色んな遊び


by yasutakak2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
バス
シーバス
2009年TSST
ニュース



モータースポーツ
2010年TSST
ウェーディング講習
画像置き場

以前の記事

2015年 06月
2014年 07月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

お気に入りブログ

一期一会
Tight Line!!

ご連絡

yasutaka@kudo-p.co.jp

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ヒラスズキの南限を追う旅3

【釣り編】

aloha!
はい、ハワイに着きました!
(飛行機の中のことや、旅行中の出来事は【子連れ海外旅行編】を見てください)

バリの様な湿度はまったく感じません。
この時点でウェットスーツを持ってきて良かったと思いました。
ウェットスーツはけっこう熱いのです。
しかし、湿気が無いと非常に快適なのです。

さっそく空港からレンタカーで、磯のアプローチポイントを確認しに行きました。
c0025471_22264637.jpg

プロローグでも書きましたが、ハワイの磯はリーフエッジが近く、足元から真っ青な海が広がります。
また、ハワイと言えばサーフィンがとても有名ですが、太平洋に浮かぶこの島は、常に地球の極からの巨大なウネリにさらされています。
その為に、ドコかしら素敵な波が当たり、そこには巨大なサラシが発生しているのです。

さて今回のヒラタックル。
大型のヒラを想定し、何時もよりも少しだけヘビーな方向に振ってみました。
【タックルデータ】
ロッド:ヒラ様11f
リール:シマノ6000hg
ライン:PE2.5号
リーダー:フロロ50ポンド
ルアー:ルドラ・ファルコンLb・Kten142・バイブ30g
フック:2#

です。
全体的には何時ものヒラと変わりませんが、ラインが太くなった分をカバーできるキャパのリールにしました。
ちなみにキャスティングラインではなく、ジギング様ラインを使ってます。
理由は「残量が判る様にしたかった」からです。
今回はPE2.5号を300mきっちりでした。

次に、磯のオカッパリを想定していたので、その装備を紹介します。
【装備】
クライミングヘルメット:黄色いの(爆)
ウェット:All2mmのペラペラの奴(ヤフオク1万円)
ブーツ:フェルトスパイク
ライジャケ:K-Goodの超軽量座布団
ウェストバック:アウトドアー用品店で1000円の奴
小物:スミスのペンチ・980円のライト・偽物ボガグリップ・水

こんな感じでしょうか。。。
大切なのは機動性です。
何時も使っているRBBだかBBR(?)だかの、ポケットが着いたライジャケは持ってきませんでした。
理由は「荷物がかさばる」からです。
遠征に行くと良く思うのですが、ライジャケが一番うざいのです。
ウェーダーはもっとかさばりますので、今回はまったく持ってくる気がしませんでしたw
さてこの装備、今回のハワイでは1点だけ失敗がありました。
それはブーツ。
ハワイの磯は、硬くツルツルの岩に薄らと砂が乗った状態の場所が多いのですが、このフェルトピンがまったくグリップしません!
濡れた場所はほとんどなく、フェルトの利点はまったく無いといっても良いぐらいです。
道路から傾斜になっている岩を降りていくのですが、伊豆ではなんでもない傾斜で突然グリップを失い、ずるずると海のほうへと落ちていきそうになりますw
まぁ段々になっているのでそれほど危険では在りませんが、何時もは歩ける場所が「しゃがんでゆっくりと降りる」という事になりますと、いくらか起動率が落ちてしまいますね。
まぁ人一倍安全に行く主義なので、必要以上に恐怖を感じたのかもしれません。


話しを元に戻して・・・

初日は空港からレンタカーでポイントを見て回りました。
c0025471_2227982.jpg

村岡さんがたくらんでいたポイントはまさにハワイの景勝地であり、空港から1時間ほど走れば、「こりゃぁヒラスズキが釣れないわけが無い」と言うぐらい素敵な場所に行けます。
c0025471_22314520.jpg

足場の高さはちょっと高いですが、ヒラを掛けた後に誘導する場所は何箇所かあり、不意の大物が来てもなんとかなりそうです。
しかしハワイ、海が広大ですね・・・
広大すぎて潮目もありません。
地図を見ると判るのですが、日本は大陸にくっついた場所にあるので、黒磯や親潮が大陸棚へぶつかり、シワのような潮目がたくさん出来ています。
さらに、複雑な地形と陸地から流入する淡水のお陰で、水温にムラが発生します。
このムラがとても大切なようですね。
で、ハワイはというと・・・
なんかネェ、太平洋のど真ん中にポツ~ンとある小島なんですよ。
高い場所から海を見ると、黒潮のど真ん中に居るような錯覚に陥ります。
それを良くとれば「何も無い場所にある、単独の変化」と捉えられますし、逆の目で見ると「変化が無い場所にあるただのピン」とも言えるのです。
それが今回の旅で、どちらに傾いているのかも気になるところでした。

