色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夏の終わり

そういえば、今年のお盆に五目釣りをする予定だった気が・・・
遅くなったが今週チャレンジ。
土曜日に釣った魚。
ゴマサバ
マサバ
ワカシ
クミちゃんがヒラソーダ
うん、おしい!
あと1本。
c0025471_1025216.jpg

この後、ノーバイトらしい(Kebuちゃんとクミちゃんしか釣りしてない)ので、生シラス丼を食して鵠沼に戻った。
その夜にKebuちゃんから「シイラな人たちとバス釣りに行きませんか?」と連絡が入った。
条件的に厳しいが、少しだけ秋めいた風が吹いているので、1チャンスを取りに行く。
あわよくば夕方の雨で爆発するかも(笑)
途中、シイラな2人とKebuちゃんを乗せ、いつものバックウォーターへ向かった。
現地ではリザーバー初体験の先心さんとも合流。
さて状況はと言うと「極めて難しい状態」としか言えない。
全体的に水が良く、釣れそうな感じではあるのだが、なんせ魚が見えないのである。
まぁね、見えないだけで実はワンサと居るんだけど、信じきる事は難しい状況である。
とくにリザーバーに慣れていないと、かなり厳しいかと思う。
少し離れてみんなの様子を見ていたが、やはりモチベーションが続かないようで、あっちこっちに移動し始めた。
その様子を確認し、少し上流から入水して対岸へ泳いで渡る(ウェットを着ているから出来る事です。危険なのでマネをしないように)。
う~ん・・・大から小まで、けっこう居るねぇ。
ところがコイツら、いっこうに口を使わないのである。
手持ちのネタは4センとパワーホッグのみ。
Kebuちゃんを呼んでやってみるも、これまた全くダメ。
あきらめて、100m先の対岸にある岬へと泳ぐ。
ここはスタンプと倒木が少しだけ沈んでいるので、その周りをチェックしたが浮いてくるのはあまり良いサイズではなく、早々に見切りを付けて最初のバックウォータへと戻った。

ここで痛恨のミスをしてしまう。
超適当に流心にキャストしたら、足元のドシャローから良いサイズが数匹4センを追って出てきた・・・
流される4センをジ~ィっと見つめ、プィッと逃げていく。
絶句。
コイツら、狭いスペースに入れたら絶対に食った!って言いたいけど、絶対って言葉は使ってはイカンね。
でもそれぐらい、釣る事が簡単な魚だったと思う。
不用意すぎた。
残念。
天を仰いでいたら、先日ランディングを手伝ってくれたMikkiさんとその友人が登場。
ここ数日の状況を聞くと、やはり魚が沈んでいるらしく、厳しい状況が多いとの事。
「7月が懐かしいですね」と笑いながらも、次の一手を考えながら「また今度(笑)」と挨拶をして別れた。
とっても苦手な秋のパターンが始まる予感。
シイラ組みと先心さんもノーフィッシュ。

カツオに期待しましょう。

c0025471_1041683.jpg

シーバスを狙うKebuちゃんの横で鯖を下ろし、嫌がらせの如くはらわたを海に流してコマセにする図
by yasutakak2 | 2006-08-29 10:04 | シーバス

孤独感が楽しいを通り越す

土曜の夜にベッチから電話があった。
「明日、伊豆までツーリングに行くからうまい魚が食いてぇんだけど、工藤明日の夕方は何処にいる?」
こう言われると、2つの解釈がある。
普通の人に言われた場合
「明日近くに行くから夕方に待ち合わせして、おいしい魚でも食べに行こうよ」
ベッチに言われた場合
「お前、明日、釣っとけや」

困るんだよね。

今週は土曜が仕事だったために、湘南に入ったのが日曜のAM1:00。
ヒラにいくなら2時に起きなければイカンのだが、そりゃぁ無理って事で浅八丸に乗った。
ところがところが・・・
こんな事もあるんかね?ってほど厳しい釣果。
シイラ2バラシ
ワカシ1バラシ
メジ1バラシ
鯖多数バラシの1ゲット
他の船も似たような釣果だった。
まぁ仕方なし。
ところで、勝手なことを言ってきたベッチなのだが、日曜のAM10:00に確認したところ、
「今ねぇ赤城のサービスエリア。意外と混んでるね。」
コラコラ、それ関越道じゃねぇか?方向逆だろ!!
まぁこれもベッチだからしかたねぇか?

