色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:鰤( 6 )

ヒラ開拓と今期初シイラ

最近ヒラスズキ釣ってないな~と思い、今週末は湘南へ。
タックルも浮気防止でヒラタックルしかもって行きません。

生産調整の為の休みがあるので、木曜に仕事を終えて夜から出発。
藤沢のクミちゃん実家にお泊りし、金・土・日の朝は東伊豆でヒラ狙いです。

1日目(金)
夜明けの潮位が低いので、何時もの磯へ単独アタックです。
2時半に藤沢を出て途中でコンビニにより、ポイントへ4時には到着。
久しぶりという事も在り、浮れずに慎重に瀬を渡りました。
こんなに潮位が引いてるなら週末はさぞかしヒラリーマンが多いかと思い、平日に来てみましたが、コレ正解。
予想通りの貸しきり状態。

何時もの高台でリーダーを結びながら、その間に波の様子をチェックします。
太平洋上を移動していた低気圧の影響で、たぶん今日まで残る波を予想していましたが、思ったよりも風波(久しぶりにナライの風)のほうが多い感じ。
ふ~ん、じゃぁ右端岬の先端へ入ろうかな・・・と、FG編みこみしながら眺めていたら、セットが来てその場所はトンでもない事に(汗)
時すでに夜明け前の薄明かりが東の空に差し込み、まさに今が時合いなのですが、一歩引いた場所から1投目をキャスト。
サラシの外も中もベイトはたくさん居る様で、ルアーが近づくとピョンピョンと逃げ惑う姿が確認できます。
で、それだけでした(泣)
波はそこそこで良い感じなのですが、ベイトにまったく緊張感無し!
とりあえずエリア内の東・南・西の先端を全部チェックしましたが、まったく反応無し。
こりゃぁヒラはお留守かな・・・
最近は人が来ない潮位が高い時間を狙って来ていたので、ココまで潮位が低いと少し違和感を感じました。

この時期(夏)は駐車場が有料になることもあり、あんまり粘らずに引き返しました。
瀬渡りでくるぶしまでしか濡れないので、ウェットではもう熱いですね。
階段が辛いです。

2日目(土)
昨日の場所から、1時間ほど南下したポイントへ、Kebuちゃんと行きました。
ココに来るのは3年振りで、途中ゴルフ場を眺めながらアプローチポイントへ向かい、そのあとにロープを使って崖を降りる場所です。
3年もたてば多少はスキルアップしたかと思い、昔は判らなかった事が今では判る気がしたので、新場所の開拓する気持ちで来ました。

さっそく月明かりの無い、真っ暗なゴルフ場を抜け、微妙な記憶をたどりながら崖のアプローチポイントを探します。
10分かかりました。
ヒラスズキではライトはとても重要なタックルですね。
電池切れで全然見えなかったです(笑)

声を掛け合いながら崖を慎重に降り(もちろんKebuちゃんが下)、5分後に無事到着。
降りる前はかなり良い波音と思っていましたが、ワンドの奥に集約された波の音でした。
まだ暗いので、手早くポイントの端から端までの数箇所をチェックします。
一箇所すてきな岬の先端が合ったのですが、その間にあるスリットが微妙に渡れない感じ。
泳ぐのかな???
その周りにあるシャローが気になり、そこで夜明けまでやりましたが、残念ながらノーバイト。
完全に明るくなったので、他の岬の先端をチェック。
足元のブレイクが良い感じでしたが、ココもノーバイト。
ベイト無し!
鳥も無し!!
今度は秋にでも来てみます。

ゴルフが始まる前に引き上げようかと思ったら、崖の上り口がわかりません。
あぁ、なんか3年前にも同じ会話をしたような・・・
あっちこっちをウロウロして、なんとか入り口を発見し、ロープを使ってよじ登ります。
もちろん私が先で、後ろにKebuちゃん。

はぁ・・・
明日はどうするかなぁ。。。
もうKebuちゃんに任せますw

3日目(日)
Kebuちゃんが前々から薦めてくる船で、ワラサを狙います。
今回はヒラタックルしか無いので、道具は全部Kebuちゃんに借りました。

3時にKebuちゃんをピックアップし、真鶴港へ。
途中のコンビニでモリさんも合流しました。
ここで準備をしていると、偶然にもツバッキー君が出没。
友人とカヌーで釣をしに来たらしいです。
私もちょっとやりたかったので、色々とお話しをうかがいました。
なかなか楽しそうですね。
話しによると、カヌーは漂流物になるのでシイラが付くとか・・・
なるほど了解。
海の上で見つけたら、躊躇せずにルアーを投げますねw

