色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

旅ってやっぱり・・・

つづき
c0025471_22285595.jpg

目覚めれば6時。
やはりダレも起きませんでしたね。
寝る前の予想通りです。
だいたいね、寝る前に「こんなに快適でいいのか?」とか「3日ぶりに寝れる」とか「寝間着用意してきました」とか言って、伏線張っているようじゃぁね(笑)
正確に言うと、全員が一度起き、そして「誰かが起きるまで・・・」と全員が二度寝しました(爆)
やはり若手が居ないとこうなります。
c0025471_22254897.jpg

外の港は明るく、沖の定置網から戻った漁船が、たくさんの魚を水揚げしていた。
その中には大きなシイラも。。。
フムフム、まずはブイに付いたシイラを狙うということで準備を始める。

かといって慌てる事も無く、まずはきちんと朝ごはん!
c0025471_22294062.jpg

昨晩のカレーを煮込み、サラサラスープポイカレー。
言うまでも無く激ウマ。

港に繋がる、他の船が目覚める前に、一晩世話になった港を出る。
で、向かうは・・・昨晩仕掛けたカニマンション(笑)
c0025471_2231226.jpg

最近絶叫した?
私、絶叫しました(笑)
c0025471_22303676.jpg

アナゴとウツボ♪

さてとシイラ。

探す

探す

探す
c0025471_223252.jpg

本当に夏なんですね。
一瞬で終わっちゃう夏を、コレでもかと味わう。

年を追うごとに、季節の流れを早く感じるようになった。
今日一日もあっという間に終わる。
c0025471_22332756.jpg

(今回はネコさんが写真をたくさん獲ってくれました!写真好きなので、かなり参考になる物が多いです。)

東京湾口を抜け、向かった先は三崎港。
c0025471_22363491.jpg

三崎=マグロです。

上陸して、小さな流れ込みをみんなでガン見。
c0025471_22373114.jpg

イナっ子の外にメッキの群れ。
その先の停泊船の下には・・・
c0025471_2237331.jpg

スズキが群れで並んでいます。

あ、マグロ、おいしかったです。
三崎のマグロ屋で、初めて満足できました♪

出航する際に、軽く三崎スズキを狙うも、すごい勢いで逃げられました(笑)
何が笑えるって、その時点でシーバスルアーを村岡さんがセットしていた事ですね。
さすがプロ!!

一路北上し、お土産用サバを中の瀬付近で確保。
サバは足が速く、追いかけっこになったが、全員満足のいく結果。

で、また航路を渡り、今度は横須賀沖で金色のスズキを狙う。
c0025471_22381048.jpg

無事、私以外の3人にヒット(笑)
しかしまぁ、シイラタックルなのでバラシまくりですな。
ネコさんだけがが無事にゲットしました。
村岡さん曰く、「地形の釣りを覚えれば、釣果が全然違うんですよね~。意外と目に見えるものしか追わないアングラーが多いですが。。。」と。
確かにそこって分かれ道。
プラスαの要素にどちらを考えるかで、まるで意味が違っちゃうけどね。

そして三浦半島がシルエットになる頃、横浜を目指して船は進む。
燃料の残量が微妙なので、根岸湾に滑り込む。

おや?
懐かしい船が・・・
しかも門◎君が居るし(爆)
c0025471_22392153.jpg

水路脇のGSによると、私とモリさんの姿を見て、店員のお兄さんがシーバスを語り始めた。
「あそこで釣れますよ♪」「ここで釣れますよ!!」
なんでもココは、有名シーバス船女性船長がバイトをしていたとか。
うれしかったなぁ~。
まさか「あそこで待ってるの村岡さんだよ」とは言えないが、気軽にシーバス楽しいですね!って話を、一生懸命にしてくれたことがホントに嬉しい。
最近の傾向として、店員とお客さんが「世間話で盛り上がる」事ってあんまり無いし。