とりあえず、島の東側を見ましたが、最もよさそうなのは先ほどのココヘッド東の磯(保護区を挟んだ東)です。
そのほかの場所はリーフが多く、ボーンフィッシュ狙いなら・・・といった感じです。
c0025471_22273962.jpg

あと深い水路で繋がるマリーナが、島を周回する道路の内側にあり、その明暗部なんかはかなり気にもなりました。
まぁ夜に見ないとなんとも言えませんが、ここが東京湾奥なら超一級ポイントです。

一通り見たい場所を回り、いったんホテルへ引き上げ。
夜は基本的に釣りをしません。
ヒラを狙うので、やはり早朝の一発勝負に狙いを定めます。
よって今回の旅では、帰国日を入れると、4回の朝マズメを迎える事になります。
夜はその為に英気を養いましょうw

【1日目】
例によって3時間しか寝れず・・・
村岡さんに足を突かれて目覚めました(その前に、ハワイ時間に合わせた時計を一個も持ってませんでしたので、目覚ましなんて物がありません)。
夜明けまで2時間ほどなので、慌てずに昨日見ておいた磯へと向かいます。
c0025471_22385178.jpg

深夜のフリーウェイはドコも一緒で、やはり走っている人の質が違いますねw
ちょっと怖い&ドキドキして楽しい。
あ、今回はまったく運転しませんでした。
全部村岡さんにお任せです。
なんせ左ハンドルに乗れないので、ナビ約に徹します(爆)
ん?
ナビもついてますが、ちょっと日本の物と違うので、まだ使い物になりません。
フリーウェイ入り口もなかなか判らないので、ちょっと遠回りしながらポイントへ向かいました。

駐車場へ到着。
昼間と違って、さすがに人間が居ません。
ここハワイ(アメリカ)では、ある意味で人間が居ないと安心できます。
どこかに人影を見ると、「なんか常に狙われている危険」を感じてしまうのです。。。

さて、そんな中でさっそく準備開始。
とはいっても、車上荒らしが多いとのことで車にはタックル以外何も詰めないので、ほとんどホテルで準備してありました。
せいぜいウェットに着替える程度です。
ほんの数分で着替え、スパムニギリをほおばりながら、ゆっくりと磯を眺めてみました。

昨日の昼と同じく、素敵なサラシが出ています。
コレが伊豆なら・・・と、またしても思ってしまいます。

村岡さんも準備完了し、磯を降りていきました。
で、先ほど語った「ブーツ失敗」を感じたのです。
斜めの岩の上で、一人でスリップダウンをかましましたw
イヤイヤ、ナカナカの恐怖でしたよ・・・

一つの岬に二人で入り、おのおのにキャスト開始。
第一投目で思ったのは、持ってきたルアーが小さい!でした。
実績一番でルドラを付けたのですが、すぐに封印。
足場の高さとかではなく、広大な海に負けている気がしたのです。
で、K-tenの140に変えました。
コレをしばらくキャストしながら、チョコチョコとポイントを変えていきます。
c0025471_22402196.jpg

数十分後、薄っすらと明るくなってきた頃、フルキャストした先で金属的なバイトが出ました!
う!
コレは!
と思うも、ヒラでは無い気がします。
ヒラなら乗っても良いはず。
久米島で味わった気もするバイトの出方です。
この時点で、薄っすらと海の中も見えてきました。

すると村岡さんが、なにやら岬の先端で怪しいステップを踏みながら天に向かって叫んでいます。
落ち着いた頃に話を聞くと、どおやら1mほどのヒラスズキが追いかけてき他との事!
おぉ、それはすごい!
で、よくよく聞くと、胸鰭を広げた長さが、1ヒロはあったとか・・・
おぉ、それは紛れもなくヤツですね!
いよいよこの時が来ましたか。

が、しかし、その後はノーバイト。
そして夜明け。
こんなにも美しいのか・・・と、見とれてしまい、しばらくロッドを振るのを忘れてました。

気が付くと、村岡さんが居ません。
あ~ぁ、ついに落っこちたか。。。
と、思ったら、遠くのほうでガケを上ってました(笑)
c0025471_22414224.jpg

