色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

体の異変

最近、体の異変がやたらと気になります。

1 ヒザ裏の激痛(運動時)
2 右目眼球の痛み(たまに)
3 右肩→右腕→右肘→右小指に繋がっていく激痛(1日数回)
4 右あごから心臓にかけての圧迫感を伴う鈍痛(週1回)

なんかな~。
急に来た気がしていたけど、じつはすべて思い当たる節がある(笑)

1 ヒザ裏の激痛はレースの後遺症
2 右目眼球の痛みはPC使いすぎ
3 右肩→右腕→右肘→右小指に繋がっていく激痛は、釣りとPCの合併症
4 右あごから心臓にかけての圧迫感を伴う鈍痛は、虫歯ではなかろうか(笑)

一度、完全に分解清掃してみたいです。。。

今週末はヒラスズキ!
と、行きたいのですが、高気圧に覆われそうな。。。
by yasutakak2 | 2007-05-31 15:55 | ニュース

ISO

今週は仕事。。。

昨日、ISO9001の内部監査が終了しました。
監査対象プロセスは4箇所。
私が監査員として担当したのは2箇所と、被監査として品証プロセスを担当。
で、私、前任部長が脱走したので、現在はISO管理責任者代行をすることになっています。
だから、今週はお仕事。

昨日Kebuちゃんに確認したところ、ツバッキー君を連れて南伊豆に行くとのこと。
今回は潮位も低く、先週とは違った展開になると思われます。
ただ、現在AM8:30なのだが、未だに連絡が無いところを見ると・・・
ホゲリましたか?
今日こそはツバッキー君、釣れると思うんだけどなぁ。
まぁ、この釣りばかりはなんとも言えないか。
同行者も若干呪われてる節があるし(爆)

Kebuちゃんは、QMSをヒラに取り入れたら、かなり良い線行くんでないの?
by yasutakak2 | 2007-05-26 08:30 | ニュース

良い波来てます

今週は良い波が来ています。
低気圧が停滞しているからね♪
ただ、日帰りで行くので場所は慎重に。
一番近い、何時もの磯は、夜明けの潮位150cmなので、何があっても入れない(笑)
つうことで、3日前から続いていた場所決め議論は、「南伊豆」へ行く事で幕を閉じた。

1:40に花水河口に集合。
例によってKebuちゃん忘れ物により、スタートが30分遅れる(爆)

最初に向かったのが、田牛の磯の奥地。
最近、山道をショートカットできる駐車場が完成し、かなりアプローチが楽になった場所。
でも15分は歩き、ポイントへ。
夜は明けてしまっているが、そこそこに良い感じ。
しかし・・・
思ったよりもサラシが出ず、3人ともノーバイト。

しかし、「まぁ、まだまだ、他の場所があるから、そこに期待しましょう」と話をしていたら、いきなり本日のクライマックスが訪れる。

「ロッド、折れちゃいました」
c0025471_14245777.jpg

もうね、たまらんよ(笑)
解っています。
判っているけど、お約束過ぎて・・・(笑)
ツバッキー君、それは誰もが通る道です!!

次に向かったのは、下田の釣具屋。
ここでツバッキー君、NEWロッド購入。
1500円の投げ竿。

で、さっそく向かったのが、実績のある島の横の地磯。
ここは桂丸で回った時に目を着けていた。
ルートは先週、Kebuちゃんとツバッキー君が対策済み。
せっかくなので、もっと近いルートを探したが、残念ながら崖の上に出てしまい撤収。
磯に出ると、抜群のロケーション。
Kebuちゃんが良い場所に入ったので、その左側に続く磯をなめていくポジションに入った。
タックルセットして、磯際に入り、さぁキャスト!
その直後、ライナーで波を被る。
久しぶりに吹っ飛びました。
まぁ、それも予想したポジションについていたので、問題は無かったが。。。
ちょっと火がついた。
かなり丁寧に攻める。
一つの岬を他方向から絡める。
気になる時は間を空けて、何度もラインを変えて攻めてみる。
納得して次の岬。
ここはそうして攻める場所が無数にあるのが良い。
外洋に面した場所と、ワンドの奥。
サラシも、「返す波で出来る場合と、抜けていく場合では意味が違う」事を、かなり意識しながらチェックしていく。
多分1時間ほどかけていたと思う。
ふと、後ろを振り返ると、遠くでKebuちゃんが「↑上がりましょう!」のサイン。
かなり丁寧にやって、結果が出なかったので満足し、合流すると・・・

