色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

3D

ただいま金型のCAD図を作っています。
c0025471_13165137.jpg


今までに何度かウッドのルアーを作ってきた。
そして突き当たった壁が、「同じ物作れない」という、当たり前のこと。

ウエイトでバランスを取るのは簡単だが、それはセッティングとは違うと思う。
まずは形状在りき。
当然ながらそのデザインは狙うものがあってこそ。

しかしウッドでは限界。
なぜならば技術が無いから(涙)
マテリアルの問題までもたどりつけていないと思う。

そこで思い浮かんだのが、発泡ウレタンだった。
最初はプロトで石膏ベースの型(過去に掲載)を作ったが、2ショットで破損してしまった。
発泡ウレタンの発泡率もわからん状態では当然といえば・・・まぁ。
ただ充填率と発泡率の兼ね合いを探すにも、これこそコストが掛かってしまうので意味がないと言えば、意味がない。
もともと、「自分で使うルアー」って事で作り始めているので、コンセプトもかなり狭い物となっている。

とりあえず今週一杯で細かい修正を行い、3D図面が出来るので、来週には試作に入れるとは思う。
その後にウッドで作った物とのすり合わせを行い、イメージに近くなったところで塗装に入る。
この塗装は、現段階ではどうでもいいかな(笑)
なぜならば数人にテストしてもらい(勿論コンセプトは秘密)、それに対するコメントを頂こうかなと。
そこは自分と他人のすり合わせってことだね。

そうこうしていると、多分次の形のイメージが出来ると思う。
それを継続していけば、最終的にマグロも釣れるんじゃないかな・・・。
by yasutakak2 | 2006-11-29 13:41 | シーバス

観光地って魚いるよね。。。

どうも体が思うように行かない。
でも週末だし(笑)

ここ数日はヒラよりもマル狙いにシフトしている。
それも東京湾ではなく、湘南のメータークラスをターゲットにした、ある意味では突出した釣り。
これがナカナカ思うように行かなく、かなり苦戦はしているのだが、実は近々結果が出そうな気配がある。
地合い的なものも釣ってはいないが、具体的に何気に掴みつつある。
取りあえず、マズメに絡む満潮は要チェック。
あとは平日をどうするかが問題でもある(笑)

って事で、今週はダツを20本ほど釣った・・・。

明るい時間は、寝るか飯食うか酒のむか。
でも今週は江ノ水な人たちと一緒に八景島シーパラダイスに行ってきた。
c0025471_13543168.jpg

なんでも、昔江ノ水で修行した子が八景島でデビューしたとか。
で、その時の指導の結果を見に行くって事なのだが・・・。
「あいつ、俺らが来てるのに気が付いたら絶対にミスるから、最前列で見ようよ!」
と・・・。
何かがズレている気が。。。
c0025471_13551818.jpg

まぁ、ショーは無事に終わり、その彼の計らいでバックヤードに進入。
c0025471_13562775.jpg


相変わらずやりたい放題なクミちゃんは、無理やりホッペにチューしてもらおうとしたら、頭突きで吹っ飛びました。
c0025471_1356597.jpg

その後解散してからはクミちゃんとデート。
マリーナ沿いにある静かなベンチに座り、ホットチョコを飲みながらマズメの時間を楽しむ。
フリをしながら、さっき見たシーバスが気になってしかたないのである。
バカデカイ黒鯛もいた。
スゲェなシーパラ!!
でも釣り禁止だ。。。
しばらく眺めていたが、残念ながらボイルが起きなかったので「寒いからそろそろ行こうか?」と、優しく言ってみた。

部屋に戻れば島田さんがお腹ペコペコ。
c0025471_13583287.jpg

by yasutakak2 | 2006-11-26 13:52 |

熱に

久しぶりに40度近い熱が出た。
フレンチのフルコースを一皿触るごとに吐き戻す(涙)
人の金で旨いもの食える日にかぎってこんなもんだ。
翌日さらに悪化し、病院でしこたま叱られて点滴をうち、1日活動停止。
翌日は会長の「70年生き延びた祝い」で中華料理。
これも仕事の内と思い、引きつった笑顔を振り撒きながら杏仁までたどり着いた。
そして先ほど保険契約の為の健康診断を終えて、今は湘南へ向かう道中の渋滞の中。
あぁ、風邪治ったみたい・・・
by yasutakak2 | 2006-11-24 13:23

楽しみ方を少し忘れてる気が・・・

今週はISO内部監査の研修があったので、帰るのもかったるいので品川に1泊。
うちの会社の金型部課長も、毎週末はエサ釣りだけど鹿島に行くほどの釣り好きって事で、ボートシーバスを企んでいたのだが・・・
マラソンだかボジョレーのお陰で安い宿が取れず、しかもシーバス船も何処が良いのか解らないので、残念ながら今回は断念。

