色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

太刀魚

c0025471_19315565.jpg

冷凍にしていた太刀魚を塩焼きにしました。

さすが太刀魚。
針が出てきました・
by yasutakak2 | 2007-08-29 19:31

取りこぼし

昨日の魚を捕りに行く。
引き続きベタ凪だが、昨日より潮位が30cm高いので、瀬渡りは少し困難。
昨日の夜はKebuちゃんたちは大人の飲み会と言うことなので、一人でアタック。

少し早めに藤沢を出たので、ベストのタイミングでスタート。
今日は全部のポイントを独り占め!!
右端から全部のポイントを丁寧に叩いていく。
c0025471_19523672.jpg

はい、一本も出ませんね(笑)

最後に「まさかココは・・・」って場所(潮位が高いときには有望なポイント)へキャストしたら、ヒラが慌てて「こら!まて~!!」って感じで飛び出してきた。
ヒットまであと5mmって感じである(笑)
最後に勢いあまって背中が出るほどのシャローで、気がついたように引き返していった・・・

う~ん。
魚は居るのよね。
何かしらの切欠があれば、捕れるって事かな?
ちょっと北風が欲しいと言う気もするね。


8時には藤沢に戻り、クミちゃんと妹親子を連れて、市民プールなる場所へ。。。
ずっと本読んでました。
c0025471_195932100.jpg


昨日はボディーボードもやったし・・・
c0025471_200541.jpg


いまさら夏を満喫ですな!
by yasutakak2 | 2007-08-26 19:48 | シーバス

秋開幕

今年の夏は、久しぶりに夏らしく・・・

さて、そんな事を言っているが、磯はすでに秋モード。
去年の実績でも、お盆明けの大潮から始まることを確認しているのである。

早速いつもの磯にアタック。
潮位も波も低いので、早朝ワンタイムのチャンスを拾う釣りである。

c0025471_1954348.jpg

同行者はKebuちゃんとツバッキー君
二人へ本命場所の右岬を譲り、私は中央の岬へ入った。

狙いは先端ブレイクと、左側面の潮位が下がると出来る流れ出し。
まずは先端でベイトを追うボイルを待つ。
待つ
待つ・・・

出ない(涙)
仕方なく側面部へ移動。
ルドラSPを投げ倒すが、ノーバイト。
ちらほらベイトが見えたので、サイズダウンでワンテンにチェンジし、丁寧にサラシを通した。
その一投目。
さらしの切れ目でストップした瞬間に、真横からヒラが飛び出した。
でも乗らない・・・。

その後、数箇所をローテーションしたが、反応が無いので二人の場所へ。
話を聞くとKebuちゃんが2バイトあったとの事。
「ルアーサイズ落としたら出たよ」と言ったら、すでにKebuちゃんも気がついていたらしく、小さめのミノーを使ったとの事。

何かしら魚を釣りたいので、今回は底物狙いで秘密兵器導入した。
c0025471_19293199.jpg

バイトは在る。
ピックアップするとカジラれた跡も・・・
c0025471_19302471.jpg

やっぱりコイツでした(笑)

その後はまったく反応無く、暑いので海水浴を実施。
水中以外はまだまだ猛暑ですね。
by yasutakak2 | 2007-08-25 19:00 | シーバス

落としどころ

今回は東京湾でライトジギング。
実は湾口でシイラの予定だったのですが海況が思わしくなく・・・(又しても)
太刀魚&鯖&イナダが良いと言う情報を村岡さんがキャッチしていたので、急遽変更となったのでした。
さて今回は釣果も当然求めているのですが、それよりも村岡さんとKebuちゃんを会わせた事のほうが大きな意味を持っているのです。
湾奥のカリスマでありながらも、いつも分け隔たり無くお付き合いをさせて頂いている村岡さんですが、はたして一回もコンタクトを持ったことが無いKebuちゃんを、快く向かい入れてくれるかがちょっと心配でした。
ただ、Kebuちゃんは突っ込みどころ満載の人間では在るが、非常に環境適合性も高く人間的に安心して紹介できるとは思っていた。
特に釣りに関してはね(笑)

