色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ロッドのインプレ

やはりこの価格帯のロッドは、みなさん興味があるようですね。
メール含めて、レスポンスが異常に良いです(笑)

先に言っちゃうと、メーカーがちゃんと作ったハイエンドモデルには、やはり低価格のエントリーモデルがかなうものでは在りません。
私がロッドに求めるのは、釣り物に対する「軽さ」「曲がりの調子」「強度」のバランスですが、一部のロッドを除いて高いものほど妥協点が少なく感じます。
ただし、これは同時期にリリースされた場合の話しです。
現在のエントリーモデルは、数年前のハイエンドモデルと同じか、それ以上のポテンシャルがあると感じています。

時代は変わっていくのです。
特にカーボンの加工技術は、ここ数年で目覚ましい進化をしています。

今回買ったロッドのインプレですが、港湾のオープンエリアで色々と試した結果、費用対効果は◎でした。
ロッドの特性はサスペンションのスプリングと同じと考えています。
同一線形では縮む強さとその反発は比例しますが、加工の仕方で大きくその特性を変えることが出来ます。
それをロッドで言うならば、カーボン・樹脂・テーパー角度で調節していると思います。

たとえば同じカーボン&均一な樹脂でロッドを作り、太さをバットからティップまで変えなければ、トラクションを掛けた場合には大きな完全に同一の弧を描きます。
ばねの強さとは、この時に「何kgで曲がりだして破断せずに耐えれるか」です。
一般的に硬いバネほど、一度縮み出すと初期の反発力を失い、「腰が無い」と言われる状態になります。
逆に硬くないバネは縮み始めは早いのですが、縮み方向へ進んでいる途中でも初期に近い反発を得ることが出来ます。

ロッドでこれを決めるのはカーボンの素材と樹脂配合率だと思います。

次に、ロッドへ負荷を掛けた時に端から端まで同じRを描いたのでは、ただの棒となってしまいます。
そう、ただの曲がる棒です。
釣りではそれぞれに求める状況がありますので、それに合わせて「適度に異なる曲がり方」を各部位に求めます。
しかも、物を飛ばす→巻く→掛ける→寄せる→獲るという工程において、物理的要求も異なるのです。
まして、ロッドを扱うのは人間です。
カン・コツはアングラーのレベルによって大きく異なります。

そこをあわせて行くのがテーパーデザイン(ロッドの曲がり方)です。
単純に上から下まで同一材料ならば、その部位の太さで変えることが出来ます。
バット部分からティップまでのテーパー角(太さの変更)ですね。
一般的にはバットよりティップのほうが細くなってますが、その率に変化をもたせます。
細ければ曲がり、太ければ曲がらない。

ココまでが基本的なロッド特性を決める要素ですが、数年前からプラスαの要因が入ってきました。
それは「部位によって素材(比率)を変える」という事です。
カーボンのトン数だとか、樹脂配合(厚み)率だとか、それはもう色々な要素があります。
ただ、製造工程が増えるので、お金は掛かります。
ハイエンドモデルは当然、この辺りは様々な事をやっています。
逆に、エントリーモデルはコストの関係でやって無いと思います。

そして最後に重要なのがガイドセッティングです。
数と配置バランスで大きく性能が変わってしまうのです。
一つの方向性に向かった開発を行っている場合、開発者が拘るほどこのガイドセッティングは難しくなっていきます。
重く硬い金属がテーパーデザインを狂わすのですから、様々な要素が複雑に絡み合うハイエンドモデルはココに拘るのは当たり前ですね。
無垢の状態(何も付いてない状態)でのテーパーデザインが理想であるならば、ガイドと言う物はただの邪魔者でしか在りません。
しかし、ガイドが無いとロッドとしては不完全です。

セッティングというのは、チューンアップでは在りません。
本来の力を当たり前のように引き出すことです。
そういう意味で、ガイドセッティングはセッティングだと思います。
だからKガイドが騒がれているのです。

さて、今回のロッド。
誤解を恐れずに言えば、重たいです。
エントリーモデルのロッドが沢山あったので片っ端から手に取りましたが、その中でも重たい部類に入りました。
Kガイド付いてもこの重さ?と思ったほどです。
それでも、数年前のこのクラスのロッドに比べたら軽いです。