さて、給油の間にネコさんが買ってきてくれたヨシ牛を頬張りながら、今度は外海に向かわず、どんどん水路を登っていく。
c0025471_2240651.jpg

途中の橋は、満潮の為に天井すれすれ(汗)

と思ったら、やっぱりぶつかっちゃいました(笑)

何回も冷や冷やしながら水路を進むと、なんか見慣れた場所に出た!
そうココは横浜港。
しかも至るところにプレジャーボートや漁船が・・・
しかもみんな、難民状態のフル満員。
c0025471_22403684.jpg

今日は横浜港の花火大会でした。

花火を揚げる台船の周りは、当たり前だけど進入禁止。
海保と県警がその「航行禁止区域」を厳しく取り締まる。
あのね、ライト当てられて「○×丸!下がりなさい!!」とか言って怒られちゃうの(笑)
しかしこの禁止ラインがまた微妙で、他船とのバランスがとても大事。
1艇だけ出ちゃうと怒られる(たまに怒られても「アンカー打たねぇから良いだろ!」とかいうシーバス船も居たりする。個人的にああいうの大好きw)けど、みんなでジリジリと出るのはOK。
しかし、風向きや潮の流れで、そのラインがいきなり崩れたりするからまた面白い。
え?なんでそんなに前に行きたいかって?
そりゃぁ楽しいからですよ(爆)

怒られたら下がるのはあたりまえ。
起こられる寸前に引っ込むのが楽しい。。。

c0025471_22411837.jpg

あ、花火、綺麗でした。
最後に残った1本の缶ビールを回し飲みし、あっという間に過ぎた2日間をのど越しに味わいました♪

がしかし、花火が終わると修羅場と化す(爆)

「今日は京浜運河が日本一荒れる日ですw」とは、ほんとの言葉。
この旅のフィナーレとしてもっとも相応しい、壮絶な戦いが始まる。
「工藤さんは左、モリさんは右ね。」と、ライトを渡される。
「気が付かずに近寄ってきた船に、容赦なく照らしていいからw」

あのね、
我先に大小さまざまな船が狭い運河をもの凄いスピードで走り抜けるの。
なぜならば、返しの引き波が凄いことになるから(爆)
我々の船は、その運河ではかなり早めに脱出したつもり。
でもかなりサーフィンです。
操船を間違えたら、一発で沈しますね(笑)
みんな必死。
しかも真っ暗闇の運河。
もし落ちたら、確実に死にますね・・・
愉快愉快♪

大きな船が外に向かう中、数艇が左折して狭い水路に入っていく。
ホントに狭い水路に入ると、水面は鏡のようになる。
風も遮られたその水面は、東京の明かりを色濃く映し出す。
c0025471_22423139.jpg

そして旅が終わった事を知る。
一昨日に出航した夢の島マリーナへ帰港。
遠くて近くて遠く近い、南房への旅。

今回同船した、モリさん、ネコさん、そしてオーナーであり終始ガイドとして撤して頂いた村岡さん。
ほんとうに、ありがとうございました!
皆さんから、たくさんのものを戴きました。
なんか私、末っ子のようでしたね(爆)

そして様々な顔を見せてくれた、東京湾の自然に感謝!!
c0025471_2243373.jpg

必ずまた来ます。
その時は、私から何かをして上げられる人でありたい。
by yasutakak2 | 2008-07-28 22:43 |

旅ってなんだろう・・・

旅ってなんだろう?
遠野物語を記した柳田國男は、「旅の原型は租庸調を納めに行く道のりのことである。食料や寝床は毎日その場で調達しなければならないものであり、道沿いの民家に交易を求める(物乞いをする)際に、「給べ(たべ)」(「給ふ(たまう)」の謙譲語)といっていたことが語源であると考えられる」と・・・
ナカナカシンプルなんですなぁ。
ならばやはり、今回は紛れも無く「旅」であった。
c0025471_21271975.jpg