そもそも、私が村岡さんのファンになった切欠は、ただ単に「釣りが上手い」とか「メディアに出ている有名人」といった理由ではなかった。
彼がリリースするネットの情報(開発に関する考え方)が、あまりにも「私が置かれていた状況と似ている」という事から、勝手にメールを送り付けたのである。
その後何度かメールでやり取りをしたり、当時私が管理していたホームページにリンクを貼ったりする内に、「一度会いたいな~」と思い、TSST(東京湾のシーバストーナメント)へ参加させていただき、初めて会うことが出来たのである。
その時の事はもうあんまり覚えていないが(笑)
つうか、彼が有名人だって事を知らなかったりする(爆)
逆にそれが良かったのかも。

で、今回の釣行。
Kebuちゃん同行を快く許可してくれました。

4:30にマリーナ集合と言うことで、遅刻はありえない為に2:00から現場で寝ていました。
5:00に出船。
c0025471_1355811.jpg

これまた私は初めて会うカンちゃんと、合計4人で一路金谷沖を目指す。
途中で小さなナブラを見つけたが、小さすぎて反応しない鯖のようで、ちょっと打ってからまた沖を目指す。
c0025471_1361878.jpg

7:00頃に目的地へ到着。
魚探へ反応が出ているということで、ココから探り始める。
が、しかし、いまいちの様で。
しばらくすると、沖に遊魚船の船団が出来たのでそこへ行ってみた。
c0025471_138080.jpg

何度か船を入れなおすと早速反応があり、村岡さんが太刀魚をゲット!
c0025471_1365376.jpg

続いてカンちゃんがゲット!
c0025471_1372127.jpg

Kebuちゃんもゲット!
c0025471_1373816.jpg

おお、凄い!
みんな釣っているのに、私だけ釣れない(涙)
この状態が2時間(滝汗)

非常にヤバイね。
村岡さんが気を使ってくれて、「フォールの早いジグが良いですよ!」と、アドバイスをくれる。
カンちゃんが気を使ってくれて、「20mで釣れたよ!」と、アドバイスをくれる。
こういう時ってアレね。
何言われても焦るだけ。。。
それを見てKebuちゃんが、「工藤さんヤバイんじゃないですか!」とちゃちゃを入れる(爆)

数十分後、村岡さんがジグを貸してくれました(笑)
これで何とか太刀魚ゲット。
c0025471_1383671.jpg

マジでホッとしましたよ~

一同お腹が減った&暑さにやられてきたので、千葉側の小さな港に上陸。
初めて知ったのだが、プレジャー用の係留場所があるんですね。
c0025471_138573.jpg

港の横にある食堂で食事を取った。
ココ良い!!
安くて美味い!!
絶品は「ナメロウ」と「ウルメの刺身」でした。
c0025471_1391239.jpg

運転手は飲んではいけませんので、お水で乾杯(笑)

後半戦は東京方面に戻りながら、タコ&スズキを狙うためにシャローへと向かう。
一投目、ルドラに何かがヒット!
激しくドラグを鳴らしラインが出て行く。
村岡さん曰く「メーターオーバーのスズキか、エイですね」と。
あぁ、こりゃぁエイだ。。。
張り付き始めた。
強引に寄せようとした時に60ポンドリーダーがラインブレイク。
おそらく太刀魚で傷ついていたと思われる。
Kebuちゃん曰く「工藤さんの敗北宣言を聞きたかったなぁ~」と。
いやいや、太刀魚ですでに宣言しましたから(笑)
c0025471_1393886.jpg

その後、もう2箇所ほどストラクチャー周りを攻めて、ストップフィッシングとなった。
今回の釣り、私の釣果を除けば非常に楽しく出来ました(爆)
初めて会う人達が、こんなにも打ち解けあい、ワイワイと遊べるってのは、本当に素晴らしい事だと思う。
共通の物差し(今回は釣り)を通して出会ったら、誰とでも打ち解けるかと言うと、実はそうでもないよね。
ある線を越えた場所に居て、そこでお互いの行動を認め合う事。
これは意外と難しい事だと、今までに何度も痛感してきた。
だからこそ、最終的には『人間性』が大事なんだよね。
その辺が「ただ釣りが上手い」というのと、大きな違いなんだと改めて感じさせてくれた釣行でした。
Kebuちゃんが村岡さんに会って何かを思ってくれたなら、それは私の中での一番の結果だと思う。
一人だけ釣果が悪いと、その辺でオチを付けるしかありませんな(爆)

