色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2009年 11月 16日 ( 1 )

一人で見たいもの

TSSTクラッシックが開催される土曜日。
翌日に余計な用事が入らなければ参加したかったのですが、今回は残念ながら不参加になりました。

が、しかし、どうにもこうにも「この前中で勝負したい」と言う気持ちはなかなか消せません(笑)
と言うことで、その日の内に帰宅することを条件で、湾奥河川に行って来ました。
狙っていたのは上げ潮なので、その時点で「その日のうちに帰宅」は無理と解っていながらも・・・(爆)

早めに現場へ到着し、下げはいつもの場所へ。
しかし一発狙える場所は先行者が尋常ではないオーラを出して、「頼むからここから30分は100m以内に近寄らないで」と、背中で訴えているようなので、ちょっと外した上流側の小場所へ行きました。
ここは、目に見えるストラクチャーにダマされて誰も気がついていない、小さな水没ストラクチャーと想像以上のカレントが発生する場所です。

たしかにそのストラクチャーは素敵で、条件がそろうと良型が付くことで知られているのですが、その下流に位置するこの小場所は、案外と皆さん気がついていない場所のようです。
と言うのも、実は水位が下がってしまうとそのカレントは動いてしまい、目に見えるストラクチャーのほうへと行ってしまうのです。
本当に美味しい条件がそろうのは一瞬です。
水位と風向きがそろう事で、初めて成り立つ場所なのです。
そもそもココを見つけたのは、何気に先行者争いの激しいブレイクに背を向けた事によります。
三番瀬も旧江戸も葛西も三浦も、私のウェーディングは全てそこから始まっています。

ポイントに到着。
「どれぐらい魚が減ったか」を知りたかったので、まずはピースを付けました。
今思えば、これが今回の敗因の全てのような気もします。

カレントのやや上流に立ち、V字スライドを意識してポイントへピースを流し込みました。
ルアーがターンして、その瞬間にやや重い感じがしましたが、フックアップせずにルアーを回収しました。
次に少し横に移動して、同じラインにルアーを通します。
流れに乗ってたるんだラインを回収し終わった時に、押さえつけるようにバイトが出ました。
思いっきり合わせて、強引に魚を浮かせたところ、遠くでバシャバシャをするそのスズキは完全にランカーのエラアライ!
もぐった瞬時に、ビーストブロウルのブランクが満月のようにしなりましたが、強引にひたすらリールを巻きます。
以前にアルテグラが破損したので、今回はメンテ済みのバイオマスターを持ってきました。
が、ここで又もやリールトラブル発生・・・
また逆回転しだしました(笑)
あわてて、すごい勢いで回転するハンドルを手のひらでキャッチしましたが、このスキにスズキは流れに乗ってしまいました。
こんな時はドラグを緩めて持久戦に持ち込みますが、ココは右側面にいくつものストラクチャーがあるために、なんとしても強引にポイントから引き剥がす必要があります。
まぁその為のビーストブロウルなのですが、それでも危険を排除する為に、やや下流に下がりながら、スズキとの綱引き角度を変えて行きます。
が、しかし、もうすぐオープンエリアにでるか?と思ったときに、あっけなくバレました・・・(泣)
まぁ仕方なし。

その後、色々とシャローをプラプラし、以前は釣れたラインを何箇所か探索。
ちょっとやりすぎて、えらい深いとこにも行きました。
その結果、前日の大雨かシーズンの動きか解りませんが、明らかにバイト数は減っていることを確認できました。

潮止まりで探索を止め、また上流部に異動して1時間ほど休憩。
この時間からやや風が西よりになった事もあり、今回の一番やりたかった場所へと行きました。
ココは先ほどのデカイのをバラしたポイントの上流です。
色々な理由で、なかなか上げでこの場所に居るのは困難なのですが、今回は単独なので「覚悟を決めて」居座りました(爆)

1時間もすると、ゆっくりと流れが逆流しだしました。
いよいよかと思う頃、200mほど上流で、かなり大き目のボイルが連発しだしたのが見えました。
さすがにあそこは今からじゃ行けないなぁ・・・と思いながらも、じっと我慢です。
やがて自分のヨレが大きくなりだす頃、アップクロスにグースをキャストします。

答えはすぐに出ました。
c0025471_231917.jpg

70センチ前後が連発してヒット。
全て太いやつ。
これでこの場所の大まかな魚の動きが解って来ました。
やっぱり良い場所へ動くと言うことですね。

ある程度釣って、ほんとに危ないので止めました。
時間は24時を回った頃です。
たぶんピークはこの後ですが、そこに居ることは容易ではないので、これにて終了です。
終わってみれば、下げは3バイト1ヒット0ゲットで、上げで12-9-5。
前回の潮周に比べ魚が減ったのか、居るけど釣れないのかは解りませんが、今後が楽しみな展開です。

で、懲りずにまた安いリール買いました(爆)
シマノのレアニウム4000番です。
CI4(なんかカーボン混合の樹脂ボディーだとか)が気になっていたので、試しに購入です。
これで肩こりがなくなれば良いなぁ・・・と(笑)

TSSTな皆様、ご苦労様でした。
クリさんおめでとう!!
by yasutakak2 | 2009-11-16 17:34 | 2009年TSST