旅の目的は、大海原を旅してきたシイラを釣ること。
目的があり、手段がある。
しかし、今回の選んだ手段は、きっとシイラの正しい釣りかたではない。
効率を求めるなら、かなり正しくない。
でもそこに、何か別の要素が入るなら・・・
今回はそれが「旅」という要素だっただけ。

夢の島マリーナに4:00集合。
メンバーは村岡さん・モリさん・やねこさんと私の3人。
湾口を目指して出船。
途中川崎で足止め。
c0025471_21343976.jpg

タコが食べたいもんで・・・(爆)
今回は、メインのオカズはすべて「海から頂く」という約束。
自分たちで食材を得れば、そこに本当の生活がある。
その方向の釣りと、その方向の人たち・・・。
これがとても心地よい。

でもタコは獲れなかった(泣)
代わりにシーバスが私のエギに喰って、数十秒格闘したがフック(?)が全部伸びました(爆)
あきらめてシイラの居る湾口に向かう。

途中で足止め。
富津沖でサバを2本釣る。
保険掛けました。
1本は干物、もう一本は生簀に泳がす。

で、シイラを探しに湾口へ。
途中、気になる反応があったので、ジグを落とすと・・・
c0025471_21414039.jpg

村岡さん、真鯛をゲット!!
釣った瞬間に、どうやって食べるかの話しか出ない(笑)
いや~、すごい!

で、湾口に・・・
c0025471_21434966.jpg

行く前に保田の港でカニマンション投下。

さあさあ、シイラ!
今回はシイラ!
夏だからね!

劇渋でした(笑)
潮目が全く無い。
う~ん。
微妙に出てる流れ藻をたどって、かろうじてヒット。
c0025471_21495611.jpg

まぁ、そんなときもある。
サイズもそんなに良くない。
でも良いの。
「今年の夏もシイラを釣りました」って言えればね♪
渋いなりにまた楽しい。
それが味わえないならば、遊漁船に乗ればいいんだし。

そんなことよりもこっち↓のほうが今は大事。
c0025471_21535732.jpg

まずは鯛丼!
しして余すことなく、幸を頂く。
c0025471_21555791.jpg

c0025471_2153304.jpg

絶句である(笑)
東京湾ってスゲェ。(←今回、みんなずう~っと、コレ言ってましたねw)

その後、またシイラを見に館山沖まで行き、あまりにも暑いので水泳。
c0025471_220405.jpg

もぐるとけっこう冷たい。
c0025471_2211136.jpg

すっかり体も冷えたので、またシイラを探しに行く。

今回の状況、色々と思ったが、あと一息で釣れそうな感じ(実際に、私たちが帰った次に日から湾口で釣れ始めてます)。
と言うことで、湾内の色んな遊びをして、初日終了。

保田のマリーナに係留し、早速みんなで協力して晩御飯を作る。
フフフ・・・
c0025471_225231.jpg

すごいでしょ?
今夜はタコカレー!!
c0025471_2281767.jpg

もちろんタコブツやサバの干物もあるよ♪
c0025471_2275425.jpg

酒も進みます!
野郎が4人で「幸せ♪」を連呼するのは、ある意味で危ないね(爆)

今夜の保田港は、たくさんのクルーザーやヨットが停泊していた。
でも、どの船よりも私たちの船が一番『生活感』が溢れていたと思う。
c0025471_2294548.jpg

色んな船が居た。
キワい姉ちゃんたくさん連れてたり、おっちゃん一人ヨットだったり。
それはそれで、すごい良いのかも知れないけど、今の私にはその楽しさは判りません(爆)

さて、食事も済んだところで、船の上を片付けて上陸する。
漁協直営の食事処が、なぜか風呂もやってます。
しかも今年から激安で宿泊(風呂込みで3000円)が出来るとか!
これ、超ステキ♪
c0025471_22171368.jpg