村岡さん、終始操船お疲れ様でした!
カンちゃん、あっちでも頑張ってください!
Kebuちゃん、会社クビにならない様に頑張って!
by yasutakak2 | 2007-08-20 12:03 |

シイラ日和

不調

以前、バイオリズムの話をしたが、どうやら今回も・・・

本日はKebuちゃん仕立ての庄三郎シイラ。
事前の天気予報では曇りや雨の繰り返しだったのだが、開けてみれば快晴シイラ日和でした。
メンバーは13人で船長は尾上君。
その中でミヨシをツバッキー君とKebuちゃんと私と、3人でやる事となり(強制)、「これで釣れない事も無いな・・・」と、半分余裕をブッコいていました(笑)

が、しかし・・・(最近こればっかり)
朝一の潮目で纏ったペンペンを見て、そこから大物狙いで大島方面へ向かったのでしたが、これと言った潮目も無く、浮遊物も無く、フラツキも無く、延々とクルーズ状態が数時間。
意地でもミヨシでシイラを見つけたかったのだが、残念ながら姿を見ることはありませんでした。
c0025471_1335284.jpg

一度大きな鳥山にむかったのですが、残念ながら間に合わず、そこから平塚へ引き返すこととなりました。
でもね、その鳥山の中で、すごい事が起きていたのです。
遠めに見えたあのボイル。
シイラじゃ無かったね。
ブリでもない。
もっと大きかったです。
750ccぐらいのバイクがハイサイドで吹っ飛ぶときに見えるシルエットと酷似していた。

あれに対応できるタックルは、今回の船には2本しか無かったはず。
1本は尾上君が持ってきたリーダーがストローみたいなタックルで、もう一本がKebuちゃんのマグロタックル。
今回はギリギリで間に合わなかったが、あの鳥山に突っ込んだときに対処できるタックルは、近日中に手に入れる必要がありますな。

引き返す途中、真鶴沖で大型のクジラやハンマーヘッドを見た。
旬の見世物ですね(笑)
c0025471_1333116.jpg

この人はまた死んでいます。
最後までミヨシで粘りましたが、今回は朝一でバイトを取っただけの完全丸坊主(涙)
c0025471_134359.jpg

下船時に尾上君が「今日はほんとに渋いですね。もっと良い時にやりましょうよ(笑)」と、言ってくれたが、実は私がシイラへ来たときに『良かった日』は一度もありません。
庄三郎に限らず(爆)
60リッターのクーラーボックスを「持っていくかどうか?」で悩んでいましたが、まったく要らぬ心配でした。
c0025471_1341270.jpg

打ち上げ後、Kebuちゃんとまた打ち上げ。
本日は鵠沼海岸のクミちゃん妹の家にお泊りです。
明日は東京湾で、シイラ改めライトジギングで太刀魚狙い!
by yasutakak2 | 2007-08-19 10:09 |

はや!

携帯電話、もう来ました。
先ほどauから連絡があり、今日引き取りに行ってきます。

さてと今週日曜は久しぶりに仕立てのシイラ。
場所は庄三郎丸という事で、何を持っていこうか悩むところ。
何時ものパターンなら、「ジグ用がGクラフトの短い方にツインパの4000H&PE」で、「シイラ用がメジャークラフトの長いのに、ステラ8000&ナイロン」をもって行くのだが。。。
実は一本ロッドを追加した。
オフショアスティックの8fである。
しかもGT用だったりする(笑)
リールは現在選考中。
というのも、98ステラの10000を買って、GT用に16000のスプールを購入(もちろん中古)しようかと思い、ヤフオクやタックルベリーなどを回っているのだが・・・
イマイチピンとこない物ばかりなんだよね。
出来ればハイギヤモデルが良いのだが、どうやらそれは贅沢のようで、出品されている物は殆どがパワーギヤである。
何でかな?
みんなジギングで使うのかな?
その辺が引っかかるので、思い切って購入に踏み切れないで居るのである。

そうそう、とりあえずGTは行ける事が確定したみたい。
Kebuちゃんが頑張ってくれました。
ただ不安なのが・・・
全員海外旅行初心者なのである(爆)
まぁでも私以外の二人は「大卒インテリクラス」なので、きっと言葉に困る事は無いのでしょう。
きっとネ。