浅八丸をPM5:30に上がり、急いで伊豆へ向かい、ギリギリだったけど日没前に磯に渡る。潮位140から下がってくるので、帰りは暗くても平気だろうと思っていた。
が、しかし・・・
潮が全然引かない事に気が付き、あわてて戻る事に。
背渡りしている時点で夜になった。
いやいや、ついさっき相模湾でサメを見たばっかりだったから、マジで怖かった。
熱海の街明かりが心細さに拍車をかけ、港に帰る漁船が漆黒の海を通り過ぎていく。
駐車場に車を止め、磯に渡り10回キャストして休憩なしで戻ってきたために、肉体的な疲労感もかなり蓄積している。
しかし瀬を渡りきるまでは足を止めるわけにはいかない。
最も難しい「焦らず急ぐ」という行為。
このバランスが崩れると事故になるんだろうな。
あぁ、ウェット着ていて良かった(笑)

最後の「川」と呼ばれる瀬を渡りきった所で、やっと腰をつけた。
胸まで海につかり、ウェットの中の汗を流すと共に、オーバーヒートした体を冷やす。
ここから長い階段が待っている。

やっぱり時間帯は選ばないとね(笑)
久しぶりに夜が怖かった。
by yasutakak2 | 2006-08-21 13:32 | シーバス

釣れるから良い物?

休みボケが治まらない今日此の頃だったのだが、先ほどカードの支払額を確認して目が覚めた。
あれれ?思ったより使ってない・・・。ロッド買えるかなぁ(笑)
冗談はココまで。

以下、真面目な話。
いやいや、ガソリン代が鰻上りで、こんなに影響するとは思わなかった。
今回の原油高の理由等は経済専門の人にお任せするとして、釣り人的な影響を考えてみた。
1 交通費
凄いね。ホントに!
だけど仕方ないかな・・・埼玉県民がヒラやってる時点であきらめている。
宿泊先があるだけでも、去年までに比べればかなり助かっているしなぁ。
ちなみに週末2日でのガソリン代は5000円弱。
コレに高速道路などの有料代が2800円。
食事等を入れても10000円は切るようにしている。
数年前に比べ、狙う場所がはっきりして来たので、かなり安くはなったと思う。
1回(2日間)の釣行で、ガソリンの値上がりでの影響はせいぜい700円程度。
コレを高いというか、安いというかは人それぞれだが、ファミレスのビール1杯を飲まなかったら良いだけだと思うようにしている。(ファミレスのビールが高いってのはNGだが)
2 船
最近は船に乗る機会が増えた。
俺は客。だから遊び。
でも船頭は違うんだよね。
仕事で船を出してるんだから、必ず考えていると思うけど「原価コスト」ってのがある。
「安く仕入れて高く売る」。コレ、商売の殆どが当てはまる。
難しいだろうね。
「ココは釣れない。アッチは釣れるかも。でも遠いい・・・」って時に。
釣らせなきゃ商売にならんし、走ったら金が掛かる上に保証も無い。
私が船頭なら、間違いなく走るけど。
この前、平塚のライトルアーに乗った時に、シイラを探しにものすごい距離を走ってくれた(たぶん見よしにKebuちゃんが立ったせいだな)。
でもシイラは出なかった。
結果は残念だったけど、ある意味では気持ちのいい話だと思うが如何に?
3 ルアー
プラスチックで作っているルアーの製造原価は、間違いなく影響を受けている。
同業者だから良く知っているが、「材料の値段」が上がっている。
成形機を持ってるメーカーもそんなに無い。
殆どのメーカーが外注に出している。
って事は下請けさん、とっても大変だと思う。
1度決めた価格は、そう易々とは上げてくれないもんね。
特に大手は2社購買とかしてるから、そりゃぁもう悲惨なはずだよね。
では、それがどのようにユーザーに影響が出るのか。

