色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ヒラスズキの南限を追う旅4

【3日目】
昨日よりちょっと早起き。
なぜならば、港湾部も気になっていたからです。
ワイキキ周辺には数多くの水路と橋があります。
湾奥プロと来ているのですから、コレは当然やるでしょう(笑)
という事で、高級ホテルが立ち並ぶすぐ横の水路を、ちょっとだけ狙いました。
c0025471_23703.jpg

まずはセオリーどおりに橋の明暗部へ。
ここハワイは、街灯のほぼ全てがオレンジ色なので、水路の水面もその光をまともに受けて、オレンジ色に光っています。
また、橋も低いので、明暗はかなりハッキリとした境目を作っています。
で、選んだルアーは、スーサンの黄色とオレンジのヤツ。
ヤルキバの黄な粉と悩みましたが、濁りがキツイのでスーサンにしました。

思ったより流れがありません。
ムムム・・・
という事は、橋脚のある暗闇でしょう・・・
アンダーキャストで暗い橋の下へ。

着水直後にジャークを入れて、そこからハンドルを2巻きしたところでパシーン!ガガガツッ!!ときました。
すぐにアワセを入れると、ジーーーっと機械的にドラグがでます。
ありゃ、ウェーディングに合わせたままだった(笑)
軽くスプールを抑えて、もう一度追いアワセを入れて、ロッドのなりにファイト開始。
トルクというよりもスピードのある引きで魚は抵抗してきたので、穴から出た事だしロッドを上に思いっきり上げてゴリ巻きしました。

数秒後にスルスル~と足元へ。
低い足場をブッコ抜き、ポチャンしない様に茂みのほうへ魚を誘導しました。

c0025471_237586.jpg
う~ん、港湾のスズキ釣っちゃったよ~!
なんか歯が・・・まぁ、あれですが。。。
c0025471_2381842.jpg

しかしスーサンすげえな。
コレで『ハワイでボウズ』はなくなりました!
ありがとう(涙目)

港湾で釣れる事を確認したので、本日の本命であるウェーディングポイントへと向かいます。
昨日の磯もそうですが、ワイキキから車で30分もかかりません。

パーキングに付くと、数名のロコが釣り支度をしてました。
1名はGTロッドにブッコミで、その他の人はフライやルアーです。
いやぁ~、ココはまさに大当たりっぽいですね。
まるで三番瀬の駐車場のようになってます。
c0025471_23135516.jpg

急いで準備をして、他のアングラーが入る前にウェーディングスタート。
c0025471_2314235.jpg

沖のブレイクまでは約300mほどのシャロー(腰下ぐらい)が延々と続き、所々深い(と言っても腰程度)スリットがあります。
まずは沖のブレイクにめがけて一直線。
c0025471_2314534.jpg

一直線に行き過ぎて、勢いあまって波をモロにかぶる場所まで行っちゃいました(爆)
いやね、ハワイのセットは怖いですよ~。
逃げるにもウェーディングなんで・・・
c0025471_23152443.jpg

さて、ちょっと落ち着いた場所に戻り、ここから東のほうへ向かって、探りながら180度にキャストしていきます。
数百mほど行ったでしょうか。
シャロー側にロコが入り、水面をひたすら凝視しています。
キャストは数分に1回。
あぁ、なるほどね。
噂どおりのやり方ですね。

で、私は延々とキャストしながら進みます。
そろそろ戻ろうかなぁ・・・と思って、後ろを振り返りました。
あ!そういうことかぁ。
太陽の向きね!
逆向いたら丸見えジャン(笑)
で、今度は太陽を背にして、ちょっと浅いほうを戻りながら魚探し。

噂では「現地ガイドにしか魚が見えない」を嫌ってほど聞いたが、それウソですね。
入る時間と、探っていく方向で、なんとでもなるね。

で、すぐに発見。
ポカ~ンと水面下30cmのところに、下向いたボーンフィッシュを発見。
サイズはたぶん60~70cmほどかな?
そこまでの距離は約5m。
太陽を背負っているので、とにかく影を掛けない様にそ~っと移動して、ルアーをチェンジ。
まずはヤルキバをキャスト。
お、反応した。