うん?
私は高校の時は英語やっていませんよ。
必修にはありましたが、出席しかとっていません。
カリキュラム上、授業は90分ありましたが、最初の5分だけ出席してからボクシングをやっていました(笑)
いやぁ、クラスに本物ボクサーが居ましてねぇ(爆)

シイラの翌日はまたシイラに行きます。
でもコチラは天候しだいという事で、かなり厳しそうですね。
どう見ても天気予報から雨のマークが取れません。
私がソルトの世界に入る切欠になった人と、久しぶりに会えるという事で、1ヶ月も前から、とても楽しみにしていたのですが(涙)
コレばっかりは仕方ないかもしれませんなぁ。
今日までの猛暑をもたらした高気圧が、あと1踏ん張りしてくれれば・・・
でもこの高気圧の衰退は、秋のヒラシーズン開幕をもたらす目印でもあるのです。
自然で遊ぶ限り、そこにシフトするのもまた楽しいことではあります。

あんまり意固地にならないようにしましょう。
ね?
by yasutakak2 | 2007-08-17 13:52 |

復活

携帯復活しました(笑)

昨日の夜、auに行ってあれこれ。
主な原因はバッテリー端子(内部)の塩による腐食と判明。
お姉さんが一生懸命磨いてくれ、他のバッテリーを居れてアダプターを接続すると、誤作動を起こしながらも再起動に成功。
でもなんだか微妙で・・・
角度によっては電源が落ちる(涙)
物理的におかしい「ひねり」を入れること5分。
奇跡的にアドレスを落とす事に成功しました!

毎度毎度、ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。
前回は会社のトイレ。その前は相模川河口のテトラだったかな?
アドレスを送っていただいた皆様、厚く御礼申し上げます。

で、さすがに「もう使えませんよ♪」と言うことで・・・
機種変更をしてきました。

携帯機種変更で毎度悩むのが、「防水機能」と「カメラのスペック」です。
今までに両方を満たすものが無くて、いつも悩んだ挙句に「カメラ」を選んできました。
私、写真撮るのが好きなんですよ。
でもそのフィールドが水際だったり、砂嵐の中だったり・・・
「デジカメ使えば良い」とも言えるのだが、ブログの更新を携帯からやるもんでねぇ。
それに非常時の為に、出来るだけ携帯は持っていたい。

で、今回も大いに悩んできました。
候補は2つ
500万画素の「デジカメより良い」携帯電話付きカメラ。
200万画素の「気持ち防水付き」カメラ付き携帯電話。

う~ん。
今の携帯カメラが300万画素なもんで、スペックダウンはきついなぁ。
でもいくらカメラが良くても、ドボン(最近は「ザバ~」だけど)したら意味無いし・・・

散々悩んで、後者のカメラ付き携帯電話(W52CA)にしました。
洗心さんもメールで「防水にしたほうが・・・」といってましたしね♪
メーカーはカシオ製の物です。
なぜなら・・・
実はカメラのスペックは、単純に画素数で決まるわけではないのです。
他の要素が沢山あり、やはりカメラメーカーの携帯は一歩秀でていたりします。
エンジンの問題ですね。
それともう一つ、サンプルの待ち受け画像が「かわいいカツオの絵」だったのです。
これで落ちました!
なんか、いかにも「海で使えます」みたいな・・・(笑)
でも欲しい色が在庫切れ。
契約だけして、貸し出し携帯(今までと同じやつ)を借りて帰ってきました。

一緒にクミちゃんも機種変更。
彼女の携帯は、フタを閉じると電源まで落ちると言う、大変エコな代物でした。
まぁエコ機能は時代の流れに合っていてよろしいのですが、携帯電話としては意味が無いですね(爆)
周りからは化石と呼ばれ続けていたのですが、ココに来てようやく決心が付いたようです。
チョイスしたのはウォークマン携帯(W52S)でした。
ただ、二人とも時代の進化に付いていけてないので、商品説明の半分も意味がわかりませんでしたが、最近の携帯はスゲェんだと言うことは判りました(笑)
でもあれね、マイクロソフトが散々ビスタを推進しているのに、OSはXPにしか対応していない辺りが良くわかりませんでした・・・
まぁ戦略上、色々とあるのでしょうが。