c0025471_1547298.jpg

あるルアーのリップ部に、空気の泡がたくさん入っているが、これは気泡と言われる症状。
一概には言えないのだが、射出成形の1ショットサイクル(1つの製品が出来るまでの時間の事。通常は、材料を軽量し、金型に溶けたプラスチックを射出、圧をかけ、冷やし、金型開いて取り出すまでの時間)を短くしたときに出やすい症状。特に保圧や冷却を短くすると出てしまう。
ちなみに単純に圧と言ったが、その種類もいっぱいある。詳細はめんどくさいので省くけど、はっきり言って不良品である。
ウチの会社がこんな物を流出してしまったら、即呼び出しをくらい客先で全数検査をし、たっぷりと始末書を頂くことになる。
ちなみにユーザーへ流出したら、リコール問題に発展し下手したら会社が潰れるね。
大げさに言っているのではない。
お客様の命に関わる部品だから、当たり前って言えば当たり前。
製品単価が10円に満たない部品でも、製造業の責任ってのはそういう物。
PL法もあるし(笑)
では、命に関わらない「遊び道具」としてはどんな事があるだろうか?

コノ症状は直接的にルアーのクオリティーに影響する。
主に強度・重さ・形状などが当てはまると考えられる。
理由は言うまでも無いので言わない!
ではなぜこのような製品が出来てしまうのか・・・
それは「1ショットサイクルを短くすれば、稼動時間内にたくさん作れる」と言う射出成形の事実があるからである。
成形屋としては材料高を補うのに、もっとも手っ取り早い手段なのである。
同業者としては「仕方が無いか」と思うが、品質保証部としては腹が立つ(笑)
管理と言う視点で見ると、メーカーの質を問う内容でもある。
このルアーが私の手元に来た、考えられる理由は3つ。
1 下請けが材料費高騰などの理由で仕方なく流出し、メーカが仕方なく了承した。
2 メーカーが下請けに対し、仕入れコスト削減のために指示し、作らせている。
3 条件試作等の物が誤って流出。もしくは検査漏れ。(意外とあるのよね)
発生原因と流出原因を同じ土俵に乗せるのはメーカーへの配慮である。
もしこのメーカーが「良い物を作るために日々努力しています」と言うならば、ただ単に検査漏れなんだろうね。
そうあって欲しい。

釣れれば良いじゃん。
と思うならば別にたいした問題ではないが、「確立」に気を配る人には判ってもらいたい事実である。
ホントはね、同業者をネタにはしたくないの。
モノスゲェ~苦しんで作っていると思うから。
でもね、俺だけが気が付いて苦しむのが嫌だったから・・・みんなに御裾分け!(爆)

あ、別にコストダウンが悪いって言ってないからね。
それはそれで大切な事。
良い製品を作って、みんなに買ってもらって、バカスカと儲けて下さい。
すこし踏み込むと・・・
結局はユーザーが悪いんだと思う。
高い安いではなく、良い物を作るメーカーに投資をして欲しい。
株を買うとかだけが投資じゃないよね。
メディアに踊らされず、確かな目で大好きなルアーを買って欲しい。
by yasutakak2 | 2006-08-19 15:47 | シーバス

お天道様

台風・・・
コレばっかりはしかたない。
何もかもタイミングが合わなかった(涙)

究極はajibakaシイラ。
台風の影響でウネリが入り、さらに90度違う角度から風波が押し寄せる。
あの状態で船を静止できる分けないよね。
c0025471_7545457.jpg

早川港出たときは絶好調だったんだけどなぁ・・・

8時には終了し、皆さんと朝ごはん(笑)を食べてからヒラに向かうも、134に出る(400mほど)のに1時間を要す。。。
その先も渋滞・・・。
夏の伊豆をナメたらイカンよね。

13日に行ったKebuちゃん仕立ての庄三郎も激渋。
あのバラした2本をきちんと取ってないのがヘタレだったな。
後々バラシた理由を考えたら、ナイロンの合わせを「まったく」していなかった事に気が付いた。
フルキャストした先で食わせたんだから、それなりの事をしないとバラスのは当たり前でした。
c0025471_7561988.jpg

