スピーカーで流す)のね。
気が付くと、たくさんの船が同じ海域に集合していました。
でも、そんなに釣れてない。

これ、ミヨシでマコさんと話してたんですが、「シイラは沖側の潮と、川水の潮との間にある、潮目に居るのは間違いない。それは他船も気が付いている。でも魚は確実に沖潮側にいて、川水側からキャストしないと食わないよね。それに藻が絡めば、かなり高確率♪」と。
船長はこちらから、「この潮目を流しましょう」と指示を出すと、着実に潮目沿いに船を流してはくれた。
ただその位置関係までは判らなかったようで、私たちもそこまでは伝えなかった。
でも、潮目ってでこぼこしてるじゃん(爆)
ちゃんと「次はあそこだね」ってところで反応が出るのが、とても楽しかった。
ただ、その魚をすべてマコさんが釣っちゃうところがまた笑える。
技術負けですな。
とても勉強になります。

そして、港から100mの場所で沖上がり(爆)
マグロは居なかったけど、船長や他乗船者とのコミュニケーション含め、とても楽しめましたよ。
勘七丸というより、この船にまた乗りたい。
c0025471_21352692.jpg

帰りにひさしぶりに花水ラオシャンでタンメン。
コレもまた夏の楽しみ。

ん?
Kebuちゃんの呪い?
良いの良いの。
そんなもん気にしてたら、相模湾で釣り出来ませんよ。
実はKebuちゃんとの釣行、ハイリターンでもあるんですよ。
そこを楽しめないとね。
年数回あるその日のための、助走区間と思えば問題なし。

でも携帯ドボンは辛いよねぇ。
それは呪いたくなりますな(爆)
by yasutakak2 | 2008-08-11 21:34 |

埼玉→上越→富岡→お台場

またしても更新遅れがち。
お盆休みは仕事三昧!
いや~、お客様から電話がないと、ほんと仕事がはかどります(←それで良いのか?)

さてさて、夏休みは休まないと決めたので、普通の土日を有効に使って旅に出る。
8月8~9日は1年振りに上越の水族館へ行くことに。
毎年恒例の、江ノ島水族館からレンタルして行われる、イルカのショーを見に行きました。
今年のイルカは、下田から来た「サーフ君」が担当し、江の水からはスタッフを派遣。
普段イルカのいない上越の水族館に、このシーズン限定で来るイルカとスタッフは、この町ではちょっとしたヒーローのようです。
今回もクミちゃんと一緒にいると、町のいろんな人が話しかけてきます(退職前は毎年クミちゃんが来ていたので、その時に色々と縁が出来たようです)。

初日はちゃんとチケットを買って入場します(笑)
c0025471_23403752.jpg

で、ゲートをくぐってまず気になるのが特別展示。
c0025471_234148.jpg

去年はたしか「トンボの秘密」だったような。
今年は「関川の生き物たち」をやっていました。
関川とは、直江津市のど真ん中を流れる川で、シーバス実績も高いところです。

ということで、まずはそこから見学。
c0025471_23414017.jpg

かなりマニアックで面白い。
c0025471_23421751.jpg

↑クミちゃんはイルカの方が気になるようですが、↓そんなのは無視して企画を楽しむ。
c0025471_23423763.jpg

今回新潟へ来る前に、洗心さんから見せてもらった「新潟釣りMAP」で、ちょっと気になることがあった。
それは、河口から数キロしか離れていない場所に、岩魚マークが付いていた事である。
しれも多数。
ミスプリ?
でも、今回の企画展を見て納得。

まぁいいや。
あと、さすが新潟↓
c0025471_2343960.jpg

外来魚は許されません(笑)

去年見たピラルクはちょっとお疲れの様子。
c0025471_23444033.jpg

ぼちぼち時間になったので、イルカのプールに行って、皆さんにご挨拶をして、ショーを見学した。

「このイルカ、なんか変なんだよ。。。」とは、今回のイルカショーに関係する皆さんが口にする言葉。
なんかね、人間が嫌いみたいです。
でも、ショーはキッチリとこなすらしい。
c0025471_23452399.jpg

例外で、イルカのお兄さん(江の水スタッフ)にはベッタリ。
c0025471_234684.jpg

アカスリをしてあげたら、寄り添って寝ちゃいました(笑)
安心しているのが、手に取るように分かります。

このショーを楽しみにしている、多くの子供たちが居た。
掃除の手伝いをしたり、ショーの駄目出しをしたり(爆)
様々な難問があると思いますが、何とか続いていってほしいと、強く思いました。

c0025471_23464579.jpg

水族館を出て、今度は海沿いをドライブ。
という名の、ポイント探し。
実は今回、せっかく新潟に来たのでジギング船でブリを狙おうかと思っていたのですが、近況が思わしくないということで諦めました。
でも、せっかくだからスズキを狙おうかと思い・・・
何箇所か回って物色をしました。
エリアは直江津から名立あたりまで。
c0025471_23472147.jpg