「3投目に折れました・・・」
byツバッキー君@Newロッドは安物買い
いやいや(笑)
「魂が抜けていくのが見えました」
Kebuちゃん後日談

こんなに日に限って予備竿も無く、仕方なく撤収。
そのまえに、せっかくなので西伊豆に近い場所の新規開拓に行った。
c0025471_14415635.jpg

うん、良い感じ。
すれ違うヒラ師としばし会話。
この辺で、いよいよヒザが限界になってきた。
メタボではありません。
古傷です。
行きは30分、帰りは1時間。。。

車に戻ると、またヒラ師とであった。
話をすると、今行った逆側の磯に行きたいが、相棒がギブアップ(あまりにも険しい為)してしまったとのこと。
「うちの相棒をどうぞ!」
c0025471_1446757.jpg

見えるかな?
中腹に2人いるのだが。。。

その間に、気になるゴロタを攻めるがノーバイト。
1時間後、知らない人にくっついていき、地獄を見た男が帰ってきた。
「もう誰も信用しません。だいたい、ヒラをやっている人で、まともな人を一回も見たことが無いんですよ!」
うんうん、行きたい場所にいけるって、すごい良いことだよね(爆)

その後、もう一箇所見学に行き、本日の釣行は終了。
3人ともノーバイト。
状況はかなり良かったのだが・・・
何人かのヒラ師と話しをしたところ、良い場所と悪い場所がハッキリしていた。
共通しているのは「明け方に釣れた」こと。

まだまだやれる事があるって事ですかね。。。


翌日日曜。
たまにはバスでも釣ろうかと、ゴールデンウィークにベッチとイノリが大敗したリザーバーへ。
魚はいるね。
でも食わん。
つうか、アプローチミスの連発。
3回は釣れた筈をミスで落とした。
c0025471_14552058.jpg

まぁでも、久しぶりに「自分の釣り」を思い出したかな。。。
食わせる釣りではなく、良い魚を探す釣り。
いつの間にか、感覚が狂っていたみたい。

↓この人は本当に狂っているみたい。。。
c0025471_14564249.jpg


明けて月曜日。
朝一にKebuちゃんからメール。
「車の中に財布落ちていませんでしたか?」

いやいや、疲れたね。
by yasutakak2 | 2007-05-21 14:58 | シーバス

フィッシングトリップIN伊豆ヒラスズキ(最終日)

ヒラスズキを狙う船がある。
この事を知ったのは、はるか数年前である。
当時、何の知識もない頃に、たまたま見た雑誌でヒラスズキを知り、たった一人で挑戦を決め、ネットで情報収集をしていた時に「伊豆 ヒラスズキ」でヒットしたのがこの船だった。
当時は「誰も居ないところで、自然のあるがままの姿の魚を釣りたい」と思い、ヒラスズキに惹かれていたので、当然この船に乗ることは考えていなかった。
ただ、一度は乗ってみたいと思っていたのも事実。
それは「どんなことをしてもヒラを釣りたい」と思う気持ちと、「プロセスを充実させなくては、ヒラを釣る意味がない」と、思う、自分の中の葛藤があった。
そして出した結論。
「磯でヒラを釣ることができたら、船に乗ってみよう」だった。

あれから数年。
まだまだヒヨッ子であるが、伊豆でヒラスズキを釣ることができる様になった。
条件が合えば、確立も低くはない。

ぼちぼち、船に乗る資格ができたのでは・・・と思う。
伊豆桂丸に電話をしたのは、それから数日後である。
電話で状況を聞く限りでは、それほど良くもないが「毎回1本は釣れる」と言うこと。
押さえに100g前後のジグを準備してほしいと・・・。
これで火がついたのがKebuちゃん。
船での釣りは、彼のほうが全然経験もあり、実際に上手である。
最近はシイラでは飽き足らず、カツオ・ブリ・アオリと、かなり活躍の場も広がっている。
また、道具の見立ても完全にそっちより(笑)
ただ、サバはやらないところが、まだまだ未熟ではある(爆)

c0025471_11332030.jpg

朝6時半に菖蒲沢の港に集合。
スタートは7時なので、のんびりと準備ができる。
しばらくすると船長が登場。
かなりご年配の船長だが、ありがちな「感じの悪いジイさん」ではなく一安心。
この船、かなり有名だから、少し覚悟はしてきたのだが、それは余計な心配だったようだ。

準備が終わり、のんびりと出航。
途中、船を止めて、丁寧にレクチャーをしてくれた。
特に初心者のクミちゃんには優しく、旦那としては大助かりでもある(笑)