う~ん・・・
じゃぁ次はドックエックスで高速引き。

あぁ、嫌がった(笑)
じゃぁスーサン。
お、ちょっと気になってる!
で、目を放さないようにしながら、またヤルキバに戻す。

間を切ってキャスト。
あれ、無視?
じゃぁ・・・最後の手段。
X70を遠くへキャスト。

そしたら、なんか違う魚がイッパイ集まってきた・・・
うわ~、しかもなんか威嚇してる!
その細長い口はヤガラですか???

あ!
ボーンフィッシュが逃げていく!!
明らかにヤガラを嫌がってる。

えい!
X70ダイレクトで行って来い!
そしたら、もっとヤガラが集まってきました(笑)

チ~ン・・・
ボーンフィッシュが消えちゃった(泣)
c0025471_23161388.jpg

残ったのは大量のヤガラだけです・・・

ここらで回りにアングラーが増えてきたので、本日の釣り終了。
なかなか良いものを見ました。
今度来ることがあったら、アレ釣りたいです。

c0025471_23163343.jpg

c0025471_23172379.jpg

いや~、早朝のウェーディングは気持ち良いね。

【4日目】
さて最終日。
今日は帰国日なのですが、私とクミちゃんの飛行機は村岡家より早い時間のフライトです。
3日間で、磯・リーフ・港湾と、全てのポイントで魚を確認しています。
で、あとは何やりますか?と。
軽くナビを見て気になったのが、ワイキキの西にある河川です。
さほど大きくないのですが、明らかに内地から流れている川なので、こりゃぁ大きいの狙えるか?となりました。
また、ホゲっても近くに水路やマリーナもあるので、ランガンすれば何かしらの結果が出ると思われます。

家族が寝静まった23時にコッソリとホテルを出て、ナビを見ながら西へと向かいました。
「3時が潮止まりなので、そこまでやってみましょう」という事で、数箇所のポイントを見て回ります
う~ん
ちょっとアレだね。
深夜のアメリカを味わいました。
あっちこっちに妖しい人影があり、ホテル前のビーチ以外は車から離れられません。

↓この場所はホテルの敷地内みたいなもので、かなり安心して釣り出来ます。
c0025471_23251916.jpg


また、コンビニでドリンク買うために、昼間遊んだショッピング街へ行きましたが、まったく様子が違います。
バイヤーと娼婦とオマワリだらけ。。。
車を止めることすら恐怖です。
けっきょくコーラ買うのに30分もかかりましたねw

あと、マリーナは釣り禁止になってました。
c0025471_23234771.jpg

こんなとこで捕まれませんね。

最後に本命場所の河川へ移動。
そして知りました。
ワイキキの西の川って、ダウンタウンのど真ん中なんですよ(爆)
通りにはロコが5m間隔で寝ています。
しかし車が通過すると、必ずと言って良いほど、遠巻きに様子を見にくるのです。
「ちょっとアレ」じゃぁすまないほどです。
でも、ココまで来たので、せっかくだから車から降りてみました。

c0025471_2327599.jpg
ナビで見た川は、フルキャストすると対岸に届くような小さな川でした。
車から見える範囲に数本の橋がかかり、昨日の水路のような感じです。
ただ、やはり川のようで、流れはしっかりとあります。

まずはスーサンをキャストして様子見。
そしたら対岸のブッシュに引っかかりました。
う~ん、対岸へ取りに行くのもちょっと怖い。

悩んでいたら、後ろをパトカーが通りました。
車止めてから3回目(笑)
でも、逆に考えれば安心ともいえます。
約3分に一回は、パトカーが通りますので、その時に行けば良いのかと。

で、無事に回収。
戻ると村岡さんが「あっちの橋やっても良いですよ」と、ステキな明暗を譲ってくれました。
さすがですね。
大人のゆとりを感じます。

でも、丁重にお断りいたしました。
だって、コワイんだもん(涙)
確かにステキなんですが、村岡さんから離れて一人になった瞬間に、きっと良くない事が起きそうな気が・・・(笑)

コレで終了。
河川はまったく釣りになりませんでした。
緊張して、ルアー巻くの早すぎ!