1時間後に出船。
c0025471_11341822.jpg

まずは近場に居るであろうシイラを狙います。
最初のブイで、私とモリさんの投げたルアーの後ろにバイトが出ました。
コレは幸先良いかな?と思いましたが、そのブイではあとが続かず。
少し沖に出ると潮目があり、コレは頂き!な木が流れてました。
下から船を着けるので、ミヨシにいた私が最初にキャスト。
しかし反応無し。
続いて4人が一斉にキャスト。
そしたら1匹だけ浮いてきて、みんなのルアーを追ってます。
4つのルアーが船べりに来て、シイラはウロウロと悩んでいるご様子。
先に投げてすでに回収した私は、それを見てシイラの進行方向にボラドールをキャストしたら、一発でヒットしました。
c0025471_11324220.jpg

ご馳走様でした。
小さなサイズのこの一匹は、精神的にはデカイ一匹です。
なんせ遊ばせていたのに、他のシイラがまったく浮いてきませんでしたからね・・・
こりゃぁ、このあとも厳しいでしょう。

その後、船は沖の潮目を流しますが、まったく反応もなく初島まで来ました。
シイラのシの字も見えません。

この海域に来たということは、狙いはすでに青物です。
スローで船を流しながら、様子を見ています。
この辺りからポツポツと雨が降り出し、まもなく土砂降りに。
カッパを持ってるのはモリさんだけw
私はラッシュガードをTシャツの下に着ていたのでまだマシですが、Kebuちゃんは早々に船長のほうへと非難しました。
この時点でまだ7時・・・
ハッキリ言ってもう帰りたいですが、まだ何も釣って無い人が数名居ますのでw

で、激しく雨に打たれながらのクルージング(泣)
途中でKebuちゃんが「マグロが跳ねた!!」と言いましたが、たぶん幻でしょう。
それから数時間後、最後のポイントで僚船にイナダが出て終了となりました。。。

こんなにずぶ濡れで釣りしたの、小学生の時以来です。
精神的な自虐と言うより、身体的に辛い釣りでした。
そうそう、一部の人たちの間で疫病神三人衆みたいなことを囁かれていますが、コレで私は1抜けさせていただきますね♪
makoさん・Kebuちゃん・モリさんで再結成して戴ければ幸いかと思います(笑)
大○く~ん、安心してくださいね~!
c0025471_11345154.jpg

Kebuちゃん、モリさん、お疲れ様でした。
今回も楽しく釣りが出来てなによりです(爆)
by yasutakak2 | 2009-08-02 10:09 |

鰤準備2

明日はアルテミスさんで恒例のブリ!
今年はこんなルアーを使おうかと・・・
c0025471_12301140.jpg

ちなみにタックルは3本
ガマカツ ジグシャフト+ステラ10000
メジャークラフト+ツインパ6000HG
Gクラフト+ツインパ4000HG
その他、状況でジグタックルとイカタックル

さて、昨日は今年最後の忘年会でした。
昔からクリスマスとバレンタインは凪(ラーメン)と、決まっていますw

c0025471_1229405.jpg

今回の鍋のソースは、塩・柚子醤油・ゴマ・トマトの4種類。
トッピングでキムチと三芳のネギ!
それを各自好きなようにブレンドし、なんかいろんな物が入ったw鍋の具になじませる。
〆はもちろんラーメン。

もう何年も前のこと。
彼女が居ない私と森本で、「行くとこないから凪でラーメン食べるか・・・どうせ店も暇だろうしw」と、始まったのがこの忘年会。
カウンターで野郎3人、いろんなことを話した記憶があります。
あれから数年がたち、今年は8名での賑やかな忘年会となりました。
それぞれに生活も変わり、たくさんの何かを手に入れ、何かがその手からこぼれ落ちた。
それでもここに来て鍋をつつくと、一歩いっぽと私たちが歩んできた道は、「そんなに悪い物でもない」と感じさせてくれます。

次回は2/14に!
by yasutakak2 | 2008-12-26 12:49 |

師走といえば

師走といえばブリですね。
毎日チェックしているアルテミスのホームページに「昨日より網代沖猛ボイル中!です。」の文字が・・・
今年も始まりましたね!
ずばり、明日にでも行きたい(爆)
今年夏のマグロに狂っていた人を散々笑っていたのに、いざ自分の釣りになるとこんなのもですね(笑)

3年やって知った事は、「ボイルが出たときに行くのが一番」ということ。
まぁ当たり前か。
でも問題は、メンバーがそろうかどうか。
4人がベストなんだけど、かな~り博打な釣りなので、誘うのもちょっと気が引けるのです。
本当に「コケても心から許せる(許してくれる)人」じゃないとね。
情報って、釣果が良い時は「良いな~!俺も行く!」と言われるが、その裏にある厳しい現実はなかなか受け入れる事ができないものがある(私も含めて)。
「気にしないよ~」と言ってくれても、やっぱり気になるのである。
(船長はこれが毎日だから大変だねw)