さすがにアクティブです。

私は今立っている岬の先端が気になるので、そこでしばらくキャスト。
この時間はヒラは厳しいと思いますので、次はシイラを狙います。

しばらくすると、右のほうから黒茶の2mほどもあろうか物体が、ブレイクのサラシの中をドンブラコッドンブラコッと流れてきました。
ギク!!ときます。
まさか、℃ザ得モンかと・・・
しかし、次の瞬間、その物体は水中へと消えていきました。
ん???
で、数秒後に浮上。
ニョキッと出した頭は、巨大なアザラシでした(笑)
ひょっとしたら南ゾウアザラシの子供かも・・・
距離にして5m!!
慌てて写真を撮ろうと思って、しゃがみながらウェストバックのジッパーを開くも、その気配でアザラシは潜っていってしまいました。
う~ん、残念。
クミちゃんに見てもらいたかった。

しかしまぁ、釣り的にはNGですね。
あれが居たんじゃ、ブレイクの魚は恐怖におののきルアーなんて見向きもし無いでしょう。
良いものを見て嬉しさ半分、がっくり半分(笑)

その後はしばらく粘るも、やはり潮目もなくシイラは寄ってきませんでした。
ついに隣の岬まで行ってしまった村岡さんが、大きくジェスチャーで「↑上がりましょう↑」のポーズを下ので初日はココまでとしました。
車で合流して話を聞くと、先ほどのヤツより小さいヒラが、ワンドの中で数回チェイスしてきたようです。
おぉ、それはすごいですね!
ふんふん、「少し青みがかったヒラ」ですか・・・
しかも真下からではなく、「横方向からゼロ戦のごとくターンしながらのチェイス」ですか・・・
大きな胸鰭広げて・・・

実釣時間で3時間ほどでしょうか。
その間、やはりバイトは夜明けに集中しました。
という事で、明日も同じ場所に入りましょう。
狙うは「胸鰭を大きく広げながらアタックしてくる、南方系ヒラスズキ」ですね!
c0025471_22432585.jpg


朝の国道をゆっくりと戻ります。

心地よい疲れと、今日も無事に帰れる安心感。
そして耳の奥に残る波の音。
この気持ちよさは、ヒラをやっている人の特権ですね。

で、朝ごはんを買いに、スーパーへ寄りました。
私、まったく喋りませんでした(笑)
で、コーヒー買いに、スタバみたいな場所に入りました。
「あ、村岡さんと同じヤツで・・・」しか喋りませんでした。
ほんとは砂糖が欲しかったんだけどなぁ・・・(激爆)
c0025471_22452795.jpg

近くのマリーナに立ち寄り、ベイトを確認。
アジとイワシの中間的なサヨリのような動きをするベイトがウジャウジャ居ましたね。
ここは水路で外のリーフへと繋がっています。
出口にウェーディングして、マルを狙うのも有りかと。。。

ひとまず初日はコレで終了。
明日に備えて遊びに行きました。

夜のハワイはちょっと良い感じ。
ただしそれは、その位置から見ているからです。
決して「一人でフラフラと街で遊ぶ」といった島ではありませんね。
イッパイ飲んでよく寝れました。

【2日目】
同じ磯に立ちます。
c0025471_22483543.jpg

今日は積極的に動いて、ワンド奥と隣の岬までを手早く回る事に。
昨日の感じから、トップ系のルアーが有利と思い、TDペンシル(でしたっけ?)を装着。
コレを沖から入るウネリが崩れるポイントへぶっ飛ばし、引き波にあわせてドックウォークさせます。
の、予定(笑)

さっそくスリップダウンに気をつけながら、ツルツルの岩を降りていきます。
最初は昨日バイトがあった岬先端に入りました。
良い感じでサラシています。
闇夜に浮かぶ白いサラシの奥に広がる、漆黒の海にルアーをブン投げ、そこからブレイクの近くまでドックウォークをします。
しかし、ここでもやはり思うのは「広大すぎてルアーが小さい!」でした(泣)
こりゃぁ気付いてくんないなぁ。。。

と、その時、村岡さんにヒット!
12フィートのロッドが、満月にしなっています。
「うお~!ついに大和スズキ(ヒラスズキ)がヒットしましたよ~!!」と、また天に向かって叫んでます。
ついにこの時がきました。
ヒラスズキの南限記録を破る時が来たのです。
はっきり言って、私のロッドに掛かろうが、村岡さんが釣り上げようが、そんな事はどうでも良いのです。
日本のシイラ乗り合い船で隣の人しか釣れなかった時に「良いもの見せてもらえました。おめでとうございます。。。」と言うのとは意味が違います。
ココにいたるまでの数回の久米島ヒラ探索が、走馬灯のように頭の中を駆け巡ります。

鋭い突込みを見せたヒラは、ほんの数秒後には脱力し、水面を滑るように足元へ・・・
う~ん、さすがに水温が高いとファイトもちょっと違うんですね・・・

村岡さんは躊躇なく抜き上げる!!