しかしクミちゃん、ウォークマンとして使いこなせる日はいつになるのでしょうか?
これだけ機能があると、使い手のスペックも求められてしまいますね。
その辺りのバランスを考えると、やはり私なんかは「お年寄り用携帯+カメラ+防水」のスペックがちょうど良いと思います。
ワンセグだとか、全然要らないんですよ。
昔あったGショック携帯のカメラ強化バージョンが出て欲しいと切に願います。
by yasutakak2 | 2007-08-16 09:42 | ニュース

お盆の正しい過ごし方。

今年の夏は、トリップはしない。
と言う事で、普通に土日休みを使って伊豆に行ってきました(爆)
まぁ愛嬌です。

実はまた私の知らないところで、実家の皆様が旅行に行く事を嗅ぎ付け、金曜の夜に父親へ問い合わせてみたところ・・・
「今伊豆だ。なんだ?来るのか?」と。。。
で、金曜の午後に仕事(群馬の高崎で監査)を終えて、伊豆に向かう事が決定。
ただ、クミちゃんは夕方に藤沢に行かなくてはイカンという事で、伊豆半島の某駅にて夜にピックアップする事にした。
今回は親孝行を兼ねてリゾートのみ!

で、当日。
命がけで仕事をコナシ、16時には何時もの磯に入った。
本日満潮16時半の潮位が145cm(笑)
一瞬躊躇し、どこかの河口にでも行こうと思ったが、小田原~厚木に乗った瞬間に覚悟を決めた。
あの早朝のボイルが、きっと夕方にも起きると思いこんでのアタック。
まぁ波高0.5なら、そんなに問題は無い。
ただ、完全に暗くなると厳しいので、1本獲ったら帰ることを心に決めてのアタック。

で、、、
玉砕です。
ボイル?
そんな物、一回も出ませんでしたなぁ。
ベイト?
居るけど、ルアーにビックリするだけ。
青物?
二時間中、1.5時間はジグ投げてましたが。。。
ヒラ?
何時もの右ポジションで、ファーストキャストに叩く様なバイトが1回(涙)

帰りに沈み岩に思いっきり膝蹴りカマシて、泣きそうになりながら帰路につく。
けどスゴイんだぜ!
何がスゴイって、往きに同じ岩に膝蹴りして、泣きそうになっていたのに、全く同じ岩に帰りにもカマス所がスゴイよね。。。
やっぱりさ、ルアーは角度を変えて通すのが大事じゃない?

1時間後にクミちゃんをピックアップ。
帰省ラッシュを警戒して、この時間に移動したのは「ほぼ正解」だった。
予想外だったのは伊東で花火大会をやっていたこと。
c0025471_17342844.jpg

でも今年初の花火を、ゆっくりと通行止め渋滞から見れたからイイや♪
伊豆高原に着く頃には21時を回っていたので、何時ものラーメン屋に入って遅い夕飯を取った。
マスターに「コレから釣りか?」と・・・。
クミちゃんにはカニがサービスで付いてきた所を見ると、顔を覚えられましたな。
いっぱい釣れたら持って行く場所が増えた(爆)

宿に着くと、姪っ子が頑張って起きていた。
到着の挨拶をし、しこたま飲む。
明日はプールに行きたいそうで、念を押されて眠りに付いた。

2時間後、目覚ましは鳴ったらしいが・・・
私は気が付かなかった。
クミちゃんがキチンと消してまた安眠(笑)

数時間後に起きて、プールへ出発。
伊豆高原、実はお洒落な場所だったらしい。
まぁあの人達と来てたら、絶対にこういった場所には来ないでしょう。
c0025471_1735050.jpg

完全にリゾート。
c0025471_17351497.jpg

うっかり飲みすぎて、カンカン照りなのに爆酔してしまい、痛いほどの日焼けをしてしまった。
久しぶりのプールは楽しかった。

夜には姉貴のダンナが到着し、またしこたま飲んだ。
だから翌朝はスロースタート。
4時に八幡野の磯に入る。
が、しかし・・・
既に満員状態。
知らない親父に「ワラサ来てるぞ!早く準備しろ!」と言われたが、この狭い磯の何処に入れば良いのか・・・
しかもクミちゃんもいるしなぁ。。。
と、言う事で、親切を頂いたのだが丁重に断り、隣のワンドのゴロタに入った。
c0025471_17354394.jpg