うおぉ~
すげぇいきてぇ。
文章書いてたら、頭の中をブリがボイルし始めたよ!!

c0025471_10292761.jpg

↑過去の画像
by yasutakak2 | 2008-12-12 12:42 |

鰤チャレンジ

ブリ・ぶり・鰤・・・
実はここ数日、頭からあのボイルが離れない(笑)
Kebuちゃんもそれは解っているようで・・・
毎週月曜に「今週どうしよう?」の業務連絡をしても、さして悩まずに乗る船が決まっている。
ただ・・・
人数が足りないんだよね(涙)
最低でも4人は揃えないと、財布の中身がえらい事になってしまう。
と、言う事で、船長にお願いをし、急遽メンバーを集めて頂きました。
(ホントにありがとうございます!)

さてさて、しかしお天道様はナカナカ上手く微笑んではくれない。
南西の風が吹き荒れる中、定刻どおりに出船はしたのだが・・・
c0025471_19145871.jpg

まぁまぁ、仕方ないね。
完全に喰らいました。
岸沿いに一箇所、ブレイク絡みでボイルが出るのだが、浅すぎてキャスト範囲まで近寄れない。
寝不足な我等は瞬間的に意識が落ちる(笑)
しかしスロットル全開になるたびにまた、ワラワラとミヨシに集まるのである。
定刻まで船長がかなり粘ってくれたのだが、残念ながらボイルには一回も取り付けなかった。

ほんと、皆様申し訳ないです。
無理やり集めておいて、この結果とは。
ただ、私事で言えば、コケても在りなのがこの釣りだと思っている。
正直言って、あんまりショックではない。
それほどまでにあのボイルが強力だった。

さて、次回は何時にしますかな。
毎度ながら船長から良いネタを頂くので、それに合わせたルアーも持ち込みたい。
by yasutakak2 | 2007-01-27 19:15 |

ブリ準備

c0025471_0155720.jpg

左側、上からTDペンシル・レアフォース・ルドラ 。とりあえず実績がある。

右側上からサスケ140・リップスライド・レア。
これは試したいルアー。
ただ、この釣りは試すほど余裕が無いんだよねぇ。
魚が出たら戦場になるので、悠長にルアーチェンジする暇なんて無い。
考えているのは、ボイルが出きらない時にミノーを使うぐらいかな?
さすがにジグ投げるのはいかがなものだしね(笑)
by yasutakak2 | 2007-01-25 00:15 |

ブリ改めワラサ+イナダ

年始のトリップから1週間。
いや~、長かったね!
こんなに仕事がつらいのも珍しいほど。

と、思えたのは最初の1日だけ。。。
あとは怒涛のクレームラッシュ(涙)
おまけに上司一名が3月に国外逃亡する事が決定。
個人的には「オメデトウ」ですが、部下としてはマジでキレますよ。
能力が高いからこそ、その反動も大きい。
そんな新年会が金曜の夜に開かれ、部長を川口まで送り、首都高に乗ったのが深夜1時近く。
途中で横浜新道事故の為に、通常よりも時間がかかり、鵠沼海岸に到着したのが3時過ぎ。命がけでクミちゃんにちょっかいを出し、粉砕された頃には網代へ向かう時間になっていた(涙)
どうやらKebuちゃんも寝てないらしい。
またこんなのだね(笑)

今日はブリの日。
網代のアルテミスさんでブリを釣る日。
実は年末から気になっていた。
でも黙っていたんだよね(笑)
トリップの時にも大量の鳥山を見た。
でも届かなかったんだよね(悔)
実は磯から一回だけルドラでブリ掛けた。
でも獲れなかったんだよね(涙)

そのリベンジをする時が来た。

メンバーは、Kebuちゃん・ツバッキー君・コステロ君・私の4人。
もちろん全員ともブリ初挑戦。
私以外の3人は平塚でかなりシイラに入れ込んでいる面子なので、それほど問題も無いと思う。
タックルを見たら、私のが一番ローパワーだし。
あ、そうそう。
今回、ついにステラ6000を手に入れた。
入手経路はかなり複雑だったが、遺恨無く手に入れることが出来ました。
ありがとう、Kebuちゃん!!
ラインを巻いたら勝ちだよね(笑)

6時に合流し、船長のレクチャーを受ける。
トップを使う理由や、アクションに対するブリの反応。
それに伴うタックル。
もっとも興味深い話しが、群れへの付け方。
スタイルが思いっきり鬼ごっこスタイルである。
基本的にサイトの釣りであるのは間違いない。
合わせの仕方なんかも、まさにそれ。
掛けた後の対処の仕方も、かなり研究していることが伺えた。