食堂の座敷に布団を敷いただけ。
でも、十分十分。
蚊がいないところで寝れます!
後ろを振り返れば、まだバイトの姉ちゃんたちが片付けしてますが・・・(笑)
c0025471_22221061.jpg


一日目、無事終了。
うまい物食いすぎました。
明日は3時に起きるんでしたっけ?
おやすみなさいzzz

つづく
by yasutakak2 | 2008-07-23 12:46 |

定期審査

ISO9001の定期審査が無事終了しました。

指摘事項無し
ストロングポイント2点
改善の機会6点

こうみると、けっこう立派な物かもしれない。
管理責任者としてすべてのプロセスの監査に立ち会ったが、どのプロセスも問題なく監査を終えている。
実際、クロージングミーティングを行い、最終報告書に社長がサインをした時点で、本当に「ほっとした」のだが・・・

自分の部署に戻り、頑張ってくれたスタッフと話をしていたときの事。。。
「でも、これで・・・次の審査(来年は継続審査です)が大変になるかもですね」
この言葉でハッとした。

そう。
今回は要領よく「審査を切り抜けた」だけなのである。
本来外部監査と言うのは、弊社の見えにくい足元を、外部の力で照らす事に意味があるのである。
うまくやったかもしれない。
でも、その過程で多くの問題点があったのも事実。
それはシステムの過ちもあり、運用の過ちもあった。

目先の成功のため、大きなチャンスを逃したのかもしれない。。。

と、落ち込んだけど、今週末は楽しみにしていた釣りに行きます!!
切り替えないとね(爆)
by yasutakak2 | 2008-07-17 22:18 | ニュース

今回の素敵な収穫

ひさしぶりに更新です。
色々とネタはあるのですが、なんせ仕事が忙しくて(泣)
特に今週はISO外部監査があるので、のんびりと文章を楽しむ余裕がもてませんね。

と言うことでダイジェスト。
c0025471_22305683.jpg

本庄サーキットへ耐久レース車両のテストに行きました。
ミッションやらなにやらが変更されていると言うことです。
でも、例によってそんなのあんまり気にしません。
車が良くなっているならば、それを知識ではなく体で感じて、ドライバーとして最高の努力をすれば良いのです。
そうすれば、結果は付いてくる。
c0025471_22303581.jpg

はい、すみません。
1コーナー進入でシフトに弾かれて、そのまま真っ直ぐ逝ってしまいました(爆)
バンパー落っこちちゃった。。。(シャレのうち)

あ、タイムは出しました。
ウェットの中ではまぁまぁでしょう。
あぁ~疲れた。
メカニックのヨネちゃんと、たくさん話が出来たことが、一番の収穫だったかな?

で、翌週。
c0025471_2239977.jpg

久しぶりに湘南に泊まりで来ましたw
まずは江ノ島近くの小屋で生シラス丼。
ココね、酒飲むと高いけど、シラス丼だけならアリかも。。。
c0025471_2248639.jpg

東の夜空に、月が浮かぶ。
港の夏風が、久米島を思い出させるね。

翌朝は烏帽子岩へKebuちゃんと出撃。
狙うはもちろんヒラスズキ。
今回はあっちこっち考えたけど、はっきり言って条件は最悪。
まぁでも良いの。
なぜなら今回も偵察だから♪
c0025471_22483250.jpg

数時間前に月が浮かんでいた空が、うっすらと明るくなる頃に港へ向かう。
まもなく出発。

到着して辺りを見回す。
予想通りベタ凪。
c0025471_22471074.jpg

で、あんまりにも暇なので、Kebuちゃんが泳ぎだす。
最近、釣れないとコレばっかり(爆)
サメに気をつけんと。
他にも水泳画像がありますが、ちょっと自粛します。
なんせ受付で「磯変えは9:00だけです」とか言われたんで。。。

c0025471_2259454.jpg

昼食後に一人で浅八丸(笑)
せっかく湘南に来て、手ぶらでは帰れないでしょ?