エントリーモデルはテーパーデザインの味付け段階で、それほど多くの工程をふむ事が出来ません。
なぜならば「安くする必要がある」からです。
コストダウンには工数削減が一番です。
ハイエンドモデルの「やたら軽くて装備が良い物」は、様々な素材を組み合わせたりするので工数が多くて高くなってしまいますね。
あ、もちろん材料費も上がります。

そう思うと、一番怖いのが「安くてやたら軽い、可変テーパーのロッド」です。
ココまで来ると「どこでコストダウンしてるんだ?」と不安になってしまいます。
この手のロッドはよく、折れると噂が立ちますね。
原因は材料なのか工程なのか、はたまた検査なのかは解りませんが、破談に対する工程能力値が低いのは間違い在りません。
※たくさん売れてるロッドも折れるという噂が立ちやすいですが、それは別の問題です

今回のロッド、確かに少し重いですが、これはブランクが肉厚な為と考えられます。
そしてそこに安心を感じているのです。
デンジャラスな釣行頻度が高い私として、これは大きなプラス材料です。
Kガイドで軽くなるという事実があるとして、「ロッド全体が軽い事をアピールする」のではなく「Kガイドが出たから、ココまでブランクを重くできた」と捉えています。
視点が変わればデメリットもメリットと変わります。

繰り返しますが、最近のハイエンドモデルには軽さではかないません。
でも、肉厚ブランクは曲げに対する粘りが出るので、オーバートラクションに対して腰が抜けにくいです。
スプリングでたとえるなら、硬いのではなく柔らかく、その分の入りの速さを厚みでカバーしてるイメージです。

キャスト精度が高くて感度の良い物が欲しいなら、ハイエンドモデルをお勧めします。
でも、2万円以下のエントリーモデルでもう一歩先のものが欲しいなら、今回のロッドはお勧めです。
ウェーディングはそれほどキャスト精度や感度が要らないので、エントリーモデルでも十分に釣りになりますね。

その釣りの中でもハイエンドモデルはメリットがありますが、エントリーモデルの中では、個人的には良い線行ってると思います。

と、ココまで書いて思ったことが一つ。
ビーストブロウルもその方向ですね。
想定しているウェイト幅が違いますが。
また同じようなロッドを買ってしまった気がします(爆)

数年に一度訪れる、大きな技術革命を感じます。
魚を釣るという事に関して、「絶対的にこれでなければならない」と言うのは個人的に抵抗がありますが、「自分がやりたい事を具体化している物は、やっぱり使っていてストレスが無い」と思います。

数年前のハイエンドモデルロッドでも、十分にシーバスは釣れました。
私が初めて買ったウェーディングロッドはGクラフトでしたが、とても軽くて驚いたのを今でも鮮明に覚えています。
その頃、エントリーモデルは今よりもラインナップが少なく、投げ竿か?と思われる1万円以下(今はこのクラスは3千円で売ってますね)を買うか、高価なロッドを買うしか在りませんでした。
まだレースをやっていた頃なので、応援してくれてる人たちに申し訳ないと思い、みんなに内緒でコッソリと買ったのが懐かしいです。
すぐにバレて怒られましたが(笑)

そのロッドで、沢山の魚と出会ってきました。
エイと崖落ちで2回折ったのですが、かなり気に入っていたのでその度に同じロッドを買いました。
私が今まで使ってきたロッドの中では、間違いなく「愛着が沸いた1本」といえます。

そして愛は盲目です。
他のウェーディングロッドはまったく目に入る事もなく、長い年月を供に過しました。
東京湾のウェーディングはもちろん、久米島のショアガーラ、初めて掛けた伊豆のヒラスズキ、クミちゃんと初めて待ち合わせをした江ノ島水族館前のウェーディングの時も、このGクラフトが必ず側にありました。
私はこのロッドだけで、これからも多くの魚と出会っていくと思っていたのです。

しかし、やはりそこは男(爆)
3回目の破損(燃えた)の時に、少しだけ冷静になったのです。
最近のロッドってどんなのがあるのかな・・・と。

思い立ったら速実行。
なんせ週6.5日は釣りをしていた時期なので、「ロッドがないから釣り出来ない」なんてのはありえなかったのです。
埼玉と湘南の釣具屋を2日間掛けて廻りました。