でも、私は帰りたくないから品川のパシフィック東京の宿を取りました。
インターネット予約で「宿任せプラン」、要するに安い代わりに部屋は選べないってプランがあったので、それを予約。
ただ、1人での宿泊が出来ず、2人以上じゃないと駄目って事なので・・・
翌日も仕事なのにクミちゃんに品川まで来てもらいました。

研修1日目が終わり、クタクタになって、何処から入って良いかわからずに裏口からロビーへ・・・
とりあえずクミちゃんが来る前にチェックインを済まそうと、ヤングジャンプとサラミと缶ビールが入ったコンビニ袋を片手にフロントへ行くと、「工藤様お2名様でご宿泊でございますね。本日のお部屋はスウィートルームですがよろしいでしょうか?お値段は変わりません。」と・・・
マラソンだかボジョレーだか解らないお陰で、部屋がそこしか開いてないんだとか。
「いや、良いも悪いも、こちらこそ良いんですか?」
なんかね、スウィートなのに13000円(笑)
きれいなおネェさんに連れられて(さすがに荷物は自分で持ちました)廊下の突き当たりのでかい部屋の扉が開いた。
そのなかにたくさん部屋がある。
「すみません、ボクお仕事で疲れているんですが、どこでくつろげば良いんですか?」と、まじめに聞いたら「お好きなところでどうぞ♪」と・・・
落ち着くポジションを見つけるのに30分を要す。

c0025471_1757670.jpg

2時間後にクミちゃんが着たので、品川水族館でイルカのショーを見ながらケチを付けまくる(笑)
でもガーラ居たからけっこう楽しめた。
c0025471_17572410.jpg

ボジョレーの日なのでイタリアンレストランに入り、「毎年楽しみにしていない」のでボジョレーではないワインを頂く。

う~ん。
釣れない時は更新に悩みますな。
c0025471_17574333.jpg

品川はクリスマスカラーで染まっております。。。
by yasutakak2 | 2006-11-20 17:58 |

満足だけど、不安でもある

う~ん、厳しいなぁぁぁぁ!
ヒラ狙いに白田川へ行ったのだが、イマイチ攻めきれずに撤収。
明けて翌朝は目覚ましよりもうるさい雷と、トタンに落ちるような雨音で眼が覚めた。
時計はAM5:00だが、これでは釣りになるはずも無い。
2秒だけ起きて、また眠る。
久しぶりにゆっくりとした休日を伊豆高原で過ごす。

夕闇が迫る頃に、宿を後にした。
135が事故で通行止めなので、伊豆スカイラインを使い箱根方面へ。
途中の十国峠では、左には夕日に染まる駿河湾、右には闇夜に煌く相模湾、正面には漆黒の富士山を眺めることが出来た。
午前中に降った雨のおかげで空気が澄んでいたのか、遥かかなたを走る車の灯りが道路の混雑を教えてくれた。

1時間後にその渋滞の中へ。
大磯西から相模川まで1時間30分もかかった。
Kebuちゃん、すでに待ちくたびれモード。
ダツを数匹釣って、鵠沼の焼肉屋に非難した。

なんか最近、魚釣ってないような気がしてならない。
by yasutakak2 | 2006-11-13 13:37 |

進化なのか?

工作機械の見本市へ行ってきました。
「ものづくり」の最先端を謳っております。
c0025471_10264117.jpg

すごい人の数。。。
数百の会社がブースの出展を行い、各社それぞれの思惑を持ち、ココに居るのだとは思う(笑)
品証部としてはやはり、ミツトヨが事件により出展の見合わせをしたのが寂しいところ。
そのお陰でハリキル会社が数社。
c0025471_10265778.jpg

c0025471_10271063.jpg

一通り回って気が付いたのは、元気な会社ほど若い社員(営業部隊)が多く、その対極的に中間管理職風味のオッサンが多いところは・・・まぁ客も居ないよなぁ。
もっとも差が出るのは、各社アンケート取りに必死(アポイント確保)なのだが、そのときのアプローチがえらい違う。
やはり営業最前線に居る若者は、聞かせるトークを持ち、こちらとしても気持ちがよくアンケートに答えられる。
しかし、普段は表に出ていない、さえないオッサンは使い物にならない。
たまに腹が立つこともシバシバ。
頼むから他の業者と話している時に、横からアンケートもって話しかけるのは止めてくれ。

そんな意味で、けっこう楽しめた。
帰りは池袋で飲んで、金型部の実情を色々と教わる。

良い所を伸ばすのか?
悪いところを直すのか?