こりゃぁ楽しみである。
でも・・・
必ず言葉の終わりに、「ボイルが出ないと・・・」が付いているのが気になった。
なんせKebuちゃんとの初物狙いで、「今日は良かったね!」と言われた事が無いのである。
船長からさんざん「昨日までは良かったのにな~」と、聞かされてきた。
当たり前だけど、今までの船長は悪くないよ。
何処行っても一生懸命にやってくれた。
でも、Kebuちゃんなのである。。。
ライトルアーのサバ、小田原でワラサ、平塚でシイラ、湘南のサーフ、相模川の河口・・・
事前情報が良ければ良いほど、必ずコケて来た。
救いなのは、「昨日は全然駄目だったんだよね~!」と、船長が行ってくれた事(笑)
富津のボートシーバスの時も、そんな声を船長から聞いていた。
c0025471_16122084.jpg

朝日が初島を照らす。
このドキドキ感がたまらなく気持ち良い。
島がシルエットになっていたが、日が昇るにつれ徐々に周りの景色も目に見え始めてきた。

出航して10分後にはポイントに到着。
晴天の空には、鳥が大きな円を描きながら群れになり始めている。
しかし海に差し込む事はまだ無い。

少し離れた場所に鳥が集まると、そこに船を入れてみる。
しかしまだ、ボイルが沸くほどでもない。
船長に呼ばれて状況を説明してもらった。
魚探にはベイトの反応がビッシリ!
余りにも大量に入ってしまい、イマイチがブリ群れを形成できていない。
ここから時を待つ。
昨日は東に行く鳥を深追いしすぎて、その間に島周りで大ボイルが発生し、急行したが間に合わなかったとの事。
船長曰く「今日は我慢」するらしい(笑)
そんな話をしている間にも、鳥たちは東の空へ何かを求めて次々と飛んでいく。

単発の鳥山に船を向けるもボイルは沸かない。
それを何度も繰り返すが、キャストをするまでもいかない。
出航して2時間、少しあきらめの色が出てきた時に、船首を北西に向けエンジンに火が入った。
また同じだと思ったが、スロットル全開で真鶴方面へと向かう。
今度は少し、走る距離が長い。
最初は解らなかったが、近付くにつれてそれは姿を現した。
水平線の鳥山はバックが空なのでわかりやすいが、陸地近くに出来た鳥山は見つけにくいのである。
はっきりと目で見て解るボイルに、低い位置を移動する大きな鳥山が次々と差し込んでいた。
Kebuちゃんとツバッキー君は「ブリ!ぶり!鰤!!」と半狂乱。
船酔いダウン気味のコステロ君もゾンビの如く生き返ってきた(笑)
でもなぁ・・・
あのボイル、見覚えがあるんだよな・・・
たしか去年の夏に散々見たような・・・
まぁ、釣れれば何でも良いのでルアーを投げた。

1投目でヒット!
丸々としたサバ!!
やっぱり・・・。
次々にヒットするのは、やはりサバ。
船長が「この釣りで始めてサバが釣れたよ・・・」と言った。
さすがKebuちゃんだな。

しかし鳥山は収まらない。
コレはコレで凄い。
感心して見ていると、その中でも大きめな山が立った時に、明らかに違うボイルが出た。
ブリである。
すかさずキャスト。
船長のレクチャー通りに泳がすと直ぐにヒット!
しかしミヨシから船尾へ向かう時に、ラインが緩んでバラしてしまう。
天を仰ぐ。。。

直ぐに再開しキャストを繰り返すと、カモメに襲われてルアーロスト。

焦りながらもリグっていると、Kebuちゃんがミヨシから降りてくる。
どうやらライントラブルらしい。
するとツバッキー君にヒット!
やり取りしながらミヨシから降りてきた。
続いてコステロくんも・・・と思ったら、なんかトラぶっているみたい。
しかも、ツバッキー君バラしました(笑)
船はボイルに囲まれているのに、大事な時に誰もキャストが出来ない。
これが如何に駄目な事か・・・。
さんざんえらそうな事を言って、2時間間ってこの結果。。。
船長はどう思うのか(汗)

群れを入れ替えて、ようやくKebuちゃんが「ブリゲット~!!」と叫ぶ。
腕には怒った目の魚が確かに。
船長曰く「ワラサだね・・・」と。
Kebuちゃんの目は悲しそうだった。

その後、無事にみんな釣り上げ、お腹一杯になったので沖上がりとなる。
間際にイナダ一本追加。
ルアーはルドラ!
これにてリベンジ完了(笑)
c0025471_16124076.jpg

一度ボイルが始まると、船の中は戦場と化す。
よって画像が全然撮れていません(涙)
船長、私のはブリって呼んでも良いですか?
次回の戦いは何時だ?
c0025471_16132928.jpg

by yasutakak2 | 2007-01-13 16:15 |