色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

組み立てていく

今週は久しぶりに金曜から湘南入り。
仕事を終えてからクミちゃん実家に向かう。
江ノ島近くのレッドロブスターで夕食をとり、散歩がてら元職場の江ノ水近くをウロウロした。
c0025471_1030170.jpg

イルカのトレーナーをやめてから1年以上と長い時間がたち、そろそろ恋しい頃かと思い質問をしてみると・・・
「またやりたいとか、全然思わない」とのこと。
正直、「すごいね」と思った。
自分はどうだったか。
まぁいいや(笑)

水族館脇の通路を通ると、イルカの息使いが聞こえる。
懐かしい景色が目に浮かぶ。
しばらく海岸を歩くと、クミちゃんの部屋に通っていた頃によく、時間調整の為に釣りをしていた河口にきた。
あのころはただの新しい港を作っていて、まだ増築中と言うこともあり、高いフェンスで立入りが禁止されていた場所。
c0025471_10374374.jpg

綺麗なウッドデッキが完成し、先のほうは釣り専用エリアとなっていた。
何人か投げ釣りをしていたので、声を掛けて釣果を聞いた。
アナゴ・イシモチ・キスなど。
こんど昼間に来てみよう。
港内は係留用の橋脚が立ち、堤防には照明も付いていることから、色濃い影が出来ている。
ちょっと良い感じ。
この河口は大きなシーバスが上がるので有名。
ひょっとするだろうか?

クミちゃんの実家に行き、しばらくしてからKebuちゃんが迎えに来る。
今回は何時もの場所でヒラ狙い。
ゆなじろうさんとは現地集合と言うことで、まだ早いと思い途中の釣具屋へ寄った。
レバー付きリールを物色。
ココ数回の釣行から、ひとつの可能性を見出したので、気になっていた製品を手にとって見たかったのである。
が、しかし・・・
置いてあるのは違うもモデル(高いやつ)ばかり。
う~ん。
意味が無い。
結局なにも買わずに(Kebuちゃんはガルプかってましたねw)釣具屋を出て、待ち合わせ場所に向かう。

さて今回の状況。
ハッキリ言ってヒラには向かない。
波高0.5mだし、風も吹かない。
しかし、埼玉からヒラを狙うには、そんなことは言ってられないのである。
ならば、その現状の中で最大の努力をするしかないのである。
それは物であり、技術であり。

数時間後に磯に到着。
一服しながら、暗闇の磯で待機。
時々入るセットの音が小さい。
安全なところから、普段は全く打たないワンドの奥を、チョコチョコやりながら夜明けの時合いをまつ。

もう夜が明け始めるかな?と言う頃に、離れた岩の上でヘッドライトが付き、Kebuちゃんがメジャーを出しているのが見えた。
Kebuちゃんと一緒に行動していたゆなじろうさんがヒラを釣ったようだ。
えっちらホッチらと駆け寄ると、磯の上には良いサイズのヒラが横たわっていた。
だいぶ嬉しそう(笑)
夢にまで出てきてしまったのでは、そりゃぁそうですなぁ。
話の感じから、すでにその時が来ているようなので、すぐにキャストを始める。

すぐに来た。
サラシの切れ目と、沈み根が重なる場所にルアーを流し込んで、引き波ステイでひったくるようなバイト!
確信めいたフッキングも決まり、昨日キャスティングで買ったタモを手に取ろうと思ったら・・・
タモは手が届かない場所に(爆)
仕方なく何時もと同じ様に、ラインもってキャッチ。
c0025471_11132784.jpg

感無量になっているゆなじろうさんの場所へ行き、釣れましたと報告して写真を撮ってもらう。
最近は時合いのタイミングで、脇目も振らずに、次のを狙いキャストを繰り返していたが、今日はゆなじろうさんに釣ってもらいたかったので、少し心のゆとりがあった(笑)

その後にもう1本追加。
c0025471_11152375.jpg

湾奥ルアーも、使い方でではヒラにも使える。
というか、ヒラルアーに無い強さがある。
その状況に合わせてのチョイス。

サラシが少ないならば、それに変わる捕食のタイミングを与えることで、同じ場所から魚を出すことが出来る。

激しいジャークを、波のタイミングにあわせてストラクチャー際で止める。
その時のスライド幅が、ちょうど捕食ゾーンにはまる。
追わせたのではなく、明らかに食わせた魚。

c0025471_11215895.jpg

完全に日が昇り、磯を後にした。
瀬渡りは潮位が高く、久しぶりに楽しい帰り道。
by yasutakak2 | 2008-05-25 11:23 | シーバス

ヒラに

c0025471_23423054.jpg

ヒラに行く最中に、目の前にお巡りさんがいると、非常にやる気が無くなりますな。
by yasutakak2 | 2008-05-23 23:42

見える結果よりも

今週末は、いつもお世話になっている村岡さんのボートを、みんなでお掃除するということでした。
が・・・
1週間間違えていて(汗)
それが判明したのが先週のキス釣りの時。
私が「昨日のボートメンテはどんなだったんですか?」と聞いたら、「え?来週ですよ・・・」と(笑)