東京って、とても良い場所なんですね。
確かに港湾部は釣りができる場所が少ないですが、命の危険は感じません。
人気の無い場所に車を止めておいても、そうそうやられる事も無いですし。
ホントに良い勉強になりました。

帰り道、ダウンタウンを突っ切って戻りましたが、今までに無い恐怖を感じました。
さっきまで味方と思っていたオマワリは、一時停止違反のトラップかけていましたよ(笑)
c0025471_2327391.jpg

さて、コレでハワイの釣りは終わりました。
まとめると、ルアーのターゲットはどこにでも居ます。
また、日本製のタックル&ルアーでも十分に釣りが出来ます。
今後、ハワイへ旅行に行く時の為に、珍しくタックルデータを残しておきます。

【磯】
上記文中記載

【ウェーディング・港湾】

ロッド:アピア ビーストブロウル
リール:シマノ4000hg
ライン:PE2号
リーダー:フロロ25ポンド
ルアー:スーサン・ヤルキバ・ドックX ・X70・その他
フック:4~8#
c0025471_23282630.jpg

【その他装備】
ボウシ:ツバがあるもの
偏光:リーフはシマノの黄色もしくはグレーが見やすかった
ウェット:All2mmのペラペラの奴(ヤフオク1万円)
ブーツ:フェルトスパイク
ライジャケ:K-Goodの超軽量座布団
ウェストバック:アウトドアー用品店で1000円の奴
小物:スミスのペンチ・980円のライト・偽物ボガグリップ・水

まぁ、東京のタックルと変わりませんね。
そのままで行けます。
あとはいかに「危険な目にあわないか」ですが、コレばかりはなんとも言えません。
おそらく、ダウンタウンは論外でしょう。
女性なんかは絶対にNGです。
また、意外と気を使うのが「駐車禁止」の場所が多いということです。
あ、スペース開いてる!なんて思うと、消火栓やゴミ箱があって、その数mが駐車禁止になっていました。
ロコは絶対にそんな場所には止めていませんでした。
取り締まりはかなり厳しいようです。
今回私たちはダウンタウン方面に行ってしまいましたが、ひょっとしたらホテル街のほうが安全かもしれませんね。
もしくは時間をずらすか。
明け方の明るくなってきてからのほうが、確実に安全です。
夕マズメ~深夜より、ちょっと早起きして朝マズメの釣行をオススメします。
今回釣った魚も、そんな時間でした。

コアな釣り人は、港湾よりも磯をオススメします。
ある意味で安全です(爆)
そして・・・
居ますよ、ヤツが。
でっかい胸鰭を広げて、確実にリーフエッジを回っていますね。
その道を知るアングラーなら、そういうタックルをもっていったほうが良いです。
また、ルアーは60g前後のトップが良い気がします。
それらのタックルがあれば、リーフエッジに挑戦もできますので、もっと素敵なことが起きると思われます。

そのリーフの釣りですが、安全度で行けば今回の釣りでは、間違いなくNO1でした。
エイもいなかったし。
釣ってないのでなんとも言えないのが悔しいのですが、ボーンフィッシュは確実に居ます。
噂なんて、所詮は噂です。
常識的に「見つけられない」とか「ポイントが難しい」と言われてますが、そんなものはほっときましょう。
きっと私も、ガイドさんに連れて行かれたら「ガイドのお陰で・・・」と言いますよ。
そんなものです。
それにさぁ、良いじゃん、釣れなくても。
夜明けのリーフは、しびれるほど美しいんだから。。。
そこで満足いく1本を目指してください。
三番瀬のウェーディングを知っている人なら、いつか東京湾のスタイルで釣っちゃう気がします。
村岡さんより先にやって下さい(爆)

コレにて釣り編終了
子連れ海外旅行編へと続く
by yasutakak2 | 2009-06-03 23:30 |