青物は圧倒的に岬の先端が良いよね。
c0025471_17355843.jpg

波気がある場所でヒラを狙ったが、やっぱりノーバイト。
宿に帰ってまた寝た。

2時間後、海水浴に行くということで叩き起こされる。
うん、まぁこう言うのも良いかも。
c0025471_1737792.jpg

イモ洗いとは正にコレ。
c0025471_1739314.jpg

ちなみに日焼けが痛いので、ラッシュガードを着てます。
生まれて初めて「海の家」なるものを借りた。
快適では在るが、イマイチ海遊びの満足感が得られない。
という事で、12時には脱出して某港の方へ行き、シュノーケルで色々と遊んだ。
まだまだ伊豆の海も捨てたものじゃないですな。
c0025471_17395267.jpg

美味い物を食べ、美味い酒を飲み、家族と良い時間を過ごす。
何時もは置いてきぼりを喰らってきたので、ここぞとばかりにダラケて来たよ(爆)
月曜(本日)は仕事の為、早朝4時半に伊豆高原を出発し、3時間丁度で帰ってきた。

これがお盆で無い日にやったら、何時に付くだろう。
ひょっとしてそのパターンはありだろうか?
脳みそ豆腐状態で仕事にならんけど。

追伸
何時もの磯で携帯電話をドボンしてしまい、データが死亡しました。
コレを見た方々、申し訳ございませんが携帯アドレス及び電話番号を『名前をつけて』、下記アドレスへ送っていただけませんでしょうか(涙)

yasutaka@kudo-p.co.jp
↑パソコンのアドレスです。
by yasutakak2 | 2007-08-13 17:42 |

フィッシングトリップ夏の陣

今年のトリップ夏の陣は中止。
土日以外は仕事します。
変わりに9月にお休みいただきます。

以下理由
1 ISOの定期審査の為に「後回し」にした業務の整理
2 今週発生した不良対策に追われる
3 帳票類作成を急ぎたい

以下ホントの理由
1 わざわざ旅費が高く付く時期に行くこと無い
2 秋口シーズンのほうが釣れる
3 お盆は混んでる=釣れない

と、言うことですなぁ。
19日はKebuちゃんたちと庄三郎仕立てシイラ。
これ楽しみ。
20日は別口で東京湾発でどこかに行くシイラ。
これ楽しみ。

そうこうしているうちに秋が来る。
去年果たせなかった『カツオ漁』がやってくる(魚来なけりゃ意味無いけど)。
これも楽しみ。

この辺で大型連休投下(爆)
GT釣りたいなぁ。。。
Kebuちゃん、頼みますよ!

もちろん台風絡んだらヒラ三昧。
これも楽しみ。

日々過ぎて行き、潮が変わり、旧江戸ウェーディングもありますなぁ。
これ得も楽しみ。

ウェットスーツが辛くなり、合羽を着て瀬渡りするころには、その沖に大きな鳥山が立つ。
ブリですなぁ。。。
これも楽しみ。
アルテミスさん、今年もよろしくお願いします。

冬が深まり生命感がなくなるころ、磯の雪虫と戯れながら「ブーツがもう一つ欲しいなぁ」と思うのも、またこの釣りの良い所。
タイミングを見てヤエンをまたやって見たいと思う今日この頃。
冬の深夜、R135のコンビにで買う大盛りタラコスパゲッティーは、下手なラーメン屋の「それ」より美味しい。

忙しくて困ったな。
by yasutakak2 | 2007-08-09 12:03 |

旅人と思い出めぐり(上越)

行ってきました新潟上越。
べつに台風を追っかけてきた訳ではありません(笑)
1ヶ月前に決まっていた事です。
目的は上越市立水族博物館に行く事。
毎年夏の間だけ、江ノ水からイルカ&スタッフが出張で上越に行き、イルカショーを開催しています。
で、その応援(?)をしに行きたいという事で、元MC(現在は横浜で看護士)のアイちゃんを拾い、3人で行って来たということです。

途中、色々と寄り道。
c0025471_17204282.jpg

昼過ぎに到着。
c0025471_17211022.jpg

さてこの上越の水族館。
地震の影響もあり、例年よりお客様が少なめとの事。
クミちゃんに付き添って、方々へ挨拶回りをしながら、水族館の中も見て回る。
この水族館、ある意味で江ノ水より面白い。
派手な演出は無いが、展示飼育されている種類が、良いところを付いている。
c0025471_17212569.jpg