と言うことで、今週土曜に午前中にお邪魔して、電気周りをちょこっとお手伝いしました。
本当はオールで手伝いたかったのですが、クミちゃんとの約束もあったので、途中でリタイヤさせて頂きました。

で、葛西臨海公園の水族館に久しぶりに行ってきました。
ここは学生の頃によく来ていた場所。
ホント、懐かしい。
よく水槽の前でデッサンの勉強をしたものです。

葛西と言えばマグロですね!
c0025471_22344721.jpg

鯉のぼりまでマグロです。

Kebuちゃんが大間で釣る前に、一足先に一本捕まえました!
c0025471_22353688.jpg

足元で不思議そうに見ている子供はスルーでお願いいたします。
つうか、みんな見てた・・・。

チケットを買って、いざ進入。
ここはね、結構新しい(といっても数十年)ので、建物が結構おしゃれデス。
明るい日差しの通路を進むと、正面にドームが見えてきます。
そこからエスカレーターで降りていくと、ひんやりしたあの水族館の空気になります。
その入り口に、みょうにショボイシンプルな展示パネルを発見。
あまにも目に付かない物で、誰も見ていません。
そういったものに、とても大切な何かを感じる触手が反応。
なになに?
ふーん。
どおやら今年は「国際カエル年」だそうで、カエルを取り巻く環境について、さまざまな問題を提案しているパネルでした。
そしてその横には怪しげな着ぐるみが。
c0025471_22441077.jpg

これ着て10分ぐらい遊んでいたら、若い人たちが結構興味を持ってくれたようで、みんな写真を撮ってました。
良い事したな♪

さてマグロ。
昔、OPEN当初に初めて来た時は、すべてのマグロが一方通行に回遊していたものである。
で、数日後の次にきた時は、1匹だけが逆回りをしていた。
で、さらに数日後に来たときは、逆回りになっていた。
で今は・・・
c0025471_22455851.jpg

みんなバラバラ。
好き勝手にやってます。
この水族館のウリであった、回遊魚の為に1周回れる大水槽は、もはや完全にメジと本マグロのゾーニングが出来上がってしまい、グルグル回る(回遊)魚は1匹も居ません(笑)
小規模の群れの回遊が重なり合いながら一部深くなった場所を、うろうろとしているだけです。

クミちゃん曰く「順化してしまった」との事。
ちなみに白熊が檻の中で同じ行動を繰り返すのは「ナントか。忘れた。」と言うらしいです。
c0025471_22561049.jpg

↑ウマズラハギではありません!!
まぁでも、マグロ可愛いですよ。
一度は見ておいたほうがいいです。
あと、なにげにこの水族館の良い所は、最後に「申し訳程度」にある淡水コーナー。
今回はヤマメの稚魚を展示してました。
c0025471_22594680.jpg

あと、カエルもね。

その後は公園を散歩。
私の知っているこの公園は、暗闇にまぎれてイチャツくカップルの横を、ウェーダーを履いた釣り人が寡黙に歩く、なんかアンバランスな世界だったのですが・・・
土曜の午後は平和そのものですね。
途中、初めてオカッパリシーバスを釣った、懐かしい景色に出会う。
c0025471_2331846.jpg

二人で橋脚を凝視するが、何にも居ませんでした。
沖をボラがはねる(笑)

夕方に家に戻り、クミちゃんが「夜ご飯は、マグロ食べたいからお寿司屋に行こう」と言ったときは、あぁさすがだなぁ・・・と思いましたね(爆)

翌日、無性に釣りをしたくなり、久しぶりにイノリ先生とバス釣り。
事前情報では「パクパクワンドで、幾らでも釣れる」と言うことでしたが、そんなに甘いわけは無く、すでにアフターの気配。
しかも増水傾向で、昨晩の大雨でさらに水温下降。
渋い中を二人で6本でした。
c0025471_2392458.jpg

c0025471_2393569.jpg

でも、藪こぎして、さらにウェーディングしてポイントを探すのは、久しぶりに「あぁこれがバス釣りの楽しさだなぁ・・・」と。
c0025471_237221.jpg

↑ちょっとミケズラブ風写真に挑戦(笑

最近、乾いた体に水を流し込むように、ものすごく色々な物を吸収しています。
それがどれも素晴らしく透き通る感覚で、とても気持ちがいいです。
否定から始めたのでは無いのが、きっと良いんだろうなぁ。
by yasutakak2 | 2008-05-19 23:14 | バス