結果は、過去に無いほどの大爆釣。
入れ食いも良いとこです。
やはり浅八は16号船が一番だね♪
船宿の皆さんが「久しぶり!」とか、「最近来ないから心配してたんだよ!」とか言ってくれました。
とてもうれしいです。
また来ます。

さてさてサバ。
こんなに釣ってどうするの?と心配されるほど釣ってしまいましたが、実はそれぐらい釣りたかった(爆)
なぜならば・・・
c0025471_2394718.jpg

干物。
一度やりたかったんだよね。
c0025471_19363740.jpg

ワカシの干物
サバの味醂干し
しめ鯖

うん、最高だね。
サバのみりん干し、しょっぱくて食べれない!
ひとつ勉強になりました(爆)
by yasutakak2 | 2008-07-14 19:36 |

こうありたい水遊び

2週にわたり、水遊び。

先週日曜は、クミちゃんの妹とその娘が、湘南から遊びに来た。
と言うことで、埼玉で楽しいところを案内する予定だったのだが・・・
局地的大雨。
じつは所沢航空公園とか、サイボクハムあたりを予定していた。
しかも、よく考えたら、私、インドアな遊びを全く知らないw

で、選んだのが『秩父方面』で雨が降っていても遊べる場所。
しかも「5歳の女の子が喜べる」と言う条件付。
c0025471_0244187.jpg

川の博物館に行きました(汗)
c0025471_0254617.jpg

ゲートを入ってしばらく行くと、場外に「荒川の源流~河口の模型」があります。
コレ、とても興味深い物でした。
普段地図やナビなんかでよく見てる(地図好き)ので、平面的な形状は理解しているが、完全な立体の物は初めて。
理解度に大きな差が出ます。
なんていうか、百聞は一見にしかずと良く言うけど、まさにそんな感じ。
本の知識とリアルな経験と言えるほど、川を理解できます。
すべての釣り人にお勧め。
c0025471_0313183.jpg

クミちゃんもザリ捕まえて大喜び。
奥様へ奉仕しなくてはイカン、釣りしすぎのダンナさまにもお勧め(うちの嫁は喜んでいたけど、よそ様の嫁がザリ捕まえて喜ぶかは疑問ですが・・・)。

次に向かったのは、荒川源流部である秩父にある、天然氷を使ったカキ氷屋さんへ。
c0025471_0372512.jpg

古民家(昔の製氷庫だったようです)を使い、おいしい氷と空気を一緒に戴くことができます。
c0025471_0392063.jpg

しかしまぁ、女ってのはすごいね。
雨降って寒い寒いって言っているのに、巨大カキ氷を3人であっという間にたいらげたよ・・・
私は2クチ頂いて、ご馳走様。
あっちこっちの写真を撮ってました。

そして翌週(今週のこと)は、久しぶりにKebuちゃんと2人で、何時もの磯にヒラスズキ。
明け方の潮位が高いので、深夜の安全な時間に渡る。
いやぁ、しかし暇ね。
でも、なんだかんだ色々と話をしてると、あっという間に明るくなってきた。
c0025471_0442055.jpg

サラシがまったくありません(涙)
期待の雨(波に頼らないパターンには必須です)も全く降る気配無し(今年初の真夏日w)。
c0025471_0464681.jpg

今回持ってきたルアー。
ちょっとあることを試したかった。
結果、意味無し。

久しぶりに完敗。
気配のケの字もありませんでした。
何気に今年初のノーバイト?
まぁ、あまり気にしてないけどね。
釣りをしただけで満足。

c0025471_0502258.jpg

帰りは超満潮(150cm)なので水泳。
十分に夏の気配を感じれました。
この時期が一番快適に泳げるね♪
c0025471_052962.jpg

タバコはドボンだけど・・・

なんかね、日本ってほんとに良いなぁ・・・と思った2週間でした。
by yasutakak2 | 2008-07-06 00:53 | シーバス