こんなのや
c0025471_17213796.jpg

こんなの

次に外の展示を見ると、マズ目に付いたのが「無駄に多いペンギン」の群れ。
c0025471_17215858.jpg

普通にエサをあげている所を「飼育ショー」としている辺りが微妙ではあるが・・・
イルカのショーは、何時もの江ノ水スタッフがやっていますが、MCや音響さんは現地や専門学校の生徒さんたちが構成をしている。
c0025471_17221572.jpg

みなさん、頑張っているようです。
ローカル色は出ているが、それでもこのショーを毎年楽しみにしている人達が居る限り、何時までも継続して欲しいと思いますねぇ。
「トンボの誘惑」というイベントもやっていた。
c0025471_17235065.jpg

個人的には楽しいが。。。
c0025471_172412.jpg

クミちゃんは不満のようで。。。
c0025471_17245528.jpg

で、ついでにスタッフから現地の釣り情報も収集して回る。
幾つかの効果的な情報をゲットし、夕マズメ狙いで出発。

先ずは直江津港。
事前情報及び釣具屋情報でも、太刀魚が好調との事でかなり期待。
しかし、何処に行けば良いのか解らない(涙)
なんとなく釣り人が居るところに近付き、釣りをしながら情報を得る。
c0025471_17244060.jpg

(釣れる気がしない釣りは、けっこうツライ・・・)
どうやら、最近噂の太刀魚ポイントはココでは無いらしい。
もう少し先にある大きな埠頭へ早朝に入るのがヨロシイとか。
ふむふむ。
「では、いったん戻りますか」という事で、水族館夜の部スタート。
c0025471_17253441.jpg

人間関係のすき間にある、動物としての本能をかいま見た・・・
c0025471_17262185.jpg

良い気分で、二人で直江津の寝静まった街を歩く。
明日は釣れると良いな♪


AM4:00起床。
起きた瞬間にまた寝た(爆)
だってまだ酔っ払っているんだもん。

数時間後に埠頭へ。
c0025471_1726693.jpg

なにやらベイトも居る。
しかし釣れん。(当たり前か?)
ビクを落としたオッチャンや、その他エサ釣り師と色々と話をした。
一回、港の出口付近に、ちょっとだけナブラが立ったが、フルキャストの3倍の位置であり、全く持って釣る気が起きない。
でもね、始めて来た日本海(釣り以外では来た事在り)は、思ったよりも好印象。
なんかね、砂漠に来た感じ。
一番ビックリしたのが、駐車場が何処に行っても無料だって事。
あと、太陽が何時もと逆側にあるのが気になった。
c0025471_17302799.jpg

しかし釣れん。
c0025471_17273976.jpg

諦めて何箇所かサーフ(海水浴場)や河口を見て周り、気になっていた港へ。
c0025471_17294468.jpg

ここは小河川が流れ込む脇にある、沖に突き出た形の港。
c0025471_1730942.jpg

う~ん。
久米島の港にイメージが似ている。
秋の青物シーズンに来たいですなぁ。

これにてタイムアップ。
まさに「下見をしただけ」で終わりました(涙)
昼には、上越へ来たもう一つの理由である『ヘギソバ』を食べに行った。
c0025471_17304148.jpg

帰りの運転があるので、残念ながら日本酒は飲めなかったが、それでもやはり美味しく頂く事が出来た。
数年前に中目黒にある『ヘギソバ』を食べてから、ず~と本場で食べたいと思っていたので、すこぶる満足!
帰りの関越は渋滞42km。
富岡から下道で帰りました。。。

おや?
なんか久しぶりにフィッシングトリップをしたような気がする。
見知らぬ地へ赴き、美味い物を食し、釣れない釣りをしながら、その地の空気に馴染んでいく。
そこでの一期一会があり、自らの戒めを感じ取る。
これを求めて旅をしていた日々があった。

今、生活環境が変わり、なかなかそういった旅をすることが出来なくなっても、それはきっと『自分が一歩戻れば直ぐに在るものだった』と言うことかもしれないね。

上越の街と自然と、その人々に感謝。
by yasutakak2 | 2007-08-05 17:13 |