勝手に楽しい釣り

c0025471_19193727.jpg

c0025471_19193728.jpg

c0025471_19193736.jpg

c0025471_191938100.jpg

c0025471_19193881.jpg

を、先週しました!
たくさん言葉にしたいけど、考えるほどに難しくなりましたので、写真のみにて失礼。
あ、私だけアオリイカが釣れなかったから、手を抜いているわけではございません(爆)
みなさん、お疲れ様でした&ありがとうございました。

ps
船長奥さま、料理ありがとうございました。
我が家のオクも、アオリ喜んでいました♪
by yasutakak2 | 2008-05-16 19:19 |

のりきりました

昨日の本番監査、無事に乗り切りました!
お土産もさほど厳しいものも無く。

そして明日は、別件で同じく坂戸工場監査(涙)
今度はたぶん日本一の電機メーカー。
実は昨日の監査準備に力を使い果たし、なんの準備もしていません。
こりゃぁイカンですね。
気を引き締めます。
いくら台風3号発生の瞬間が気になっても、明日は仕事脳100%発揮します。

頼むから邪魔をしないでくださいね(爆)
by yasutakak2 | 2008-05-15 23:30 | ニュース

監査

本日、坂戸僻地工場にお客様が大勢来まして、来週水曜に行なわれる監査の「事前」監査がありました。
某日本一の自○車メーカーさんが、なぜか弊社のような所へ来ると言うので、その対応にてんやわんやでございます。

品質保証とは何か?を深く考える一日でした。
「何を持って保証するか」と言う言葉が、30分に一回は出てきます(爆)
保証と言っても沢山あるのですよ。
工程の保証~製品の保証までと。
奇麗事ではない真実の品質保証とは、実は奇麗事に隠されていると思います。
「目指す」と言う意味を、製造業ゆえに理解しなくてはイカンという事でしょう。

会議途中、携帯電卓を使おうと思ったら、メールが入っていた。
Kebuちゃんなのでこっそり(電卓使っているふりしながら)確認。
なにやら「ヒラスズキとベイトの関係」についての一考がずらずらと。
直ぐに電卓打ってるふりしながら返信。
要約すれば「様々な条件に順番をつけることはナンセンス。なぜなら選べないから。だからカードが最も揃う状況を選択するのが良いのでは?」と言った内容。

直後に仕事モードに戻って、その場て発言。
「保証の度合いは理想とするものが一番ですが、全てが不可能ならば出来る事が多い方法を取るべきと考えます。弊社の状況では@案を選択するのがよく、その上でワンランク上を目指して努力させていただきます」と。
出来ない奇麗事を「やれる」と言って、その場限りでは意味がない。

で、今、自分のオフィスに戻ってきた。
ナカナカの迷言でした(爆)
そして今、ふと思う。
高枝キリバサミの先を加工してみては同だろうか?
過去に一度考えた案であるが、もう一度違う視点で考えてみよう。
と思った。
by yasutakak2 | 2008-05-09 21:27 | シーバス

釣れる時に釣っておく

カツミさんの誘惑に乗り、週末にヒラ釣りに行きました。
夜明けに潮位が高いので、安全策をとって夜中に入り、朝の勝負をたくらむ。

がしかし、夜にKebuちゃんが・・・

ロッド折りました(爆)
しかも私が折ったのと同じ場所&状況で(嬉)
ただ彼の凄いのは、その魚をキャッチしたところですね。
c0025471_22231333.jpg

それを見て「やっぱ夜は無いな」と結論を出し、黙って明方を待つ。

そしたら、やはり来ました!
しかも早朝の1タイム一発ではなく、明らかに群れで入っている様子。
しかしランディングが上手く出来ない(と言うより、ランディングできる場所で釣り出来ない)ので、6ヒット/2ゲットと微妙な結果。
c0025471_22233765.jpg

いやね、実はちょっと落ち込んでいます。
2本ラインブレイクしちゃったの。
やはりこの釣り、ランディングツールが非常に大事。
今回は「落としギャフ」を持って行ったのだが、使う余裕がない事が判明。
数秒間隔でヒラが左~右にドラグ出しながら吹き飛ばされ、その一瞬の隙にリールを巻いて足元まで寄せる。
結局上げられるのはサイズが小さい。
1本は途中で出っ張っている岩にメインラインが引っかかり、本当に虚しいだけのブレイクもした。

でもなぁ、あの状況じゃタモも吹き飛ばされるし。。。
悩んじゃうねぇ。

c0025471_22235538.jpg

by yasutakak2 | 2008-05-07 20:18 | シーバス