そして、Gクラフトと出会った時と同じように、また驚いたのです。
何だこの軽さは!・・・と。
4万円前後のハイエンドモデルは、どれもが全て恐ろしく軽く硬いロッドになっていました。
そして2万円前後のエントリーモデルの一部は、店の中でチョロっといじった限りでは、重さ感(数値ではない)だけならもはや数年前のハイエンドモデルと変わらないのです。
まぁ、トラクション掛けると全然違うのは当たり前ですが・・・
それでもかなり驚きました。

ただ一つ気になったのは、他に比べ一部に特化したロッドが減った事でした。
ポップもスペックも、なんか全部似た様な事しか書いてありません。
先調子でPE対応で飛距離が出ると・・・
一昔前に欲しいと思っていた事が、スタンダードになっていたのです。
ヘビカバがもたらした影響は大きいですね。

結局買ったのは初代ビーストブロウルでした。
ナイトホークが欲しかったのですが、リリース直後でどこにも売ってない為に、長さを捨てて強さを選びました。
ちょうどそういう釣りが楽しい時期でしたし、思い切ってその方向の最も過激な物を買いました。

このロッド、ステキでした。
様々なロッドを見てきましたが、レアフォースを用いてストラクチャーがあるウェーディングポイントで80cm以上だけを狙うなら・・・
体を壊す事を恐れなければ、飛距離も十分に稼げます。
何かに特化するという事は、そういうことだと思います。
十分にステキな思い出を戴けました。
高知のアカメ、長崎で掛けた謎の巨大魚、湾奥シャローの80ラッシュ。
もちろんこれからも活躍してもらいます。
誰がなんと言おうと、「良い物は良い」と。

が、しかし。。。
去年から気になってる事もあります。
それは「大きいのが狙えない時のウェーディングに向くロッドが無い」という事です。
まぁその辺りは前回の記事を見てください。
一言で言うなら、日本の道に70年代のアメ車は似合わないと・・・

そして今回、向かった釣具屋で数年ぶりにまた驚いたのです。
エントリーモデルの選べる幅が、ものすごく増えていることに。
前回驚いた時以上に、スペックが良いエントリーモデルが増えていました。
以前はハイエンドモデルのスペックが、やはり今回もエントリーモデルへと受け継がれています。
ちなみにハイエンドモデルは驚くほど何かが変わったか?とは思えませんでしたが、これは時期の問題かもしれませんね。
小さな変更はあるようですが。
次は秋に見てみたいです。

モータースポーツ関連の情報からカーボン加工技術が暴落しているのは知っていましたが、その恩恵を釣り業界も得ているようですね。
価格が下がれば新規参入する企業も増えます。
そして競争の為に技術開発も活発になります。
単純な製造技術の進歩の過程ですが、問題は「なぜその製造技術をメーカーがレベルアップする必要があるのか」ではないかと思います。

やはり、求めるユーザーがいるから、技術は進歩していくのです。
注目すべきは、「どこのOEMだとか生産国がどこかではなく、コンセプトに対して忠実に作ったか」が大切だと思ってます。

釣りを30年近くやってきて気が付いたのですが、アングラーは道具に何か求める事を止める事は無いのかもしれません。
時代の流れとはそういうことですね。
いつの時代も憧れがあり、アングラーの数と同じく求められるものがある。と。。。

次の時代に望むのは、現在のハイエンドモデルと同じスペックのものが「まぁ、試しに買ってみるか?」という値段でリリースされる事です。
そうすれば、ユーザーの要求はさらにレベルアップし、もっともっと良いものが現れてくるのではないかと。
いつかは解りませんが、そういう物が登場する事をお小遣い制度に苦しむサラリーマンアングラーの一人として願ってます。

【インプレ結論】
2万円以下のエントリーモデルとしては十分すぎるスペックです。
このロッドで具体的な不満が出るなら、『しっかりとしたコンセプトを持つハイエンドモデル』を買ったほうが手っ取り早いと思います。
他社に比べれば少し重く感じますが、それで釣果が変わるかとは思えません。
むしろ、ロッドを酷使することの多いアングラーとしては他のエントリーモデルよりも安心できそうです。

またしても無駄な前フリが長いと言われそうですが、とりあえず数名から言われたインプレ希望にお答えしてみました(笑)
釣具は使ってナンボなので、ただの能書きと思ってください。
現物が気になる人は、来週のTSSTで遠慮なく声をかけてくださいね。
by yasutakak2 | 2010-05-08 00:00 | 2010年TSST