今までね、シイラってなんかパッとしなかったんだけど、少しだけやる気が出た。
でも仕立てが良いな。

最終日はヒラに行こうとしたが、伊豆の波高が5m・・・
こりゃぁさすがにやばいね。

今回の夏のフィッシングトリップの釣果はぷりっぷりの鯖が2本。
だけどそのおかげで?普通の人みたいな夏休みを過ごすこともできた。
c0025471_7572965.jpg

小田原の花火。
直前の集中豪雨のおかげで電車が不通になり、会場は思ったよりも人が少なくて良かった♪
c0025471_7591319.jpg

もともとお祭りの雰囲気は大好き。
この「何かが起きそうな気配」がたまらんな。
学生のころの恥ずかしい出来事を思い出した。

ふぅ。。。
まぁたまにはいいか。
by yasutakak2 | 2006-08-17 08:01 | シーバス

夏の旅

今年も『フィッシングトリップサマーバージョン』の季節がやってきました。
もうかれこれ4年になるのかぁ・・・
月日の流れが早く感じます。
仕事もそうだけど、遠くの目標達成のために「時間を短いスパンに区切る」事で階段を上るように近づいていく事がとても大切。
ただ、これやると時間が早く感じちゃうんですよね・・・。
良いことなんだけども(笑)
さて今年はと。
・ バス(秘境系)
・ スズキ(シティー派)
・ スズキ(東宝オープニング)
・ 鯒(のぞき)
・ シイラ(リゾート)
・ 鯖(食物連鎖頂点)
こんなところかな?
12日~16日まで仕事が無いので、時間は11日夜から17日早朝までの124時間ほど。
現在決定しているのが15日5時~13時のajibakaシイラのみ。
これはほんとにリゾートな釣りとして、問題は残りの116時間をどうやって過ごすかだね。
祈とベッチは13日の深夜から秘境に入ると言っているが、翌日のシイラがあるのでたぶん合わせるのは無理。
まぁ早川港出船だから、その前に夜明けはたぶん伊豆方面のヒラをやる。
鯖は1回行きたい。
東京スズキは無し。
鯒は片手間。
結局、メインはヒラ。
そんな所ですか?(確信犯)
ただコレだといつもの週末と変わらないなぁ。

よし!ズバリ今年の目標は「海水淡水合わせての五目釣り」ってことで、いままで敬遠していた真昼間の釣りも取り入れます。

う~ん、最近の私にはとても難しい目標だな。
アジとか挑戦してみようかな(笑)
by yasutakak2 | 2006-08-10 11:04 | シーバス

すかした

台風が来て喜ぶのはサーファーとヒラ釣り師だけではない。
3日前から釘付けだった。
藤沢にいたらたぶん磯に行ったと思うけど、今日は埼玉県民なので狙うのはバックウォーターにいるスレまくりの50UPのバス。

昼過ぎに祈に電話。
「多分夕方には大雨が来るから、そのタイミングでバックウォーターに入ろう」と。。。
ところが・・・
台風が太平洋上で一時停止(笑)
これにて釣り人も迷走状態確定(涙)

そよそよと流れるバックウォーターをスルーして、中流域のワンドへ向かう。
水位がソコソコあるので、岸際が歩けないと思いウェットで行ったのだが・・・
ワンドの中はアオコだらけ。
水質はこの時期では最悪の白濁系(春はこれもあり)。
泳ぐ覚悟でウェットを着たけど、あまりの汚さに遠慮した(笑)

エントリー場所である岬から、少し入った側面のガレ場で30分ほど粘る。
フルキャストした先に微妙な出っ張りがあり、そこに音が出るように着陸させ、限りなくスリムな感じで4センを入水し、微妙にターンさせる。
その瞬間、コト!っとバイト。
思いっきり合わせたらルアーが水面を割る。
デカいバスの体高よりも浅いところで頑張ってたらしい。
まぁ、夜だからね。在りがちですわ。
水面ぎりぎりにあるシャローテーブル。
あと30cm増水するとおいしいんだけどね。

あきらめて戻ると、祈が半身浴しながら寝てました。
まぁ、このまめな努力が大切よね!
by yasutakak2 | 2006-08-08 07:02 | バス

やっと

磯のヒラスズキ。
この釣りってかなり自己満足の強い傾向が在るので、ブログのネタ的に面白くない。
やったことのある人にしか判らない表現も増えるしなぁ・・・。
だから少し控えめにしてきた。
釣果主義者ではないが、釣れない事に奇麗事を並べるのもどうかと思っていたし。

今日だけはウンチク垂れても良いかな?

