色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

フィッシングトリップIN伊豆ヒラスズキ(最終日)

ヒラスズキを狙う船がある。
この事を知ったのは、はるか数年前である。
当時、何の知識もない頃に、たまたま見た雑誌でヒラスズキを知り、たった一人で挑戦を決め、ネットで情報収集をしていた時に「伊豆 ヒラスズキ」でヒットしたのがこの船だった。
当時は「誰も居ないところで、自然のあるがままの姿の魚を釣りたい」と思い、ヒラスズキに惹かれていたので、当然この船に乗ることは考えていなかった。
ただ、一度は乗ってみたいと思っていたのも事実。
それは「どんなことをしてもヒラを釣りたい」と思う気持ちと、「プロセスを充実させなくては、ヒラを釣る意味がない」と、思う、自分の中の葛藤があった。
そして出した結論。
「磯でヒラを釣ることができたら、船に乗ってみよう」だった。

あれから数年。
まだまだヒヨッ子であるが、伊豆でヒラスズキを釣ることができる様になった。
条件が合えば、確立も低くはない。

ぼちぼち、船に乗る資格ができたのでは・・・と思う。
伊豆桂丸に電話をしたのは、それから数日後である。
電話で状況を聞く限りでは、それほど良くもないが「毎回1本は釣れる」と言うこと。
押さえに100g前後のジグを準備してほしいと・・・。
これで火がついたのがKebuちゃん。
船での釣りは、彼のほうが全然経験もあり、実際に上手である。
最近はシイラでは飽き足らず、カツオ・ブリ・アオリと、かなり活躍の場も広がっている。
また、道具の見立ても完全にそっちより(笑)
ただ、サバはやらないところが、まだまだ未熟ではある(爆)

c0025471_11332030.jpg

朝6時半に菖蒲沢の港に集合。
スタートは7時なので、のんびりと準備ができる。
しばらくすると船長が登場。
かなりご年配の船長だが、ありがちな「感じの悪いジイさん」ではなく一安心。
この船、かなり有名だから、少し覚悟はしてきたのだが、それは余計な心配だったようだ。

準備が終わり、のんびりと出航。
途中、船を止めて、丁寧にレクチャーをしてくれた。
特に初心者のクミちゃんには優しく、旦那としては大助かりでもある(笑)

ボートでヒラスズキを狙うにあたり、注意点は3つ。
1 サラシの外には絶対に投げない(見切りの原因になる)
2 ボートポジションが決まるまでキャストしない(安全のため)
3 引き波で、岩肌が出るのを確認してから投げる(根がかり防止)
まぁ、どれもわかりやすい事ばかりである。
今年の初めのブリから思っていたが、船からのキャスティングの釣りは、トラブルを無くし、不確定要素を排除することが、釣果に直結する。
船長が言うことは、もっともな事ばかりである。

一通りレクチャーが終わり、「では、そろそろ行きますよ。爪木の沖磯からはじめます」と、船首を磯に向けて走り出した。
サラシは薄い。
船長も「ちょっと厳しいけど、粘れば釣れない事もない」と言う。

一つ目の磯に、船を横に付けようとする。
今回はKebuちゃん・ツバッキー君・クミちゃん・私の4人なので、全員が船の同じ側面に並んで、同じ島にキャストをすることができる。
カレントの具合から、何度か入れ替えてポジションを決め、「ハイ、良いよ~」と、船長が合図をした瞬間に、Kebuちゃんのルアーがサラシに着水した。
続いてツバッキー君が正面のサラシにルアーを落とす。
それを見て「はい、クミちゃん、あっちに投げて良いよ~」と、開いている場所にルアーを投げさせてから、私の投げる場所を探した。
みんなは、島の表側の、ぎりぎりの場所へうまくキャストしている。ラインが3本走っているので、私の角度からはピンへのキャストはできない。
でもね・・・
一番おいしいのはそのエッジじゃないのよ(笑)
いつものオカッパリポイントだと、寄せる波が岸に当たり、その払い出しがサラシとなって、波が来た方向へと帰っていく。
しかし、ここは岸から離れた島なのである。
島を波が被り、抜けていった後ろにサラシが出るのである。
しかもこの辺、水深が浅い。
って事は、岸から伸びる岬の先端に、島ができていると考える。
よって、水中に角度がついたブレイクがあり、そのブレイクとサラシがクロスする場所が、一等地なのである。
そして、狙うのは少し深め。
ブレイクについた魚は、追ってこさせてはダメ。
それは散々、あのいつもの磯で見てきたことだった。
追わせて食ってくるのは小さいのだけである。

なぜこんなにウンチクをたれているか?
それはね、
c0025471_129503.jpg

一投目でこれ釣っちゃったから、調子に乗っているんですよ(笑)
ルアーはルドラSP。
クロスする場所でのワンアクション(止めるという事もアクションです)で、一発ヒット。
「ヒット~!」と言ったが、誰も信じてくれてなかったが、船長が気がついてくれて、船を磯から放した。
慎重にやり取りし、ようやくネットイン。
南伊豆のヒラスズキはカッコいい。。。
写真撮ったり、準備をしていると船長が、「こんなに簡単な釣りじゃないからね!もう今日は1本も出ないかも・・・」と。
しかし、それでは終わらない。
次の島でも1投目にヒット。
今度は強引に寄せたが、バラしてしまった。
「もっとフッキングを強くして!口が堅いから追い合わせを3回は入れてよ~!」と、船長が指示を出す。
その数等目にまたヒット。
今度はガッチリとフッキングしていたので、クミちゃんにタモを入れてもらった。
何回か失敗したが、初めての共同作業で、無事にネットイン。
その後も、島を変えると順調にヒットし続けた。

こうなるとあせっているのはKebuちゃんだね(ニヤ)
うちの嫁に「どこに投げればいいの?」と、いつものパターン(前回の富津では、これで言われたとおりに投げて、ヒットしています)に・・・。
そしてら奇跡のヒット!!
c0025471_1213957.jpg

船長が「そりゃぁ赤ちゃんだな・・・」と。。。

出航して2時間ほどして、サラシはどんどんなくなっていく。
本当はもっと沖の島に行く予定だが、ゴールデンウィークなのでどこも沖磯満員。
船長と相談し、アオリ狙いで戻ることになった。
爪木沖から、菖蒲沢に入ると、もうそこはプール状態。
c0025471_12241858.jpg


しばらくやって、干潮になると船が上げられなくなると言うことで、終了となった。
c0025471_12252087.jpg

6ヒットの4ゲット。
久しぶりに同船者をマクッたね。
一人勝ちである。
船に乗って良かった(笑)

c0025471_12272440.jpg

今回お世話になった船長。
通常より1時間早い上がりとなり、しばらく船の上で雑談をした。
昔の写真を見せていただいたら、若い頃の村越氏や、なつかしの西山キャスター(故)の写真があった。

今回は、良いサイズが出なかったが、5月後半は楽しみと言うことらしい。
ただ、土日の予約はあいていないので、残念ながらまたの機会に。
秋も出してくれると言うことなので、次は大きいの狙って生きたいものです。
この船の本当の魅力は、「沖から地磯を見ることができる」事だったりする(爆)
今度行くときは、沖磯よりも、もっと西伊豆方面に行ってもらいたいと。。。

追記
翌日は江ノ島でランチ。
c0025471_12354443.jpg

これぞ、世間で言うゴールデンウィークですな。
by yasutakak2 | 2007-05-03 11:13 | シーバス