色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

テクトロをなめてはイカンw

テクトロって知ってる?
延々と続く同形状ストラクチャーに付いた魚を、効率よくルアーで狙うための釣方です。
やり方は簡単。
チョイ投げしたルアーを「リールで巻かない」で、テクテクと壁際を歩くだけ。。。
水をつかんだルアーは、安定水深に達して歩いた分だけ壁際を泳いでくれるというやつです。
ストラクチャーに付く魚を狙うには、簡単かつ確実にヒットさせることが出来ます。

この釣りを過去にやった記憶は、たしか15年ほど前に土浦に流れ込む桜川でスプリットショットのミノー(懐かしのターゲット)でやっただけでした。
たしか40cm後半を何本か釣った気がします。

それから長い年月が過ぎ、少しは釣りに行くことも増え、気がつけば「はぁ?テクトロ?あんな技術もへったくれも無いことやって、なにが楽しいの?」という釣り人になっていました。
これ、その道が好きな人には失礼ですが、ほんとにそう思っていました。
だってさ、「歩いた距離だけ釣果が上がる」んだったら、健脚な人のほうがたくさん釣れるって事でしょ?
しかもキャストしないんだったら、リールなんて要らないジャン(笑)
そんなのでたくさん釣っても、何が楽しいのかね?

本気でそう思っていましたよ。

金曜の夜、ずいぶん前から話をしていた某ポイントへ、カツミさんと行ってきました。
東京湾にもまだまだある、オカッパリのできる隠れた秘境です。
近くには狙ってデカイのを釣りに行くポイントもあり、かなり期待をしていました。

付いて早々、早速テクトロの準備開始。
カツミさん曰く、「意外と差が出ますよ(ニヤリ)」との事でしたが、この時点では「同じ場所をルアー泳ぐのに、何の差が出るのかねぇ?せいぜいトリックの入れ方でしょ?」と、思っていました。

往復約500mの下がちょっとエグレてる壁。
何の危険も無く、また、これといってアプローチも難しくはない。
あるのは壁とブレイクとカレントだけ。
風は北からやや強く、正面から受ける状態。
試しにキャストで沖目にピース100をキャストしたら、小さいのが1発でヒット。
確かにキャストでは時間が掛かるので、テクトロでやったほうが効率もよく、きっと釣れるでしょう。
まぁ軽く10本ほど釣って、心が癒されたら帰りましょうと言うことで、一歩目を踏み出しました。

港湾の明かりが差す堤防を、壁際に10mほどラインを出してテクテクと。。。
並んで左右に出しているので、ダベりながらお気軽フィッシングを楽しみます。
シーバスなんて幾らでも居ると思っているので、たまにライトとか照らしながら水深を確認し、「これでヒットしたら楽しいですね♪」とか言ってみる。

100m進んだところで、カツミさんが3歩ほど無言でダッシュ・・・
何してんですか?と聞いたら、「バイト!」とか。
いや~、ウけた(笑)
なるほどねぇ。
そうやるんですか。

それから10mほどでまたカツミさんがダシュ。
今度は乗ったらしく、60cm?ほどのシーバスが足元でバシャバシャとしてます。
お~、すごい!テクトロでシーバス釣ってるのをはじめて見たので感動しました。
まぁバレてしまいましたが、どうせすぐ釣れるでしょ?と思い、またテクテクと。

しばらくしてカツミさん、ヒット3本目でしっかりキャッチ。
ちょっと小さいけど、斜め後ろから一連の動作を見させていただきました。
なかなか楽しいです。

で、???と。
私、ノーバイトなんですが・・・
左右に分かれてるから、きっとそっちの面に魚がいるのですかねぇ
と言うことで、今度はカツミの後ろを離れてテクテクとやってみました。

また10mほどでカツミさんがヒット。
それを見て足を止めたら、コン!っときましたが乗らず。。。
数分後には行き止まりに付いてしまいました。

「ねぇねぇ、カツミさん。歩きながらなんかやってる?」と聞いたとら、「かなりやってますよ~」と。
で、ちょっと腰をすえて話を聞きました。
なにやら「速度」「レンジ」「アクション」の3つの要素でかなりバイトに違いがあるらしく、最終的に乗せるまでにも大きなポイントがあるそうです。
付いてるルアーもレンジがぜんぜん違いました。
「じゃぁ今度は工藤さんが前でどうぞw」と言うことで、復路スタート。
ルアーをリップ付きのディープダイバーにしたところ、バイトはあるのですがなかなかフックに掛かりません。
振り返るとカツミさんは着実に魚を掛けてます。
数分後、ググッと来たので、よっしゃ~!!とリールまいたらなんか変な感じ。

カニマンション釣れました。
中を覗いたら、小さめのワタリが数匹。

途中休憩で、堤防先端に群れるイナッコにキャスト。
釣れないので足元をライトで照らしたら、60cmほどのシーバスが群れでイナッコを追いかけてました。
ウジャウジャ居るじゃん。
私が下手なだけでした(泣)

その後、何往復したか判りません。
バイトの数は伸びますが、キャッチは0匹。
当初の予定では「癒し」を求める釣りだったのですが、気がつけば「過去、最も歩いたシーバス釣り」に・・・
潮位が下がったところで終了。。。

結局、テクトロしに来たのに、キャストで1本釣っただけ。
15バイト-1ヒット-1ゲット(笑)
テクトロって、かなり技術の差が出る釣りと言う事を知りました。
リベンジしたいとは思いませんが、とても勉強になった釣行でした。
c0025471_2312370.jpg

カツミさんって、何でも出来るのね(爆)
お疲れ様でした。

※画像後日
by yasutakak2 | 2009-10-23 23:32 | 2009年TSST