ボートでヒラスズキを狙うにあたり、注意点は3つ。
1 サラシの外には絶対に投げない(見切りの原因になる)
2 ボートポジションが決まるまでキャストしない(安全のため)
3 引き波で、岩肌が出るのを確認してから投げる(根がかり防止)
まぁ、どれもわかりやすい事ばかりである。
今年の初めのブリから思っていたが、船からのキャスティングの釣りは、トラブルを無くし、不確定要素を排除することが、釣果に直結する。
船長が言うことは、もっともな事ばかりである。

一通りレクチャーが終わり、「では、そろそろ行きますよ。爪木の沖磯からはじめます」と、船首を磯に向けて走り出した。
サラシは薄い。
船長も「ちょっと厳しいけど、粘れば釣れない事もない」と言う。

一つ目の磯に、船を横に付けようとする。
今回はKebuちゃん・ツバッキー君・クミちゃん・私の4人なので、全員が船の同じ側面に並んで、同じ島にキャストをすることができる。
カレントの具合から、何度か入れ替えてポジションを決め、「ハイ、良いよ~」と、船長が合図をした瞬間に、Kebuちゃんのルアーがサラシに着水した。
続いてツバッキー君が正面のサラシにルアーを落とす。
それを見て「はい、クミちゃん、あっちに投げて良いよ~」と、開いている場所にルアーを投げさせてから、私の投げる場所を探した。
みんなは、島の表側の、ぎりぎりの場所へうまくキャストしている。ラインが3本走っているので、私の角度からはピンへのキャストはできない。
でもね・・・
一番おいしいのはそのエッジじゃないのよ(笑)
いつものオカッパリポイントだと、寄せる波が岸に当たり、その払い出しがサラシとなって、波が来た方向へと帰っていく。
しかし、ここは岸から離れた島なのである。
島を波が被り、抜けていった後ろにサラシが出るのである。
しかもこの辺、水深が浅い。
って事は、岸から伸びる岬の先端に、島ができていると考える。
よって、水中に角度がついたブレイクがあり、そのブレイクとサラシがクロスする場所が、一等地なのである。
そして、狙うのは少し深め。
ブレイクについた魚は、追ってこさせてはダメ。
それは散々、あのいつもの磯で見てきたことだった。
追わせて食ってくるのは小さいのだけである。

なぜこんなにウンチクをたれているか?
それはね、
c0025471_129503.jpg

一投目でこれ釣っちゃったから、調子に乗っているんですよ(笑)
ルアーはルドラSP。
クロスする場所でのワンアクション(止めるという事もアクションです)で、一発ヒット。
「ヒット~!」と言ったが、誰も信じてくれてなかったが、船長が気がついてくれて、船を磯から放した。
慎重にやり取りし、ようやくネットイン。
南伊豆のヒラスズキはカッコいい。。。
写真撮ったり、準備をしていると船長が、「こんなに簡単な釣りじゃないからね!もう今日は1本も出ないかも・・・」と。
しかし、それでは終わらない。
次の島でも1投目にヒット。
今度は強引に寄せたが、バラしてしまった。
「もっとフッキングを強くして!口が堅いから追い合わせを3回は入れてよ~!」と、船長が指示を出す。
その数等目にまたヒット。
今度はガッチリとフッキングしていたので、クミちゃんにタモを入れてもらった。
何回か失敗したが、初めての共同作業で、無事にネットイン。
その後も、島を変えると順調にヒットし続けた。

こうなるとあせっているのはKebuちゃんだね(ニヤ)
うちの嫁に「どこに投げればいいの?」と、いつものパターン(前回の富津では、これで言われたとおりに投げて、ヒットしています)に・・・。
そしてら奇跡のヒット!!
c0025471_1213957.jpg

船長が「そりゃぁ赤ちゃんだな・・・」と。。。

出航して2時間ほどして、サラシはどんどんなくなっていく。
本当はもっと沖の島に行く予定だが、ゴールデンウィークなのでどこも沖磯満員。
船長と相談し、アオリ狙いで戻ることになった。
爪木沖から、菖蒲沢に入ると、もうそこはプール状態。
c0025471_12241858.jpg


しばらくやって、干潮になると船が上げられなくなると言うことで、終了となった。
c0025471_12252087.jpg

6ヒットの4ゲット。
久しぶりに同船者をマクッたね。
一人勝ちである。
船に乗って良かった(笑)

c0025471_12272440.jpg

今回お世話になった船長。
通常より1時間早い上がりとなり、しばらく船の上で雑談をした。
昔の写真を見せていただいたら、若い頃の村越氏や、なつかしの西山キャスター(故)の写真があった。

今回は、良いサイズが出なかったが、5月後半は楽しみと言うことらしい。
ただ、土日の予約はあいていないので、残念ながらまたの機会に。
秋も出してくれると言うことなので、次は大きいの狙って生きたいものです。
この船の本当の魅力は、「沖から地磯を見ることができる」事だったりする(爆)
今度行くときは、沖磯よりも、もっと西伊豆方面に行ってもらいたいと。。。