よさそうなポイントは、実際に竿を出して感触を確かめる。
新潟って、どこに行っても人が居ない。
何よりもそれが釣りポイントとして最高の条件であり、当たり前のこと。
それともう一つ。
太陽が海に沈みます。
c0025471_23474287.jpg

これが見たかった。
そしてその時に、釣りをして居たかった。
c0025471_23482654.jpg

本当に美しい海です。
魚は釣れませんでしたがね。
初夏、もしくは秋~冬に、数日かけて来たいですなぁ。

夜は、今回のイルカショーのコーディネーターである、元クミちゃん上司さんと飲みに行きました。
色々な素敵な会話をしました。
ただ一方的に聞く・喋るのではなく。
その中にたくさんの情熱と夢が詰まっている、本当に素敵な会話。
そしてちょっとだけ謎解きのヒントをもらう。
テーマは「なぜあそこの、あの魚が、異常に大きくなるのか」(笑)
思いもよらないその一言。
「ひょっとしたら、子孫を残すことを諦めているのかもしれないね・・・」
コレにビックリ&感心したところで幕を下ろす。

翌朝、スタッフの皆さんや館長さんやパン屋さんや中華屋さんに挨拶をして、水族館を後にした。
1ヶ月、頑張って下さい。

そして海沿いをまた少し走る。
向かったのは有間川漁港。
ここ、去年来た時に目をつけた場所。
でも残念ながら「釣り禁止」の看板が立ってました。
残念!
c0025471_2349196.jpg

クラブハウスによって、少し遅い朝食をとりながら常連の釣り人と話をした。
で、「今日の午後船で鯛を狙うから、お前も乗れ」と(笑)
「道具なんか全部貸してやる」とも(爆)
う~ん、残念。
昨日なら行ったかも。

その後、数箇所を見て回る。
c0025471_23492748.jpg

c0025471_23495257.jpg

本当に海が綺麗で、「来年はゆっくりと来ようね」ということになった。
そう、ゆっくりと深夜に釣りをしたいものだ(爆)
翌日の花火大会用に、なにかお土産をと思い、立ち寄った店が結構面白い場所だった。
c0025471_23504211.jpg

ただ、魚はイマイチだったので、日本酒を物色。
気になった5本を利き酒し、コレは!と思う1本を買って帰路に着く。

ついでに寄り道。
c0025471_23511788.jpg

アブに追っかけられて退散・・・
群馬サファリパークへ。
c0025471_23535881.jpg

夕暮れサファリと言うのに参加。
c0025471_2356037.jpg

なんかラッシャー板前が居ましたw
企画の趣旨がわかりやすく、とても楽しめます。
c0025471_2355232.jpg


クミちゃんがロバを恐喝し、
c0025471_23565650.jpg

ダチョウをシバキました!
c0025471_23572190.jpg

ワニのから揚げ、つまみには最高です!


で、翌日は、村岡さんにお誘いいただき、TSNボートクラブのバーベキュー&東京湾大華火大会に行きました。
前回、横浜の花火を船から見て、これは絶対にクミちゃんが喜ぶと思い、かなり楽しみにしていました。
しかしその反面、やはり妊娠中ということもあり、クミちゃんが楽しめないのでは・・・とも気にしていました。
それに皆に迷惑なのでは・・・と。
c0025471_23575950.jpg

始まってみれば、そんなのはどこ吹く風ですね。
c0025471_23585856.jpg

こんなに素晴らしい花火が見れることが、どれだけ幸せか!という事です(笑)
そして、皆さんがとても優しくクミちゃんを気遣ってくれました。
本当に、ありがとうございました。
こういったアクションから、少しずつ「一人で生きてきた訳ではない」ということに気が付きます。
それがとても大事で、うれしい。

皿の水はこぼれる。
じゃぁどうすればいいのか?
答えはどの角度から?
今週末はそういう事でしたね。
by yasutakak2 | 2008-08-10 00:10 |

甲子園

c0025471_20191875.jpg

本日、浦学×ワイ高です。
そう、埼玉×神奈川(笑)

夫婦で応援合戦中!
by yasutakak2 | 2008-08-07 20:19