最善はどっちだ?
by yasutakak2 | 2006-11-08 10:27 | ニュース

本当の姿

本日はKebuちゃんと一緒にカツオを捕りに庄三郎丸へ。
ホントはね、もう少し前に行きたかったんだけど、ヒラとかヒラとかヒラが忙しくて、思うように乗れないでいた。
まぁ相変わらず、旬を逃して釣りしております(笑)

6:30に乗船し、沖合いに向かう。
「見つからなかったらね、2時間でも3時間でも走りますからね、それだけは了承してくださいね。」と、船長がマイクで流すが、30分ほどで船団に到着。
いまいちな様でいくつかポイントを変えながら、ジグを打っていくなか、Kebuちゃんが1本メジを上げた。
その後も何箇所か流しながら打っていくが、思うような釣果が出ず、次第に悲壮感が漂ってくる。
しかしそんな中でも、1人だけ大爆釣する人がいた・・・
ふと振り返ると、まるで戦場へ向かうような雰囲気。
まさに今からノルマンディー上陸しそうな感じである。
c0025471_14311654.jpg

Kebuちゃんは疲れきって死亡(笑)
c0025471_14312582.jpg

右手のスピニングダコから血が出るほどシャクルが、相変わらずノーバイト。
「はい、あと10分でね、終わりにしようと思いますからね、そろそろね、片付けを始めてくださいね」と、言われ、あと1分。
その最後にやっとカツオがヒット!
こんなに嬉しい1本も久しぶりでした。
c0025471_14314966.jpg

さてこのメジ・カツオだが、想像以上に難しい釣り。
聞いた話じゃ「あんなもん、適当に投げとけば釣れますよ」って事だったのだが、全然そんなこと無いね。タナの指示もかなり的確に船頭から言われるし、シャクリの技術もとても重要。
しかも、教えてもらったからといって、「ハイソウデスカ」とは行かないほど技術的に困難な問題で、しまいには体力的問題にもブチあたる。
ジグのチョイスも大きな鍵で、「このジグは釣れる」的な発想では意味が無い。
『「なぜそれが良いのか?」と、「なぜそれを使うのか?」』を考えるのは、どんな釣りでも一緒って事ですね。
「今日は正直、かなり渋い」とは言っていたが、釣る人は釣るのである。
同じ船のミヨシに立ちながらも、圧倒的な釣果の差をつけられた。
技術も知識も経験も違う。
しかしその全てが「理解できていても私には出来ない」のである。
まぁあとはヤルしかないのだが。

今までに、これ以上の差をつけられた事が無く、はっきり言ってショックです(笑)

晩飯はカツオ刺身にドレッシング。
c0025471_14331060.jpg

メジは実家に持ち帰り。

今期、あと1回は行きたいな。
by yasutakak2 | 2006-11-07 14:40 |

ぼちぼちと

今年も冬が来ますね。
ぼちぼちと家出の準備を始めようかと思います。

今年は何処に行こうかな?
第1候補がヒラであるのは変わらないと思う。
なんとな~く、釣る為の条件的なものも見えてきたので、次は場所の開拓が必要だと思う。
南伊豆方面の開拓で数箇所で『釣りが出来る場所』は見つけておいたが、釣果にかんしては確かに皆無。
ただあれ、一人でやるの、厳しくねぇか?(笑)
ある程度の情報も欲しいけど、ネットで入るヒラネタほどあてにしたくない物はない。
「嘘か真か」と言うことでなく、情報発信者側の熱意が痛すぎるほど伝わってきて、情報と言うよりも物語みたいなのばっかりで・・・なんかね?(笑)
じゃぁ私はそんな情報を発しているかと言うと・・・これまた、ねぇ?(爆)
だいたいさぁ、ヒラやっている人でこのブログ見ている人なんて、俺の知る限りじゃ千葉在住の1人と藤沢在住の獣しかいないんだよなぁ。

千葉の人は忙しいみたいだから、さすがに「お願いだから3日間、釣れなくてもいいからここに居てください」なんて、口が裂けてもいえないし。
藤沢の獣は最近ショアジギロッド買ったから、「ココでやるならト○ジの磯に行ってジグ投げましょうよ」とか言いそうだしなぁ。。。
まぁ、それもありだけど。

最近ね、何時もの磯で名前を知らないお友達がたくさん出来た。
石鯛・メジナ・青物・根魚・ヒラ・・・いろんな人たちがいる。
みんなオッサンなんだけど(笑)
でもスゲェよな。
明らかに俺よりも動きが良いし、楽しくやっている。
でね、色んなことを知っているんだよなぁ。
それを小僧な私にいっぱい教えてくれるんだ。
そのネタがとっても素晴らしく、どの話も宝石の如く輝いている。

だからこそ、少し外に行くべきかと思う。
今現在の、ヒラに対する技術的なものが、どれほど他の場所で通用するのか。
しょせん1年通しただけなんだけどね。
c0025471_1731135.jpg

そんな事を踏まえて、今回は東伊豆を改めて回ってみようかと少しだけ思っている。
by yasutakak2 | 2006-11-01 17:04 |