いや~、ついに、ついに、ハワイで釣れました!
すげぇ~!!
なんかちょっと日本のヒラと形が違うし、歯もね・・・なんかブツ持ちしたくないほどトンがってますが。。。

↓コレ、ヒラスズキですか?
c0025471_2248224.jpg

そして出た村岡さんの一言
「いや~、コレで『ハワイでホゲッった』がなくなりましたよ!」
その後、この岬ではバイトもなくなり、すぐにワンドのほうへと向かいます。

ワンドの中には一本の深い溝が走り、昨日はそこの中で小さいヤツが胸鰭を広げてチェイスしてきたとか。
しかし今日は居ませんでした。
結果は出ないけど、ポイントとしては最高です。
今度来ることがあったら、真っ先にココに来ます。

で、そこから広大なハワイの自然を堪能しながら岩を登り崖を降りて、隣の岬へ入りました。
c0025471_22512583.jpg

奥に見える岬が、先ほどまで釣りをしていた岬です。
最初からこっちの岬に入るなら、パーキングから道路沿いにくればアプローチは簡単です。
ココが伊豆ならば、ヒラリーマンが30人は並んでいそうなほど、釣りもしやすくサラシも素敵です。
ただ、やはり外洋ダイレクトなので、油断すればあっという間に持ってかれちゃいますけどね(笑)

この岬には地元ロコがブッコミをやっていました。
仕掛けはシンプルですが、かなり太仕掛けで、しかもGTロッドを使っています。
やはり、かなり大きなヒラスズキが居るのでしょう。
話しをしたかったけど、英語が喋れないので会釈だけしときました。
c0025471_22554635.jpg

強い日差しに照らされる美しい山の麓で、紺碧の海を前にルアーをフルキャスト。
感無量でございます。
が、やはり魚は釣りたいのが本音。
村岡さんからワームを分けてもらい、ちょっと根魚を狙います。

一箇所、畳4畳ほどの真っ白な砂地の場所があったので、そこにテキサスリグを放り込みます。
すぐにコツコツッときたのであわせると、残念ながらすっぽ抜け。
ワーム死亡w
c0025471_22561187.jpg

ナイフで切込みを入れて色々と試しましたが、1時間粘っても釣れませんでした(泣)
まぁでも、なんか満足している自分が居ます。

今度は岬の奥の側面に出来た、広大なサラシに向かいました。
村岡さんがキャストしているのを見ていたら、なんとまたしてもロッドが満月に!!
メチャクチャに足場が高い場所から、バイブを投げてヒットしたようです。
それほど大きくないようで、ゴリマキで魚を寄せにかかっていました。
そしてバレる隙を与えずに、瞬殺でゴボウ抜き。
本日二匹目は「サバとカツオの混血」のような魚でした!
「工藤さん、イッパイ居るからすぐに投げてみて!バイブのチョンチョン→フォールが効くからw」
という事で遠慮なくキャスト。

が、しかし、私に釣れる魚は居ないようでした(泣)
いや~、楽しい(爆)

日も高くなり、本日はココまで。
c0025471_2257974.jpg

道路へ直登してパーキングへ。
超楽チン♪

帰り道にまたスーパーへ。
実は昨日「アップルバナナ」という、小さな緑のバナナを買ったのですが、正直不味くて食べれなかったのです。
で、「黄色くなる(熟れて甘くなる)のではないか?」と思い、売り場へと行って見ました。
c0025471_22593182.jpg

やっぱり黄色くなってるよ(笑)
どおりで誰も買ってなかったわけだ。
(ちなみに煮て食べてみたのですが、それはソレでけっこう美味しいです)

今日もコーヒー屋さんによりました。
勇気を出して言いましたよ、「砂糖も下さい」って。
村岡さんに(爆)

ホテルへ戻る途中、気になっていたリーフを覗きました。
やはりココでした。
ウェーディングスポット発見!
まぁ磯は結果が出たので、明日の朝はココで90cmを狙いましょう!という事に。

で、戻ってみんなでドライブ。
ハワイの観光はステキでした。

c0025471_2311493.jpg



続く
by yasutakak2 | 2009-06-03 23:01 |