去年の夏に始まった真面目に狙うヒラスズキなんだけど、去年バラシまくってから本当に火がついてしまった。
最初は規制されない事への開放感で満足していたんだけど、さすがにそんな「気持ちよさ」だけでは足りなくなり、本当に釣りたくなってきた。
そしてアホみたいに磯に通い、すっかり東京湾とかリザーバーの事も忘れちゃっていた。

年末のフィッシングトリップも完全にヒラ狙いにシフトして、そのために長竿も買った。
でも・・・
その時から5月までノーバイト。
ここから少しおかしな方へ進んでしまった。
なんかね、ぬるい釣りが増えてしまった。
あれだけ気にしていた潮位も考えなくなり、詰めてもいないのに「引き際」の事ばかり考えるようになった。
たぶん言い訳だね。
バスでは散々と「デカイのは狙わないと釣れない」などと言っていたんだけど(笑)

ゴールデンウィークに、本当に久しぶりにバイトがあった(不明確なのはチョロチョロと冬にもあったけど)。
すこしあきらめの色も出ていたけど、これを切欠にしようと思った。
埼玉県民として、潮位と天候に合わせるのが不可能ならば・・・「せめて時間だけでも良い時間にやる!」って事で、朝1に入ると決めた。

その後、実はまたバラシまくり。
人もいるけど魚も居る。
ホントはねバラシタのは竿じゃない。
ランディングの技術と、心のゆとりの問題だったの。

すこし気分転換が必要かと思い、鯖を釣りに行った。
ステップアップしてバスを釣った。

そして先週、最後の最後でまたしてもバラした。
まだサイズの事を考えるほど釣りも出来てないけど、かなりデカイのが判った。
あと一歩。
時間の問題とは思っていた。
もらったアドバイスは「フックポイントが甘くなっている」。

で、今日に至る。

磯に渡り、先週バラシたポイントの1投目にエッジでバイト!
1秒でラインブレイク(涙)
一緒に渡った2人も反応があったようで、期待が高まる。
本日新調したウェットでトライしたKebuちゃんも好感触のようだ。

5分後に1バイト。
しかし乗らない。
左を見れば、Kebuちゃんもまたバラす。
右を見れば・・・「げ!釣れてるよ」
間を切って、水路の方へ行くと、いつもと様子が違う。
潮位が低いために、いつもは右左に流れる水路が今日は一方通行になっている。

これは美味しいね。
しかも足元までオープンウォーター。
間に岩が無い。

そこへメガバスの110をキャスト。
寄せ波にあわせファーストリトリーブし、引き波にあわせて少し送り込む。

カッキーん!

c0025471_7533811.jpg

キャッチは手伝ってもらいました。
ユトリの持てる場所での釣りは良いねぇ。

かなり遠かったね(笑)
でも確実に近づけたのがうれしい。
そのために、様々な人の協力があった。
本当にありがとうございました!

ここから始まりですな。
by yasutakak2 | 2006-08-07 08:44 | シーバス

世界戦

もうすぐ世界戦ですね。
コアなボクシングネタはケンゴ氏に任せます(笑)

元スポーツ選手として・・・

俺ね、意外と嫌いなのよ。
あの手の選手って。

でもね、意外と言ってる事が「選手としては真面目」なんだよね。
違いがあるとしたら、表に出すか出さないか。
(それが好き嫌いに繋がるんだけど)
意外と周りの問題(メディアとか)なのかも知れないね。

ひとつ好きになった所もある。
目がね、どんどん戦う目になっていってる事。
明らかに「苦悩から脱却するために努力をしている」目つきになってきた。
与えられたハードルが世間的に高いか低いかは、ケンゴ氏のようなマニアでないから判らないけど、そんなことは関係ないよね。
本人の戦いだし。

勝つか負けるかにこだわって頑張って欲しい。
by yasutakak2 | 2006-08-02 20:03 | ニュース