追記
翌日は江ノ島でランチ。
c0025471_12354443.jpg

これぞ、世間で言うゴールデンウィークですな。
by yasutakak2 | 2007-05-03 11:13 | シーバス

フィッシングトリップIN伊豆ヒラスズキ(3~4日目)

3日目

ついにトリップも折り返し。
洗心さんは最終日。
まぁ、天候しだいのこの釣りも、ここまで呪われると「誰かのせい」にしたくなりますね。
ハッキリ言って、過去最低の条件。
たぶんバスに行っても、この高気圧はマイナス方向にしか行かないと思う。
気温や水温が上がるから、一見よくも思えるが・・・
意外とこのパターンは良くないのよね。

しかし何だね。
伊豆に来て、唯一あった魚の反応が昨日のフグのみ。
Kebuちゃんは昨日、仕事のために一時帰宅したが、何気にアオリで満足している様だし。
洗心さんは、いまだヒラ地獄にはまり中。
今日釣れなかったら、何連続ボウズだろうか?
この釣りに誘っておいて、こう言うのもなんだが、そのうちに「綺麗ごとで片付けられなくなる日」がくることでしょう。
そこから第2ラウンドがスタートです(笑)

今日もキッチリ起きて、夜明け前にはポイントに入る。
c0025471_1023744.jpg

昨日はなかったが、海苔を大量に干している隙間に車を止めた。

低気圧の影響か?
若干だが状況が良くなってきている。
ただ、2週間前にはこの辺の水温は19℃ほどだったのに、今週に入り16℃へ下がったまま。
どこに行っても釣り人やダイバーが、それをネタにしている。
c0025471_1035712.jpg

洗心さんは最終日なので、ここでなんとか釣れればいいのだが・・・。
1バイトあったらしいが、キャッチには至らず。
日も昇り、釣れる気配はどんどん薄れていく。

ゴールデンウィークの伊豆は、尋常じゃないほど道が込む。
その為に、午前中の早い時間に小田原まで出たいと言うことで、最後に一箇所だけ「お気軽ポイント」を見に行くことにした。
伊豆のヒラスズキと言えば、誰もが知っている場所。
c0025471_1083357.jpg

弓ヶ浜に流れ込む青野川河口。
なぜかここに来るとホッとする(笑)
c0025471_10141237.jpg

ウェット着てくる場所ではない(笑)
ベイトは確認できたが、まぁ釣れる感じではないね。
c0025471_10152574.jpg

クミちゃんはハナから釣る気ないし・・・。

これにて洗心さんの旅が終わる。
c0025471_10165375.jpg

禁断の「干物」に手を出しましたね・・・
背中が透けてますよ。
フフフ。。。

午後は目が覚めてから小室山公園につつじを見にいきました。
c0025471_1021470.jpg

満開でした!
しかも雨が降っていたから、お客さんが全然居なくて、駐車場もガラガラ。
ただ、露店は全部店じまい(涙)
裏道を使うふりをして、富戸~城が崎を見て回るが、ここもべた凪。
やはり伊豆は稲取りを境に、海が全然変わるね。
あのゴロタが気になる所。
でも焼肉食べにいったので、ビール飲んで終了です。。。

4日目

今日は一番釣りになる予定の日。
低気圧のウネリが残っていればね。
でもね、3日3晩釣りをしてきたので、クミちゃんにサービスをしなくてはイカンのですよ。
ドライブがてら、石廊崎まで。

大瀬は良い感じだ・・・
c0025471_10302482.jpg

数箇所、ドライブをしながらポイントを見て周り、「マイナスイオンをたっぷり浴びれる場所で、お散歩をしましょう」と言うことで、爪木の先端に入る。
あくまでもお散歩なので、ウェットは着ませんよ。。。
c0025471_10322385.jpg

今回のトリップでは、間違いなく一番良い状況。
でもサラシは弱いのである(涙)
ここもノーバイト。

夕暮れに白浜をお散歩。
c0025471_10382647.jpg

ビーチに座り、サーファーを眺めながら「波の質」について、クミちゃんが話をしてくれた。
勉強になりますなぁ(笑)
本日は白浜のペンションに宿泊。
チェックインして、すぐに明日の準備に入った。
c0025471_10375958.jpg

実は明日は船に乗る。
ボートヒラです。
誰もが知っている、あの船です。
だから前半に余裕をブッコいていたんですなぁぁぁぁ。
by yasutakak2 | 2007-05-01 09:34 | シーバス